【禁断の恋】妹「私ね、初めての人はお兄ちゃんって決めてたの」妹と1日デートすることになった俺、そのまま泊りに来た妹と・・・

0
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:36:21.23 ID:t20QoTCH0

妹「もしもし」

兄「おう」

妹「おれおれ。おれだよ妹だよ」

兄「わかった。今すぐ振り込むから待ってろ。で?」

妹「ねえお兄ちゃん、今いいかな?」

兄「いいよ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:37:29.44 ID:t20QoTCH0

妹「年末年始はこっち帰ってくるんでしょ?」

兄「うん。正月だからな」

妹「クリスマスは?」

兄「クリスマス? なにそれ?」

妹「え、相変わらず研究室が忙しいの?」

兄「まあな。教授の奴隷みたいなもんだよ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:39:57.58 ID:t20QoTCH0

妹「年内はいつまで?」

兄「あー。まだ決まってないけど、ギリギリまでかな」

妹「それじゃ休んでるヒマないじゃない」

兄「休みの日は休んでるよ」

妹「休みっていつ?」

兄「日曜とかかな」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:41:48.43 ID:t20QoTCH0

妹「とかって……」

兄「正月休みも、そっちから一回は学校出なきゃならなくて」

妹「え、なんで?」

兄「動物の面倒見なきゃいけないんだよ。ラットとか」

妹「大変なんだね」

兄「飼育係みたいなもんだな。言ってて虚しくなってきた」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:43:26.69 ID:t20QoTCH0

妹「ねぇ、あの、ちょっとお願いがあるんだけど」

兄「なに?」

妹「クリスマスイブなんだけどね」

兄「俺とデートしたいって?」

妹「違うの。話聞いてよ」

兄「俺とのデートは?」




高校で出会った親友がレズだった事が発覚・・・お酒を飲まされ寝てしまった私に親友は・・・

0
私は真衣と言います。現在は大学3年生です。

私には高校で知り合った由美という友達がいました。

知り合った頃から意気投合して友達になり、毎日のように一緒に遊んだり、勉強したりする仲になりました。お互い対等の立場で言いたい事が何でも言える仲になり、彼氏についての相談や性の悩みまで何でも話せる唯一の友達でした。

長期に渡ってこのような関係を維持できたのは対等であるということが大きな要因だと

思います。

由美とは大学は別になりましたが、週末になると毎週のように一緒に遊んだり、

飲みに行ったりしていました。

大学生になってから由美は一人暮らしをするようになったので、由美の家に泊まりに

行く事もしばしばありました。



そのうち大学の友達もできたり、彼氏もできたりで由美と遊ぶ回数も減ってきました。

もちろん由美との交友関係はずっと続けていきたいし、お互い結婚しても家族ぐるみで

の付き合いができればと思っていたので、できる限りは合うようにしていました。

しかし、その頃から由美が私を見る目が変わってきたのを強く感じていました。

何と言いますか、寂しさからくる妬みや嫉妬といった感じでしょうか。

口には出しませんでしたが、メール文や態度からあからさまに感じることが

できました。

私は今まで築き上げた関係を壊さないようにメールの回数を増やしたりして由美との

交友関係を維持するように努力はしてきました。



そんな関係が続く中、大学2年の夏に事は起きました。



その日は金曜日で夜から由美の家に泊まって土曜日に一緒に買い物に行く計画でした。

夜は居酒屋でご飯を食べ、かなり酔いが回ってきましたが、由美の家で飲みなおすこと

にしました。

その日は由美がやたらお酒を勧めてくることと、話がはずんでついつい飲みすぎて

しまってそのまま眠りに落ちてしまいました。



そして何時かわかりませんが、私はものすごくHな夢を見ていました。

由美とHなことをしているありえない夢でしたが、夢の中の快感が現実のように感じて

眠りながら喘ぎ声を出していました。

自分の喘ぎ声で目が覚めてしまい、段々と現実に戻ってきました。

酔いと眠りから覚めたてで意識が朦朧とする中、何か奇妙に感じたのです。

意識は戻ってきましたが快感だけが続いているのです。

まだ夢なのかな?と思い手の指を動かしましたが、自分の意思通りに指が動きます。



あれ?何かおかしい・・・と思いながらその快感に浸っていると、

「はっ!?」と思って一気に現実に戻されました。

明らかに誰かの手がパンツの中に入り込んで私の性器を弄っているのです。



・・・あれ?私って由美の家で寝たんじゃ・・・と記憶を呼び戻しましたが

確かに由美の家で寝たはずだと思い、そう考えるとますます訳がわからなく

なりました。



その間も私の性器は弄られ続け、いつから弄られていたのかわかりませんが、

私の身体は完全に感じていて物凄く敏感になっていました。

誰かわからない人の手で感じてしまうなんて・・・そう思いながらも彼氏の為に

貞操を守らなければ・・・彼氏以外の人に感じてはいけないなど色々な思いが

過ぎりながらも次々と快感の波が押し寄せてきました。

そこで更に現実に戻りました。

【体験談】女「こんなおばさんの体でも興奮しちゃうの?」美少年の筆下ろしをすることになった37歳の人妻が・・・

0


ホテルに連れ込んだ少年の姿を里子は見つめていた。

(可愛いわね…) 華奢な体つき、細い手足、そして一見少女と見まごうほどの中性的な顔立ちと白く若い肌。いますぐ抱きしめてしまいたくなるほどだ。里子はうっとりとした表情で少年を凝視していた。少年のほうは前屈みのままうつ向き、顔を真っ赤にして固まったままだ。前屈みといういう事は早くも勃起しているということなのだろう。

(こんなおばさんの体でも、こ、興奮しちゃうの?)

里子は戸惑いと恥じらい、そしてほんのわずかだが女としての悦びを感じていた。初々しい少年が37才の人妻の自分に欲情しているのを感じると、女としてのプライドを充分刺激された。

里子にとって目の前の少年が性的なものにいかにも不慣れな立ち振舞いは充分に微笑ましく、里子が笑みを浮かべさせるに充分であった。

少年はいまだに固まったままうつむいている。今は少年を落ち着かせ、そしてコミュニケーションをとることが先決であった。里子は少し考え、話し始めた。

「タクミ君、サッカーとか、野球とか、興味ある…?」

里子は世間話をはじめた。とりあえず、この世代の少年なら乗ってくる可能性が高いと思われるスポーツの話題からはじめた。

目の前の少年はスポーツに興味があるらしく、里子の振った話題に少しずつ乗ってきた。

中でもサッカーと野球の日本代表の話題ではある程度盛り上がることが出来た。

やがて話はお互いの趣味や私生活にまで及び、二人の間にあった何かが取り払われていった。

そして少年の顔が徐々に明るくなっていき里子のほうを見るようになってきた事に里子はホッとした。

里子は少年がようやく和んできたのを見てホッとした。

さらに会話を続けているうちに、少年の緊張が少し和らいだのか、視線が里子の顔だけではなく、豊満な胸の膨らみや量感あふれる太ももへと移動するようになったが、里子は気がついていない振りをした。

里子は自分の体を少年の視線がチラチラと這うのに任せていた。

(ふふ、可愛いわね)

里子は少年と会話しながら心の中で笑顔を浮かべた。少年は自分がどこを見ていたか悟られぬよう、視線を泳がせ誤魔化していた。愛らしいことこの上なかった。

里子は、いかに幼い少年であっても性的興味のこもった視線で見つめられては羞恥をおぼえてしまう。

(も、もしかしてこの子…)

独身時代、高校時代に初体験を終えて以降、様々な男たちと交わってきた。

結婚してからも仕事ばかりで家庭を省みず、かまってくれない夫に不満を募らせ、ついには知り合いから教えてもらった出会い系サイトで知り合った数人の男性と割り切った関係を続けてきた。

そんな里子にとって今の少年の様子、とりわけ里子の体にせわしなく視線を送る様は全く女慣れしていない男の、女体に対する異常な興味を示しているようで今まで会ってきた性の経験がある男達とは明らかに違う。

もちろん思春期を迎えたばかりの少年特有の興味というのもあるのだろう。

里子ある事を考え、思いきって少年にたずねてみた。「タクミくん」

「はい…」

少年はハッとして里子を見つめた。

「タクミ君は…その…」

なかなか言葉に出来ない。しかし里子は勇気を振り絞って聞いた。

「セ、セッ●スしたこと…あるの?」

恥かしげに小さく首を振った。

(やっぱり…)

里子は無垢な未経験の少年であるということをはっきりと認識し、間髪入れず里子は質問を浴びせる。

「そ、そう…じゃあ、女の子と、キスをしたことは?」

少年はまた、小さく首を振った。おそらく自分の未熟さが恥かしいのであろう。

(こんな…可愛らしい子なのに、キスもまだなの?)

里子はそういう少年相手に性の相手をしなくてはならないのだと思うと体が震えた。大人の女の余裕など消えかかっていた。

「…好きな子とかはいないの?」

少し考え、少年は首を振った。

「そ、そう…」

「いいの?はじめてがこんなおばさんで嫌じゃない?」

そう言うと、少年が必死な形相で口を開いた。

「そ、そんな事、ないです!会った時すごいきれいな人だなって、思いました…会ってよかったなって…だから…」

「だから?なぁに?」

「あの…その…」

少年は言葉に詰まってまたうつむいてしまった。顔を赤らめている。

男「少しホテルで休もうか」女「ダメッ 人妻よ」→同窓会で再会した元カノとW不倫に発展したったwww

0


同窓会開催の案内が届き懐かしい顔ぶれに会って来た。

元カノの充子を見つけ「元気?」と声をかけた。アルコ-ルも入り口も軽くなった充子が一度旦那の子を堕胎し腐れ縁で結婚したと少々不満気味な様子であった。

連絡先を交換し、再会を約して会場を後にしたが、1ヶ月ほどして携帯に無言電話が掛かってきた。

出張中だったので無言電話に向かって勝手に話し切った後、充子に電話した。

ビンゴであった。

「ちょっとイヤなことがあり、声を聞きたかったの」と言うので週末に食事の約束をした。

旦那に上手にウソをついて出てきた充子との同窓会以来の逢瀬であった。

食事をして楽しい会話の中にも旦那への不満が滲み出ていた。

食事を終えドライブしながら

「最近セッ●スしてるの?」と聞くと「年上だから元気がないわ」とあっけらかんと答えた。

「付き合っていた頃はセックスまでいかなかったね。少しホテルで休もうか」

と思い切って誘うと「ダメッ 人妻よ」と口では抵抗していたがホテルの駐車場に入ると素直についてきた。

部屋に入り「ダメよ ダメッ」とつぶやいている充子にシャワ-をすすめた。

先にシャワ-を使い、ベッドで待っているとバスタオルをつけた充子が隣に滑り込んできた。

抱き寄せると少し震えているようなので「初めて?」と聞くと「旦那以外は初めて」と顔を埋めてきた。

バスタオルを剥ぎ取り程よい大きさの乳房を揉み舌を絡ませたキスを楽しんだ。

充子の体を撫で回し足を少し開かせ中心部の生膣に指を這わせるといままで我慢していた充子が

「ウッ・・ウウッ アッア~ アッそこっ」と艶声でしがみついてきた。

体をずらし充子の生膣に顔を近づけ足を大きくM字開脚した。

「イヤァ~ 恥ずかしい・・・」と言う艶声を聞きながら一気に生膣とクリト●スを舐め回した。

「アアッ イッイイッ~ アッ アッ すっすごい~」と大きな艶声を出し続ける充子の淫靡な生膣をたっぷり味わった。

「硬くして」と陰茎を充子の顔に近づけると気だるそうにフ●ラを始めた。

人妻充子のフェラを鑑賞しながら味わい少し意地悪く

「硬い?・・・旦那より大きい?」と聞くとフェラしながら頷くので充子のM字開脚した両足を持ち上げ

生膣にフェラでカチカチになった陰茎をあてがい腰を落としながら充子の生膣を生で味わった。



「えっえっ・・ゴムっ~」と言いかけた充子は程なく

「アアッ アッアッ イイッ~ アウッ アアッ~」と充子の生膣深く陰茎を挿入すると大きく淫靡な艶声を部屋に響かせ始めた。

「こっこんなの初めてェ~」と口走る充子の生膣を正常位、側位や屈曲位でたっぷりと堪能し充子に覆い被さりながら

子宮に届けとばかり生膣深く挿入し

「いきそうだ いっしょにいこう」と告げると

「アアッ ダメッ 中は~ アッイイッ イクッイクッ」としがみついてきた。

「中に・・・イクッ」と告げ充子の生膣深くたっぷりとドクッドクッドクッと子宮にザー●ンを浴びせかけた。

「アアッ~ アッ アアッ~ イクッ~」と眉間に皺を寄せ大きな艶声を出しながら充子も同時に達した。

【胸糞】「脱ドウ貞おめでと~www」 高校の頃女たちにいじめられていた俺、ある日トイレに呼び出されたので行くと服を脱がされて・・・

0
3: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:41:03.793 ID:+mjYUeAu0

あれは高校一年生の頃の話。
俺は勉強が嫌いだったため、行った高校は正直頭のいい方ではなかった。

その高校は元は女子高だったんだが数年前から共学に変わってたため、俺の代でも男女比率が女7:男3くらいで圧倒的に女の方が多かった。

女が多いと女の奥ゆかしさってものが無くなるようで一部の男(イケメンやら不良やら)以外の軟弱な男達は今でいうカーストの下の方に位置されてた。

俺はというと勿論カースト下位層だ。チビガリで運動できないゲーム漫画好きという下位層にぴったり野朗だった。


5: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:41:58.536 ID:+mjYUeAu0

一応それでも小中学生の頃は友達はけっこうというか多い方だったし、普通に女子とも喋りもした。

だけどその友達と高校が別ということで離れ離れになってしまって唯一の強みの友達が多いというアイデンティティを失った俺は脆かった。

頭悪めの高校ということもあってただでさえ少ない男も不良っぽいのが多くて仲良くなれず、女子ともほとんど喋ることもなく、唯一出来た友達は俺と同じくヲタでカースト下位層だった。

でもカースト下位だからといって別にイジメられてたとかそういうのはなかった。
たまにやや悪意のあるいじり方されて愛想笑いで返すみたいなことはあったけど。

と言いつつもある時期からパシリをやらされるようになった。


7: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:43:37.410 ID:+mjYUeAu0

俺にパシリをやらせるやつはどんなやつかというと情けないことに女だ。

女の名前は相川梨奈(仮名)。
・真偽は定かではないけどヤクザ的なのと交友がある3年の先輩と付き合ってる(今思えばたぶん違うと思うけど)
・悔しいけど可愛い
・カースト最上層

それと取り巻き2人。片方はまあ可愛い。もう片方は顔は可愛いけどややピザ。

でパシリにされるようになったキッカケはというとある昼のことだ。
昼飯は弁当持ってくるか購買で買うかの二択なんだけど俺の家は両親が共働きということもあって購買一択だった。

ある時、毎日のように購買に行く俺を梨奈が呼び止めた。


9: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:44:37.030 ID:+mjYUeAu0

梨奈「ねぇあんた今から購買行くんでしょ?ついでにパン2つと飲み物買ってきてくんない?」

まさか話しかけられると思ってなかったのでちょいビビる俺。それでもパシリのお願いとはいえ可愛い子に話しかけられたってだけでなんか嬉しかった。ちなみに梨奈と会話するのはこの時が初めて。

俺「え?あ、うん。いいけど…なんのパンがいいとか希望ある?」

梨奈「ん、じゃあオカズ系と甘い系。後グレープジュースお願い」

正直なところ、具体的に商品名で答えてほしかったけどそれ以上追求するとウザがられるかと思ってやめた。

選んだのはホットドッグとクリームパンという当たり障りのないもの。渡す時はめちゃめちゃドキドキしたけど普通にお礼言われてちゃんと金もくれた。




【涙腺崩壊】男「僕が、彼女の兄になります」死んだ親友の代わりに”兄”を演じることになった男、自分を捨て新たな人格になったときに起きることは・・・

0

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:43:31.67 ID:xt8eLDEu0
男「ええと……」

男性「こんなことになって、君には申し訳ないと思っている」

男「ちょっと待ってください。そ、それじゃ……」

男性「…………」

男「あいつがいなくなって、あの子は……」

男性「他に頼める人間がいないんだ、君以外には」

男「…………」

男性「やってくれるか?」

男「……分かりました」

男「僕が、彼女の兄になります」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:48:21.95 ID:xt8eLDEu0
──自宅

男「……もしもし、母さん?」

男「うん、うん」

男「そうなんだ。仕事がやっと決まった」

男「はは、やっぱり、母さんの言った通りだったね」

男「うん……あ、でも、それは……」

男「ごめんね、こっちが落ち着くまでは戻れそうもないんだ……」

男「……うん」

男「分かったよ、頑張る」

男「母さんも元気でね? また時間できたら、すぐに向かうから」

男「うん、じゃあ、バイバイ」

男「…………」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:51:41.55 ID:xt8eLDEu0
コンコン。

男「失礼しまーす」

ガラガラガラ……。

妹「……え?」

男「よっ! どう、元気にしてたか?」

妹「……す、すみません……ええと」

男「ん? どうかしたか?」

妹「その……わたし」

男「?」

妹「…………」

男「もしかして、俺のこと、覚えてない?」

妹「……すみません」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:55:29.78 ID:xt8eLDEu0
男「そうか……そうだなぁ」

妹「…………」

男「こういう場合、どう言っていいのか、分かんないな」

妹「はぁ……」

男「この際、しょうがない。単刀直入に言うね」

男「実は俺、君の兄なんだ」

妹「……え?」

男「覚えてない? 顔とか、声とか」

妹「……え、す、すみません」

男「……そうか、覚えてないかぁ」

妹「…………」

男「あっ、そんなに落ち込まないで」




不良「夏休みの宿題なんてやってねーしwww」美人の女教師と2人きりになるために不良のフリをした結果www

0


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/30(火) 11:10:58.73 ID:Z58gpo+x0
―――高校 教室

不良「夏休みはずっと遊んでたんだよバーカ!!」

女教師「あの、じゃあ、明日までに……」

不良「ああ?やるわけねーだろ!!」

女教師「それは困ります……」

不良「やんねーよ!!」

女教師「……わ、わかりました」

不良「お?なんだよ?呼び出しか?」

女教師「そ、そうです!放課後、教室に残っていてください!」

不良「けっ!」

生徒「また不良君が呼びだしくらってる……」

生徒「先生も大変だね……今年、赴任してきたばかりで……」

生徒「不良君、四月からもう何度も呼び出されてるよね……仕方ないけど」

女教師「はぁ……」

不良(しゃっ!!また呼び出されたぜ!!―――また二人っきりになれる……へへ)


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/30(火) 11:14:14.84 ID:Z58gpo+x0
―――昼休み 職員室

女教師「ふぅ……」

教頭「どうかされました?」

女教師「あ、教頭先生……ちょっと……」

教頭「またあの子、ですか?」

女教師「はい……」

教頭「いつも課題をやってこないらしいですね」

女教師「そうなんです……」

教頭「困りましたねぇ」

女教師「でも……いい子だとは思うんです」

教頭「そうなんですか?」

女教師「遅刻もゼロで欠席もないですし……それに授業中だって真剣に聞いてくれてる……ような気がします」

教頭「ほう……」

女教師「どうして課題だけやってきてくれないんでしょうか……はぁ」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/30(火) 11:17:34.83 ID:Z58gpo+x0
―――教室

不良「さてと……今日は何を話そうか……」

委員長「ちょっと……」

不良「あん?」

委員長「なんで先生を困らせるようなことばっかりするの?」

不良「はぁ?どっかいけ、ブス」

委員長「ちょっと……!!」

生徒「やめとけって」

生徒「だめだよ」

委員長「でも……」

不良「んだよ?」

委員長「……」

不良「……」

委員長「もういい!」




女「チュー、しちゃったね…」同じ学校の女の子が看病に来てくれた結果www→部屋で2人きりの空間に耐え切れなくなった俺は・・・

0


1:名も無き被検体774号+:2012/03/20(火) 01:54:35.04 ID:ue92MCTjO
男「…あ゙ー、熱っぽい」ズズッ

男「鼻も詰まってるし、鼻水も凄いな」ズズッ

男「…風邪かな、とりあえず熱計ろう…」ズズッ

ピピピッ

男「…37.6゚か…学校は休まなきゃな…」ズズッ

~♪
着信 女

男「…あ゙い、もしもし」ズズッ

女『おっはよー。今日もいつもの場所で待ち合わせねっ!』

男「…風邪ひいたから今日は学校休みたいんだけど…」

女「ええっ! 大丈夫!?」


8:名も無き被検体774号+:2012/03/20(火) 02:12:07.94 ID:ue92MCTjO
男「えっなにこれこわい」

女「ちょっと! 大丈夫なの!?」

男「今電話した所なのになんで女が俺の部屋にいるの」ズズッ

女「そんなのどうでもいいじゃない! 熱は!? 鼻は詰まってるのね?」

男「熱はあるけど寒気がやばい」

女「寒気も風邪のせいね…」

男「いやこの寒気は違う理由だと思う」

男「とにかく、今日は学校を休むよ」ズズッ

女「じゃああたしも休むよ!」

男「」


10:名も無き被検体774号+:2012/03/20(火) 02:18:01.81 ID:ue92MCTjO
女「あんた、独り暮らしなんだから、こういう時くらい人に甘えるべきよ!」

男「本心は?」

女「体調の優れない男君に母性本能をくすぐられたい」

男「正直でよろしい」

女「今日は男君の看病をするのだー!」

男ピピッ

男「…あ、おはようございます。びっぷら高校2年の男と申しますが、担任の先生はいらっしゃいますか?」

……


< 11:名も無き被検体774号+:2012/03/20(火) 02:24:29.24 ID:ue92MCTjO
……

男「…はい、よろしくお願いします。失礼します」ピッ

男「女の分のお休みも言っておいたからなー」ズズッ

女「うんーっ、ありがとう…ってこれじゃあ男にリードされてるみたいじゃんあたし!」

男「あー、別にそういうつもりじゃ…」

女「むー…あ、そうだよ! 男、さっき起きたばっかりでしょ! 朝ごはん作ってあげるー!」

男「おっ、ありがとう。女の手料理食べるの初めてかもな」

女「そういえばそうだね! この女さんに任せなさい!」




女「最初は痛いって聞くけど……大丈夫。男くんとなら」目が覚めたら知らない女に監禁されてた俺、手錠でつながれた俺の前で女が服を脱ぎ始めて・・・

0
2: ◆4dEEs59OFQ:2011/12/14(水) 22:47:09.55 ID:E98teO+t0
男「……目が覚めたらベッドに縛られてた。何を言ってるのか分からねーと思うが俺も何を言ってるのか分からねぇ」


女「……おはよう。男くん」


男「おぉ、お前はクラスメイトでクラス委員長の女じゃん」


女「な、なんか棒読みで説明口調な気がするけど……まぁいっか」


男「?」

3: ◆4dEEs59OFQ:2011/12/14(水) 22:53:10.85 ID:E98teO+t0
女「目、覚めたみたいだね」

男「あぁ」

女「……」

男「……」

女「……」

男「……」





女「……え? この状況について何も聞かないの?」


4: ◆4dEEs59OFQ:2011/12/14(水) 22:54:51.38 ID:E98teO+t0
男「それもそうだな。じゃあなんで俺は縛られてんの?」

女「……」

男「……」

女「……男くんが悪いんだよ……」

男「えっ、マジで? ごめんな」

女「……」

男「……」


5: ◆4dEEs59OFQ:2011/12/14(水) 22:58:42.04 ID:E98teO+t0
男「……」

女「……」

男「……」

女「……」

男「?」





女「……いやいや。だからさぁ、もっと掘り下げてよ!詳しく説明求めてよ!」


6: ◆4dEEs59OFQ:2011/12/14(水) 23:04:05.15 ID:E98teO+t0
男「了解。じゃあなんで俺が悪いの?」

女「私がいるのに他の女と仲良くしてるからいけないんだよ……」

男「友達と仲良くしちゃいけないのか?」

女「だめ。ダメ。駄目。男くんは私だけ見てればいいの。他の雌共なんて眼中になくて当然なの」

男「なんでそんなに拘るんだ?」

女「あなたが好きだから。大好き。ずっとずっとずっとずっとずっと大好きだった。好き好き好き好き好k」

男「おう……つーかしつこい。一回言えば分かるって」

女「えっ……あ、その…………ごめんなさい」シュン

男「いいよ。許す」




「今度こそいっしょにイこうねっ」男の部屋に監視カメラ設置して一緒にオ●ニーする変態幼馴染wwww

0


1:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/07(月) 21:27:11 ID:oN/ftEnQ
幼「えいっ」カチッ

ジジ……

男『……』

幼「みえたぁ……」

幼「男……えへへ」

男『……』ボリボリ

幼「自然体の男……私だけが知ってる姿」

幼「もう夜十一時……」チラッ

幼「そろそろかな」

男『……』カタカタ

幼「うん……男はいつもそのサイトだよね」

幼「男……今度こそいっしょにイこうねっ」ヌギヌギ

男『……』シコシコ

2:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/07(月) 21:27:32 ID:oN/ftEnQ
男「じゃあなー」

友「また学校でなー」

男「うんー」

すたすた

幼「……」コソッ

幼「ああ……男」

幼「今日もすてきだよ」

幼「とどけっ……大好きびーむ」ググッ

男「……」キョロッ

幼「!?」ビクッ

幼「っ……」バッ

男(気のせいか……)

幼(男こっち向いた……と、とどいた?)

幼(えへへ……おとこ)




3:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/07(月) 21:28:00 ID:oN/ftEnQ
幼「男みてたらあっという間に家ついちゃった」

幼「あ……」

幼(男の家……べらんだ)

幼(ぱ、ぱんつほしてある)

幼(……)

すたたっ

がちゃっ

とてとて

幼(そう……そうだよね)

幼(いい天気だからおせんたくよく乾くもん)

幼(家となりだから……私の家のベランダから、男の家の洗濯物までてがとどく)

幼(男の家はお父さんがいない……これは男の)

幼(ちょっと……ちょっとかりるだけ)パシッ




4:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/07(月) 21:28:39 ID:oN/ftEnQ
男「母さん俺のパンツへってる」

母「なにそれ?」

男「知らないけどへってる」

母「うーん。そこのタンスに混じってないかしら」

男「ないない」

母「風でとばされたのかもね。まあパンツくらい買ってあげるわよ」

男「もう五着ぐらいなくなってんだけどなあ」

母「あんたの下着盗むような物好きもいないでしょ」

男「まあいいや」

母「そうだ。先にお風呂はいってきなさい」

男「わかったー」






管理人からのお知らせ

ワードプレスに移行中です。

まとめサイト連合に加入させて頂きました。



SEO対策、デザイン等、収益化のためのツール等が無料で配布されているものになります。



収益、PV両方上がると思いますのでご興味がアレば連絡お待ちしております



hijiki.blog@gmail.com



月別アーカイブ
アクセスランキング
歴代はてブランキング
管理人へメッセージ
Facebook
最新コメント
アクセスランキング
アクセスランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
記事検索
スポンサードリンク
ゆるりとひじきのQRコード
QRコード
最新記事
最新記事(画像付)
スポンサードリンク