ピアノレッスンのはずなのに講師の手が胸元に届き・・・

0


彼は千紗の胸元にするするっと、何気ない、慣れた夫婦の夫が妻の身体に触れるかのようにして手を滑らせた。

彼は彼女の胸元を掴み、指先に乳首を押し当てる。

やがて2本の指でそれをつまんで、少し持ち上げてようにして、咄嗟の事に身を硬くしていた千紗の反応を待った。


ーーー

水曜日の最終ターム、16:30からの回は塚崎の回と決まっていた。

彼は千紗の専任講師で、期末の試験まではこの時間を彼女の為に割り当てている。

千紗としては水曜日、大学の講義としては午前中だけの予定しかないため、水曜日の最終時間まで拘束されることは本意では無かった。

ただ、塚崎の指導力は校内でも評判であった。
だから、その彼の時間を確保できたことは試験突破への大きな手助けになると自分自身を納得させていた。


「あのー...」


千紗は前回の指導と同様に課題曲の譜面を開き、彼の指示を待った。

右斜め後ろに首を曲げ、視線に捉える。
前回は「初めから〜」とだけ指示され、後は何点かのコメントが出ただけ。

2回目の今日は、より詳細な、的確な指示を貰えるものと想像をしていた。

「前と同じようにーー」


塚崎がつっけんとした口調で言葉を発した。
そして、譜面に指先を当てて、

「ここを気をつけて...」


と加える。
千紗は言われた通り、目の前の譜面に向き直り、息を吸って居住まいを正し、鍵盤に手を当てて弾き始めた。


「うん....」


「うん...」


後ろで、塚崎が何度か頷いている声が聞こえた。
そして千紗は彼が自分自身の演奏をそれほど悪くは無いものと理解していると感じ、納得した。


それでも、途中で指を止め、指示を仰ぐ。
彼はその度に短くコメントを出した。

それは前回に比べ、とても的確でスマートな指摘だと千紗は思った。


「じゃあ....」


塚崎は言葉を区切り、演奏をやめさせる。
そして、右手を譜面、鍵盤に置き、指示を出した。

その後は千紗にこの部分をどう考えているか、など質問をする。

「え...えー..」


千紗は与えられた課題に対して緊張感を持ちながら必死で考えた。
そして幾つかのポイントを整理し、回答として提示しようと思った時、それは起きた。


「難しいかな...?」


塚崎は、千紗の肩に触れた。

彼女は一瞬、びくっと反応し、そして狼狽えた。
これまで塚崎から、いや他の講師からも身体に触れられた事は無い。

一体どう言うことか、と頭の中が混乱し、それを整理しようと思っていた矢先、

「じゃあ...こう言う風に考えて?」


彼は何も無いかのように、何もしていないかのように軽く言葉を加えると、千紗の肩に置いた手をさらに動かせる。

胸元にするするっと侵入し、シャツの胸元、胸の谷間の上部に手のひらを当てた。

「っ....!.」


驚き、振り返ろうとする千紗を、柄崎の言葉が制した。

「前を向いて..しっかり、考えて?」


塚崎はむにむにと指先をブラの中に滑らせていく。

Bカップの千紗の乳房は彼の手のひらの中にあり、彼の手のひらが2度、3度、収縮した。


「.....」


千紗はただ身体を硬くして、自らの身に降りかかったこの出来事が一体どう言う事によるものかを必死で考えていた。



友達の乳●が女みたいなので開発した結果wwww

0
1: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/09/25(月)21:17:37 ID:KpA
俺「友の乳●ってなんかピンクで工口くね?」
友「はぁ?お前溜まってんのかよw」
友2「確かに友の乳●女みたいだな…えいっ!」ポチッ
友「ちょ、やめろって!www」

これが、全ての始まりだった
4: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/09/25(月)21:19:41 ID:KpA
それは約1ヶ月前の出来事だった。
友人達3人でプールに行った帰りに何気なく俺が友の乳●工口い説を提唱したことにより始まった。
次の日から友の乳●を弄るのが鉄板ネタになった
5: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/09/25(月)21:22:12 ID:KpA
服の上から指でポチッって乳●を押したり、羽交い締めにして脱がせて乳●クリクリしたりもした。
数日も経たないうちに友の乳●が赤みがかって工口さが増してた。それに友もなんだがソワソワしてる感じで徐々に乳●弄りが風化していった…はずだった
6: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/09/25(月)21:26:10 ID:KpA
全盛期は挨拶よりも乳●!ってくらい触りまくって弄りまくって全然関係ないクラスメートまで触るくらい友の乳●が流行ったが、風化してからは友が煽ってきたりなんとなく暇な時に弄る程度になった。
俺としてもなんとなくネタとしても飽きてきたし、何より友の反応が初期と比べて生々しいっていうか面白いリアクションとは言えなくなってきたから対して気にしてなかった。
3: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/09/25(月)21:18:06 ID:2aq
わろたwwww


外商していて、人妻に今度面白いもの持ってきてと言われたので、電マ持っていった結果www

0


おばさんが出てくるので興味ある方のみ。





俺は首都圏のある百貨店の外商をしていて、御用聞きみたいな事を入社以来数年やっている。







普段は、呉服の展覧会とか、イベントとかを案内したり、同行したり。



大抵は大企業の社長やその奥さんを相手にしていて、一度気に入られたら付き合いは長く、深い。





そんな仕事にあって、昨年の年末、恒例の荒巻鮭を持っていった際にそこの奥さんから宿題を出された。





「丹羽くん(仮名)。次来るときね、面白いの持ってきて」





「へ??」





面白いものと言われて気が抜けた返事をした俺。





「面白いものよ?きっとね?」







彼女は俺の肩をぽんぽんと叩くと、意味ありげな表情をして俺を見つめた。





「は..はい...」







俺はその後帰社して休暇入り。

休みの間も、彼女をあっと驚かすことが出来るようなものは何かとずっと考えていた。







休み明け、俺は店の中で、彼女が驚きそうなものをいくつか選んだ。



元々、金には不自由していない人たち。





高級な物を持っていてもふぅーん、と言った素振りを見せるのは分かっていた。





だからこそ、日本初、のものや珍しい物を幾つか取り揃える。





そして車に乗り込んでお宅へ向かう。





車を走らせること10分。





信号待ちで右手にアダルトショップが見えた。



「あ..!」







妙な感じなのだが、その時の俺は彼女がきっと驚くもの。それだけに意識が囚われていて、電マとか冗談で見せたら面白いだろうな」なんて安易に、子供のような冗談のつもりで思いついた。



早速、1つ購入。

あくまでも隠し玉として荷物の一番奥へ。





「こんにちはー。」





数分後、俺は邸宅の門前にいた。





いつものことながら、ご主人は出かけていて、奥さんのみがご在宅。





俺は年始の挨拶を述べ、そして彼女との約束の品、珍奇な物を見せた。





「あらっ..」





「いいわね」





40代後半の彼女が、幾つかの品に興味を示した。





それらを手にとって、眺め、確認する。





「ご苦労さま、いいわね。頂くわ」





彼女は満足そうに言った。

だが、少し意地悪そうな顔もして、





「でも...」





「驚きはしなかったわ。でも.....」





「宿題としては、落第ね」







ふふんっと勝ち誇ったように言う。







ワイの恋愛遍歴で打線を組んだwwww

0
1: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/09/27(水)15:56:21 ID:rME
1(一)中学1年の春に付き合って夏には浮気してたAちゃん
2(遊)中学2年の時に付き合って親友と浮気してたBちゃん
3(二)初同棲したはいいけど風●嬢疑惑のCちゃん
4(中)想像妊娠&親登場の劇場型ストーカーをしてきたDちゃん
5(右)出会ったその日にオ●ニー手伝わされたEちゃん
6(三)30万円貸してやったのに風●落ちしたFちゃん
7(左)可愛いギャルやのにめっちゃマ●コ臭いGちゃん
8(捕)顏も名前も覚えてないHちゃん
9(投)ワイの部屋のクローゼットを真っ赤に染めたIちゃん
2: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/09/27(水)15:57:00 ID:16J
ビッチゃーが怖すぎる
3: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/09/27(水)15:57:27 ID:rME
暇つぶし程度に見てクレメンス
解説してくで
4: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/09/27(水)15:57:58 ID:jaX
イッチの女見る目が無いのか
それともそういう女に好かれるのがイッチなのか
5: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/09/27(水)15:58:07 ID:vIl
地雷除去班か何かに所属してんのかな


同期の女の子が給湯室で上司のモノを加えていたのをただ見ていた

0


同期の絵里が、給湯室で上司にフ●ラしてた。



私は絵里とは社内でも有数の仲良しだったから、ショックで思わずその場に立ち尽くし、向こうからは見えない位置でしばらくの間、観察するような状態に。





絵里は膝をついてちょうど口の辺りが上司の股間の部分に来るような位置。



くっちゅっくっちゅ...くっちゅ..くっちゅ..





いやらしくリズミカルな音が聞こえて来ました。





上司は



「あーー..絵里....絵里..!」



と普段なら絶対に聞かないような高揚した声で呻いていて、しばらくすると腰を前後に振り始める。



手で絵里の頭を抑えて、彼女髪の毛が乱れることも気にしない感じで乱暴に。



「あ..いく...いくっ....いくぞ...」



「ああ....」





最後は大きく呻き、そのまま彼女の口の中へ。



「ん....っぐ......んっ.....んっ..」





絵里はいつもと表情が違っていて、真剣な顔でその上司のことを見ていた。

彼女は頬っぺたへこまして、吸い、口の中を動かしているのが見えた。



「ほら...」



「どうするんだ...」





上司は腰を動かしながら、彼女の口を突いていく。



彼の太くて染みがついたペ●スが絵里の口から出たり入ったりを繰り返していた。





(ああ..)





私は、上司のモノを見て、嫌な気になった。

見たく無いものを見せられた感じ。



だが、そんな汚いものを愛おしそうに、まるで美味しそうなものを食べているかのように舐め回している絵里の姿にはドキドキを覚えていた。



「ん....んんっ..」





やがて絵里は意を決したように息を吸うと、口の中のものを飲み干した。



「ん.....」





その後は再び上司のモノにキス。

唇でムニムニと先っぽの方を愛撫し、再び口の中に入れ、ジュポジュポとしゃぶった。





「ぁぁ....絵里....」



「そうだ..絵里...」





上司は何度も何度も絵里の名前を呼んだ。





私はその声を聞きながらその場を離れ、心臓の鼓動はドクドクとしたままで自席に戻った。



「ぁぁ....」





誰にも聞こえないように呻き、ぼおっと前を見た。





しばらくすると、絵里が戻って来た。

何も無かったかのよう振る舞っていて、乱れていた髪の毛も着衣も普通だった。



(あれは...)



あの光景はなんだったんだろうと考えた。



まぼろし...?



目の前の絵里はいつものように明るく、快活な笑顔を振りまいていた。



次の日から、私は妙に絵里の事が気になった。



あの日のあの光景(給湯室の隅で上司にフ●ラしていた)が頭から離れず、また普段は平然を装っている絵里とのギャップがどうにも信じられなくて、ふと時間があるとつい考えてしまう。



それはどうにもなくってどうしようも無い。





だから、絵里がふと席を外した時、上司の男性と一緒にいない時には社内を探して回った。



会社の中の人気の無いエリア、会議室、倉庫。



足音を立てないように、もし2人が会っていたとして、気付かれ無いように、細心の注意を払って確認し、見て回った。





そして、とうとう、地下の倉庫階の給湯室、彼らの存在を確認する事になる。







ある時、私は資料整理の用事があって、地下倉庫に行こうとした。



頭からは絵里のことなど忘れて、週明けの締めに向けた準備で忙しかった。



階段を降り、目的の部屋へ。



そこで聞こえたのが何かの話し声。





「xxxxxx.....」



「......xxxxxx」





一瞬、ドキッとして立ち止まる。

脳裏に浮かぶのは絵里と上司のこと。



そして続くのは明らかに男女のヒソヒソ話。



(やっぱり...)



それは絵里の声に違い無かった。

優しげで、でも少しだけ高い音に特徴のある音。



普段なら、あんな事を目撃する前であれば彼女の声は私に安心と安らぎと繋がりを覚えさせたであろう。



だが、この時の彼女の声は、私に不安、ドキドキ、そして焦りを感じさせた。



また、してるのかも...







彼女が上司の股間に吸い付き、そして口の中に射精され、そのまま飲み込んだのを思い出した。



あの、苦くて熱くてなんとも言えない感じ。



自分自身、その経験が無い訳では無かった。

出すまではまあ良い。そして出る瞬間も。



ただ、その後は良いとイメージは無い。



苦くて、妙にヌメついて、口の粘膜にこびりつく。

相手は喜んでいたけれど、私は絵里と違って出されたものを飲むことは出来なかった。





「でね.....」



「うん.......」





2人の会話が聞こえた。

その様子は見えないが、特段変わった様子は無い。喫茶店なんかで普通に話しているような感じで、ほっと胸を撫で下ろす。





(なんだ..)


暇だからドラゴンボールキャラのスペックをあげてく

0
1: 以下、ソニック速報からお送りします 2018/04/02(月) 10:47:39.186 ID:hGetsIET0
【エイジ737】悟空誕生〜惑星ベジータ消滅

孫悟空 0歳 戦闘力2
3: 以下、ソニック速報からお送りします 2018/04/02(月) 10:48:25.789 ID:hGetsIET0
べジータ5歳 戦闘力1万

さすがエリート
4: 以下、ソニック速報からお送りします 2018/04/02(月) 10:48:57.900 ID:hGetsIET0
バーダック 戦闘力約1万
5: 以下、ソニック速報からお送りします 2018/04/02(月) 10:49:20.652 ID:hGetsIET0
【エイジ749】ドラゴンボール探しの冒険開始〜亀仙流入門
6: 以下、ソニック速報からお送りします 2018/04/02(月) 10:49:49.939 ID:hGetsIET0
孫悟空 12歳戦闘力 10
19: 以下、ソニック速報からお送りします 2018/04/02(月) 10:56:04.890 ID:7UIwWxQ+0
おらこのスレワクワクすっぞ


童貞だと嘘ついて女をその気にさせてバイト先の先輩を抱かせてもらった

0

偽りの童貞 バイトの先輩編





俺がーーーー



自分が童貞だと偽って女性達と性交を繰り返すようになったきっかけ。



それは19歳の頃のバイト先の女性との出会いに始まる。





その先輩は1つ上の20歳。

名前は藤枝貴子と言い、俺と同じように地方から出て来て一人暮らし。



入学してすぐにそのバイトを始めた俺にとって、同じ境遇の彼女とは気があった。



彼女と同じシフトに入る事はそれほどなかったが、シフトが合うと、暇を見つけては一人暮らしの苦労などを話すような仲になった。





ある日、バイト先で飲み会があった。



参加したのは20名くらい。



それでも居酒屋での1次会が終わると、2次会のカラオケに行ったのは俺とその先輩を含めての8人くらい。



大体が一人暮らしで、帰宅の時間を気にしないで良いやつらで、近くの店に雪崩れ込む。





当時、俺は19歳だったが、カラオケでも幾らかは飲まされた。



それでも、何かと厳しいのは皆承知しているので、あまり勧められる事はない。



その点、1つ上の先輩、藤枝さんは当然のように勧められ、そして飲んだ。

また、周りのやつらにも相応に勧めた。



だから、カラオケになだれ込んでものの30分程で、皆ぐでぐでに酔っ払い、歌を歌う者、ソファに寝転ぶもの、歌はそっちのけで話をする者などそれぞれ。





そんな状況でも、俺は何曲か歌った。



誰も予約を入れないため、必然的に続けて歌う事になる。





(ふうっ....)





さすがに疲れてソファに座りこんだ。



隣には例の先輩。





「坂倉くーん。おつかれ。」





先輩は、頬を赤くして、にっこりと俺に微笑んだ。



そして、



「ねぇねぇ.....」





手を伸ばし、俺の頭の上に乗せる。



「うん...かわいい..」





ぽんぽんと何回か叩いた。





「何スカ....?」





突然の行動に驚き、尋ねた。



先輩が話す。



「なんかー.....」



「ね....」



その、俺を見る目は明らかに年下の人間を見る目。



悪い感じではなく、温かく見守るような..





「俺...俺だって.....先輩と、1つしか..」



そう反論したが、最後の方は声が小さくなった。



先輩が再び俺の頭をぽんぽんと叩いたから。



「ふふ....」



「そんな風に、ムキになるのも...かわいい」





先輩は、相変わらずの視線を俺に送っていた。







ちなみにこの先輩、同い年の彼氏がいる事は知っていた。



その彼氏は一度バイト先に来た事があった。



「貴子、いる?」





いかにも運動部というようなマッチョで、日に焼けたスポーツマンタイプの男だった。



そんな彼が先輩を呼び、俺は控え室にいる彼女を探しに行った。





「誰...?」



怪訝な顔をした先輩。





だが、そのスポーツマンを見て、



「やだー...」



と反応し、彼を伴ってどこかに消えた。





(?)



その時、俺は彼が先輩のなんなのかよく分からなかったが、レジにいた子に聞くと、あれは藤枝さんの彼氏なんだ、と説明を受けた。



「ふぅーーーん..」



特に残念に感じるわけでもなく、知り合いの彼氏を見て、ああ、あんなのがタイプなんだ、と思うような感じ。



それは1ヶ月程前の事だった。









親父を刺した弟が少年院から帰ってくるんだが

1
1: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/16(木) 11:47:36.022 ID:d466KNFQ0.net
さっき家族から連絡あった
気になって心がざわつく
気持ちの整理のために語る
4: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/16(木) 11:48:54.405 ID:7YOZOVpE0.net
絶対おまえ殺されるぞ
今の内に逃げる準備しとけ
恨みを長年抱えた奴ほど危険な人間はいない
11: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/16(木) 11:50:21.298 ID:d466KNFQ0.net
>>4
そういう展開も考えてる
遺書にならんように対策しないと
6: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/16(木) 11:49:20.460 ID:d466KNFQ0.net
親父母俺次男三男の五人家族ね
帰ってくるのは三男
俺は家出てる
7: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/16(木) 11:49:36.618 ID:ZRQIcYmir.net
いくつの時に刺して何年拘留されたんだ?
13: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/16(木) 11:51:22.164 ID:d466KNFQ0.net
>>7
俺21
次男17
三男16
刺したのは一年半前ぐらい
21: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/16(木) 11:53:35.134 ID:c06Bai5D0.net
特少とか更に悪化して出てくるからな


母親が自宅に連れ込んだ男が、よりによって当時小6の妹を相手にしていた

0
1:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:41:41.10 ID:34FsfU7H0
ちょっと胸糞悪い自分+妹語りスレ
書き溜めてないから遅くなる


2:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:44:59.24 ID:0M4OyjSbO
どう変わったの?


7:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:55:29.14 ID:34FsfU7H0
>>2
それはまあのちのち


3:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:45:28.26 ID:GaGFouAQ0
胸糞悪いのかぁ…


4:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:45:37.95 ID:34FsfU7H0
事の発端は両親の離婚だった。
離婚原因は母親の浮気。
度重なるホスト通いが貢ぎ行為に発展、
自分の金がなくなり、マイホーム予算に手を出す、
父にバレる、離婚…という流れ。
当時私が中1で妹は小5。

姉妹揃って父親側に付きたいと言ったが、
裁判所は私たちの親権を母親に渡した。


6:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:51:11.96 ID:r6OzRL1QO
>>4
母親に親権って…
父親の養育費無しで生活できる収入が母親にあったのか?

母親の浮気なら養育費も慰謝料も無いだろ。


7:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:55:29.14 ID:34FsfU7H0
>>6
父親に止められて、法廷にはいけなかった。
母親の収入はなかったけど、実家が金持ちというだけで
明らかに対応が違ったのは覚えてる。

正直今でもなんで親権が渡ったのか分からん


5:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:50:52.53 ID:34FsfU7H0
親権が母に渡った理由は、
・子供がまだ幼く女児である
・子供の健やかな成長には母親が必要
・養育費は父からの支払いで賄える

父は仕事柄高収入、母は実家が金持ち
そういう金銭的な問題も大きかったんだろう。

当初、母は真剣に自分を恥じていたように見えた。
私たち姉妹に土下座して泣きながら謝罪もした。
だから、私も妹も母を軽蔑してはいたけれど
仕方なく三人で生活していた。

9:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 21:00:00.63 ID:34FsfU7H0
三人での生活を始めてから1年は平和だった。
母親の両親、私から見れば祖父母が
「絶対1の父親も不倫してたから気にすんな(根拠なし)」
「母親は悪くないよ気にすんな」
というモンスターペアレント的な理論を持っていたから、
離婚直後なのに結構綺麗なマンションに住めたからだ。

しかし、ここでまた事件が起こる。
母親が自分よりも年下の男を家に連れ込み始めたのだ。




かわいいレジ店員が手を添えてお釣りを渡してくれて、スイッチが入ってしまった

0
1: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/28(火) 23:44:05.339 ID:342Dh0gPd.net
恋して毎日通うようになってしまった
3: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/28(火) 23:44:50.292 ID:qdA1sEVCp.net
デブ俺「こちらのレジへどうぞー」
2: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/28(火) 23:44:31.779 ID:CrM4nnTj0.net
後のストーカーである
5: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/28(火) 23:45:36.259 ID:QBkTP8Ly0.net
一方俺は男性店員の元へ並び時間短縮をはかるのであった
6: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/28(火) 23:45:44.543 ID:342Dh0gPd.net
始まりは下に手を添えられて、お釣り渡されたこと
4: 以下、ソニック速報からお送りします 2017/03/28(火) 23:44:55.905 ID:/Es3bmi50.net
裏で悪口言われてるよ


管理人からのお知らせ

ワードプレスに移行中です。

まとめサイト連合に加入させて頂きました。



SEO対策、デザイン等、収益化のためのツール等が無料で配布されているものになります。



収益、PV両方上がると思いますのでご興味がアレば連絡お待ちしております



hijiki.blog@gmail.com



月別アーカイブ
アクセスランキング
歴代はてブランキング
管理人へメッセージ
Facebook
最新コメント
アクセスランキング
アクセスランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
記事検索
スポンサードリンク
ゆるりとひじきのQRコード
QRコード
最新記事
スポンサードリンク