貸した金の返済が滞り、代わりにいただいたのはスタイル抜群の彼女だったので、早速ホテルへ行って来た

0


大学四年の時、アホみたいにスロットをやってた。

知ってる人もいるかと思うが、4号機の北斗や吉宗の時代。

金太郎とかコンチ4Xの爆裂機でハマり、そのまま狂ったようにハマっていってたんだ。

だから内定が決まってた4年の夏前からは、それはもう朝から晩まで通い詰め。

新装やイベントの日は、同級生達と早朝から並んだりして。

店のクセや友達からのお裾分けで、月50万以上も勝ったりしてたから本当に呆れる。

毎日朝から晩まで行ってると、それなりに常連たちと顔馴染みにもなる。

その中にあるタイル職人の兄ちゃんがいた。

仕事もしないでスロットにハマりまくり、給料のほとんどを注ぎ込んでたみたい。

隣で5万とかブッ込んでスッカラカンになる姿を見て、設定6であろう台を最後に譲ったのがキッカケで割と仲良く接するようになっていった。

しばらくは名前も知らなくて「タイル屋の兄ちゃん」と呼んでた。

後になってエイジっていう名前を知る事になったが、キッカケはエイジさんの彼女だった。



エイジさんも昔はヤンキーだったんだろうなって風貌だが、その彼女も同じ。

茶色の綺麗な長い髪に、いつもダボダボのジャージやスエット姿で登場。

くっきり二重で目が大きくて鼻筋も通り、あんな格好してなかったら相当モテると思う。

実際友達もみんな「もったいねーな」と言ってた。

エイジさんにゾッコンなのか、いつも大負けしてる彼を迎えに来る。

モヤモヤと白いムートンみたいなのが張り巡らされた、無駄にウルサイマフラーの軽で。

下手したらヒモなんじゃね?と言われてたぐらい、周りからすると不思議な感じがした。



夏休みに帰省して戻ってきた下旬頃、俺は北斗の6をツモって大量にメダルを積んでた。

このままで行けば万枚いくなと内心大ハシャギだった。

でも昼ちょっと前から来てたエイジさんは、18時頃には10万近く負けてたみたい。

コーヒーあげたりして元気づけたりしてたけど、さすがに10万はヤバいでしょと。

俺の台ラスト2時間打ちますか?って譲ってあげたんです。

だけどもう手持ちの金が1万も無くて、正直銀行にも無いから無理だと言ってきた。

じゃー俺が2万貸しましょうか?となったんだ。

いいよ、悪いよ、と何度も言っていたが、目はウキウキランランだった。

相当勝ってた時期だという事もあり、俺は勝った時に返してくれればと言って2万を貸した。



結局その日は数万円だけ戻ってきて、やっぱり大負けだったみたい。

だから「返すの今度で良いかな?」って言ってきたんだ。

でも次の日からのエイジさんを見ていると、2万は返ってこないだろうなって思えた。

爆裂機やる金も無くなり、ジャグラーなどを打倒して負ける日々。

でも金が尽きたのか、それから10日間ぐらい姿を見せなくなった。

足を洗ったかと思ったけども、姿を現すと爆裂機を打ちまくってる。

仕事して稼いできたのかなと思ったが、俺への返済は「待ってくれ」と言ってた。



しばらくして突然エイジさんから借金の申し出があった。

実はア○ムみたいなとこで借りてたらしく、返済しないとヤバいという。

3万で良いから助けてくれ!泣き付かれ、渋々貸してやった。

これで借金は5万だよな!と自覚はしてた。



エイジさんはその後、数日間姿を見せなくなっては現れ、現れると爆裂機を打ちまくる。

数日で元手が無くなるらしく、また姿を見せないの繰り返し。

そんな事が2ヵ月弱続いた頃、またもや借金の申し出があった。

帰ろうとした俺を待っていたらしく、前回よりかなり切羽詰まった印象だった。

「今度は合計金額を紙に書いて、借用書みたいなのを作るから」

「俺の免許証のコピーとか渡すから」

「な!頼む!この通り!」と土下座までしそうな勢いだった。

ファミレスに行って話を聞いてみると、借金の総額が50万を突破。

しかも最近ヤバい系の街金にまで手を出したらしく、さすがに焦りまくってた様子。



利息も凄いわけで、そっちを綺麗にするので20万貸してほしいという。

それはちょっと・・・と困ってしまったが、彼も相当必死だったわけです。

頻繁に彼女からのメールが来てもそっちのけで、人目も気にせず頭を下げまくる。

とうとう彼女から電話が来て、合流する事になった。

彼女がいたら逃げれるかと思ったので、内心「早く来い、早く来い」って祈ってた。

でもやっと現れた彼女を前にしてもエイジさんは頭を下げまくる。

遂には彼女すら「お願いします」とまで言い出す始末。

「アタシの免許証とかも渡すので」とまで言い出し、最悪の展開になっていった。



運良くその1週間ぐらいで万枚を数回出し、60万ぐらいのお金を手にしていた俺。

どーせギャンブルで勝った金だしなという事で、2人にお金を貸す事になった。

もちろん一筆書いてもらったし、2人の免許証のコピーも取った。

手元にあった17万を渡し、3万は明日という事に。

金を手にしたエイジさんは、彼女を置いて一目散に返済に向かった。

夜なのに?と思ったが、それはまっとうな街金じゃないからねぇ。

戻ってくるまでの1時間ぐらい、初めて彼女と自己紹介からプライベートな話を聞いてた。



俺より1つ年下で名前をエリナと言った。

知り合いや先輩が働いているスナックで働き、エイジさんはほぼ現在ヒモ状態だという。

給料の全部をスロットに注ぎ込み、彼女にもお金を借りていると言ってた。

そんな彼氏なんて・・・・と思ったけど、悲壮感とか怒りが全く感じられないわけ。

貢いでる自分に酔っているのか、はたまた他に理由があるのか分からないけど、私はそれぐらい好きだから良いの!だから良いの!って感じがした。

にしてもさすがに闇金はヤバいっしょ?と説得し、管理しなきゃダメでしょと言っておいた。

親切心だったけどお節介と感じたのか、ちょっとムッとしてたんだが。



喋ってて改めて思ったけど、本当に可愛い。

スッピンに近いメイクなのにこれだけ可愛いのも珍しいなって思ってた。

肌も白くて超綺麗だったし、軽く生意気そうで強気な表情する所も絶妙に可愛かった。

エイジさんには完全にデレだったから、振り幅のデカいツンデレ娘だった。

正直羨ましいと思ったし、なんであんな男にとも思った。嫉妬です。



お金を貸してから、エイジさんはパチンコ屋に来なくなった。

1週間後1回目の返済予定だったので待っていたが、一向に連絡が無い。

痺れを切らして電話をしてみると、なんとパチンコ屋にいやがった。

外に出たらしいけど、背後で自動ドアが開いちゃってね。

問い質すと隣の市でスロットしてたのが判明。

ムカついてエリナに電話すると、逆に「1回ぐらい遅れてウルサイな」みたいな態度。

1回だけ我慢しようと次の約束まで待った。

が・・・エイジさんから「用意できなかった」という残念な報告があった。



キレた俺は実家に連絡すると伝えた。

そしたらエイジさんではなくエリナから電話があり「もうちょっと待って欲しい」という。

可愛い子には弱い男の性で、今回だけ許す事にした。

せめて半分でもと思い、何度も何度も「大丈夫?」とメールをした。

「エリナの給料出るから大丈夫」と言われ、やっと3週間目にして10万円の返済。

その二日後に5万円返してくれて、残りが10万となった。

それから1週間後に10万返ってきて借金返済。

聞いてみたら性懲りも無くまたスロットやったらしく、運良く勝てて返済したんだとか。



でもやっぱりダメな男はトコトン駄目なんですよね。

それから2週間ぐらいした頃、ゲッソリした顔でエイジさんが現れました。

「5万で良いからお願い」と言ってきたんです。

キッパリ断りましたがまた彼女を連れてきて、2人に説得されました。

前回と同じ闇金に手を出し、明日5万払わないとエリナが風俗に・・・・とまで言うんです。

「それも仕方ないんじゃないっすか?」と呆れて言ってやりました。

そしたらエリナがキレて、俺に罵声を浴びせてきた。

ヤンキー丸出しの口調で、自分の立場が分かって無いほどの罵声。

ファミレスの客もドン引きするぐらいで、俺はそのまま店を無言で出ていきました。



歩いているとエイジさんが走って追いかけてきて、必死に「頼む!」と追いすがる。

友達にも親にも借りててアテがないから!と可哀想なぐらい必死だった。

シカトして歩く俺の両肩に手を当てて、エリナじゃダメか?を意味不明な事を言ってきた。

はぁ?という俺に、エリナを好きにして良いからと必死な顔で言ってきやがった。

5万でしょ?風俗何回行けると思ってんの?と相手にしない俺。

「じゃー5回!いや、10回でも良い!」

「生で大丈夫だから!」

「ケツも使って良いよ!」

「それじゃ1ヶ月貸すから!」

どんだけ必死なんだよと思うぐらい、エイジさんはすがりまくりだった。



「だってエリナさんに了解取って無いでしょ?無理だと思いますけど」

さっきの罵声を浴びせてきた女ですから、そりゃー無理だろって思います。

「大丈夫だって!俺が頼めば絶対大丈夫だから!」

「そんな事言って俺をハメようとしてるんでしょ?」

「んなわけないよ、お前しかいないんだってマジで」

「友達にも貸しまくってるんじゃないの?」

「それもない、絶対そんな事はしてない」



駅までの間必死にすがられました。

結局「1カ月間だったら良いよ」となり、ここで待っててくれと言われました。

駅前のベンチで待つ事10分ぐらい。

不貞腐れたエリナの手を引きながらエイジさんはやってきた。

明らかに俺を睨んでいるエリナに、ホッとしたような表情のエイジさん。

「大丈夫だって、な?大丈夫だよな?」

「マジで言ってんの?つーか5万で1ヶ月とかありえねーし」

「だから言ったろ?いつもの5万じゃなくて、何十万の価値があるんだって」

そりゃ~闇金だから、返せなかったら1~2週間で最悪な事になる。

エイジさんに「分かった」と言ったエリナだったが、俺には「てめー超最悪」と捨て台詞。



渡した五万を握り締めてエイジさんはダッシュ。

俺とエリナはファミレスに戻り、車に乗ってラブホに行った。

ブツブツ文句を終始言い続けてたが、いざホテルにつくと緊張してたみたい。

「風俗でオヤジのチンコしゃぶるよりマシだろ」

この言葉で決心したみたい。

最後は大人しく部屋に入り、言われるがまま風呂の用意もしてくれた。

でも顔は怒りに満ちてて、エロさなんて微塵も無い。



1ヶ月とか言ったけどいつ逃げるか分からんので、1回1回を楽しもうと思ってた。

まずは怒り心頭の心を折ってやりたくて、凌辱系でいく事にした。

「今日は入れたりしないから心配しないで良いよ」

ふんっ!と不貞腐れた顔で目すら合わせてこない。

「だからとりまそこに座ってよ」

ブカブカのスエット姿のままベッドの上に座らせた。

遭難していた女性を助けたら、両親にお礼をいただけるかと思いきや、とんでもない仕打ちをうけた

0
1: ファニーちゃん


第一印象は最悪、顔立ちは普通くらい、中身は天然

端折って書いたら通じないと言われたので出来るだけまとめてみます。

俺=当時30歳 5年付き合ってた元カノに二股されて以来、極度の女性不信

元のカノに捨てられてから彼女なし

嫁=女 当時21歳 JD 黙ってれば可愛い

嫁父=最強

嫁母=温厚、優しい、タレ目が可愛い

元カノに捨てられてから女性関係なしで趣味の世界に没頭

カメラと登山とロードバイクにハマり1人だけどそれなりに楽しんでいた。

毎年、冬になるとテント持参で撮影に行く場所あるんだが嫁との出会いがそこ

最寄りの駐車場に車とめて徒歩1時間ほどで目的地に到着するのだが途中で挙動不審な女を発見

撮影場所で女性に会うのは珍しくないけど、そのときは冬の北海道の2月しかも夜

嫁はジーパンにダウンジャケットにニット帽でフラフラと歩いてた

夜なのにライトも持たず(外灯とかない場所、せいぜい月明り)この時期に軽装

元々、女と関わりたくないから無視して素通りしようと遠回りでパスすると

「助けてください」と泣きながら声かけてきた

お化けとか信じないけどゾッとして「やだよ」と言い足早に撮影地へ向かった

後ろ振り向いたら追いかけてくるんじゃないかと想像してビビリながら到着

テント張って飯くって落ち着いてから撮影開始

雪も降ってなく月も雲もなしで星空撮影には良い条件で撮影してたらこちらに向かってくる足音が聞こえる。

「他に撮影する人きたのかな?」程度に思って撮影続行

暗闇から「助けてくれないんですか?」と聞こえた気がするので声のした方向をみると

さっきの挙動不審の女が木の側かららコッチ睨んでた・・

情けないけど「ひぃー」とか声にならない叫びあげてしまった。

そのあと何を思ったのかカメラで相手の顔確認する動作取ってた。。

そのまま固まってると、「何やってるの?助けてよ」と嫁が怒り気味に言ってきたのでようやく「さっきの女」かと理解

正直、あんな軽装でこの時期に来るなんてバカか?と思ってたので「撮影中なんですよね」とぶっきらぼうに返答




久々に実家に帰ると制服姿の妹に胸キュンしてそのまま一線を超えてしまうwww

0


大学生になって初めての夏休み。

世間がお盆休みになったのをきっかけに、ぼくは実家に帰ってきていた。

 家から大学までは2時間ほどで、無理をすれば通えない距離ではないのだが、早起きが嫌なぼくは一人暮らしをさせてもらっていたのだ。

 帰ってきた息子を両親は喜んで迎えてくれたが、今日から親戚の家に行く予定になっているという事で、午前中に出かけてしまった。

せっかく帰ってきたのにいきなり寂しい状態になったが、連絡をしなかったのだから自業自得といえる。

ぼくは仕方なく、居間でテレビを見ながらゴロゴロと過ごしていた。

「あれ? お兄ちゃん帰ってたんだ」

突然声がして振り向くと、そこには妹の奈美が立っていた。

「あ、ああ……」

ぼくは適当な返事をする。

というのも、妹の格好に目を惹かれてドキドキしてしまっていたからだ。

妹は別に怪しい格好をしている訳ではない。

ごく一般的な高校生の制服を着ていただけである。

 だが、その白いブラウスに赤いタイ、深緑のチェックのスカートという姿がぼくを動揺させる要因となっていた。

実はぼくは、そういった格好に目が無かったのである。

いわゆる制服が大好きで、道ですれ違う女子高生の姿に見とれてしまうほどだった。

 短いスカートから少女たちの白い太ももが出ているだけで興奮し、思わず股間の一物を硬くしてしまうのだ。

特に夏服は、胸の膨らみが良く分かる点でたまらなかった。

 AVビデオでも女子校生モノばかりを見て、いつかは自分も制服姿の女の子とセックスしたいと夢見ていたのだった。

その憧れの姿が今目の前にいる。

 しかもヒラヒラとしたスカートから伸びる白い太ももが、顔に触れんばかりの距離に

あるのだ。

 ただ見るだけなら沢山の女子高生を見てきたが、これほど至近距離で見るのは初めてだった。

思わず生唾を飲み込んでしまう。

「ねえ、これ面白い?」

妹がテレビを指差しながら聞いてきた。

「あ、ああ……なかなか面白いよ……」

心ここにあらずといった感じで答える。

妹の制服姿は一人暮らしをするまではさんざん見てきた。

 だがそれは中学の制服であり、今年高校生になった妹の制服姿、さらには夏服姿というのは見たことがなかったのである。

いつも憧れて見ていた格好を妹がしているというのは何とも言えない興奮があった。

「あはははっ、ホント、面白~~い……」

妹はそんな兄の思いなど想像するはずもなく、テレビ画面に見入っている。




男性の●●が見たくて成人映画館にいったOLさんとんでもないことになる

0


はじめまして、これから私が体験した異常な出来事をみなさんにお伝えしたいと思います。私は、都内に住む30代前半の平凡?なOLです。

容姿にはそれほど自信はありませんが、特に男性から敬遠されるような顔かたちではないと思います。しかし、三十路をすぎたいままで、恋愛らしい恋愛もせずになんとなくここまできてしまいました。

友達はみんな結婚・出産と、女としての人生を無事送っていますが、

私はヘンなプライドと理想の高さから、この歳を迎えてしまいました。

しかし、耳年増という言葉があるように、歳相応の性の知識は持ち合わせているつもりでした。

それが あんな経験をするなんて・・・。

 私は男性経験が乏しいせいで、ある片寄った性癖を持ち合わせていました。

それは、男性の性器そのものに異常に興味があるということです。

特に、男性がマスターベーションをしているところや、男性自身が勃起しているところを直に見てみたい!

という衝動に駆られてしまう時があります。

実際に、以前公園にある公衆便所の男性用の個室に隠れて、男の人が用を足しにきたところを覗き見たことがあります。

しかし、そんなことでは到底わたしの欲求を満足させることはできませんでした。

若ければ風俗のお店に勤めればすぐ済むことでしょうが、私の歳では・・、それにプライドもありますし。

そんなことを考え続けて思いついたというか、苦肉の策として浮かんだのが”成人映画館”いわゆるピンク映画館でした。

成人映画館ならきっと、男性達が映画を観ながら、マスターベーションに励んでいるところを覗き見る事ができる、そう考えたんです。

それがアサハカな考えだったと気が付くのは後になってからでした。

 8月も終わりに近づいた平日のある日、私は会社のお休みをとり、計画を実行することにしました。

平日を選んだのは観客が少ない方がいいのと、女性が成人映画館に一人で入るのを他の人たちにあまり見られたくなかったからです。

私が向かった映画館は上野にあるオークラ劇場でした。

平日の昼間であり、忍ばず池側から入る事により人目に触れずに入館することができました。

この映画館は女装の男性が出入りするというウワサを聞いていたので、

チケットを渡す時にも館の人に白い目で見られることもありませんでした。

初めて入る成人映画館にドキドキしていたのを覚えています。

2階席を選んだのは、そのほうが人も少ないだろうと思ったからです。

さすがに男性のための映画館ということで館内は汚らしくナンカ変なにおいが立ち込めていた気がしました。

この日の私のいでたちは、黒のサマーセーターに黒のタイトスカートと

全身黒ずくめの格好で、場内でも目立たないようにとしていました。

扉を開けて場内に入ると、スクリーンいっぱいに男と女が交わりあっているシーンが目に飛び込んできました。

そして、目を凝らして場内を見回すと7~8人の観客がいるのがわかりました。

私はさっそく好みの男性を後姿から探し出し、見つけるとそっと音もなく斜め後ろの席に腰を下ろしました。

男性は後ろから二列目の席に座っており、30代後半といった感じでした。

前の席と間隔が離れているので身をのり出さないと様子を窺うことはできませんでしたが、

あきらかに男性の肩の動きは、自分のものをしごいているようでした。

私は他の客に気づかれないように、さりげなく身を前にのり出し男性の行為を見ることができました。

初めて見る男性のその行為は、まるで別の生き物をおなかの上に乗せ、

いとおしむかのように手首を動かしては、いろいろな速度で刺激を楽しんでるかのように見えました。

興奮して見入っている私は、急に人の視線を感じそちらに目をやると、男性客が私をいぶかしげに見つめていました。

私は姿勢を正し、そ知らぬ顔でスクリーンの方を見ました。

しばらくして、私を見ていた男性客が席をたったので再び、前の席の男性の行為を見ることに興じました。

いよいよ映画のクライマックスシーンとなり、男性の手の動きもリズミカルとなり、発射の瞬間を迎えているのがわかりました。

足が硬直し、男性自身を前に傾けたかと思うと、激しい手の動きとともに、

数回に分けて白い液が前に飛び散るのがわかりました。

気が付くと私はスカートの上から股間をおさえていました。




米国をヒッチハイクしてきた、なかなか怖い思いもしたけど、金髪の姉さんとヤれたのはいい思い出

0


アメリカからメキシコへ抜けようとヒッチハイクをしていた時に俺はほんと死ぬんじゃないか?と思ったことが何度かある。

基本的にアメリカ国内の殆どの州はヒッチハイクが禁止されている。警察に捕まると罰金、従わないと禁固される可能性もある。だから看板を掲げる時はいつもビクビクしてた。

トラックが来たらちょい手前で出す、大っぴらに出してるとすぐ捕まるw

あまりに無謀で後で散々怒られたがいい思い出だった。

カリフォルニア州にあるモハーヴェ砂漠。

モハーヴェ国定公園の端から200km程行けばもうメキシコ国境だ。

有名なデスバレーやネリス空軍基地、エドワーズ空軍基地

そしてラスヴェガス。さらに、ロサンゼルス。

あの辺りの広大な場所にある砂漠なんだけど

広大な土地と岩山、暑くてキレそうな土地。

当時体力にも自信があったし、体格はラグビーのお陰で

一般的な日本人の体格よりは自信はあったが、奴らは違う。

俺よりも一周りも二周りもでかい。まさにビッグピッグだ。

そんな俺はモハーヴェ砂漠を横断してメキシコへ抜けようと

考え(今思うと若さとしか言いようが無い)ヒッチハイクに挑んだ。

幸い英語はなんとか通じる程度だがヒアリングはちょいダメ、

何言ってるのか何回も聞き直す様な有様。

MEXICO!と書いたダンボールでトラックが止まる。

18輪トレーラーの素晴らしく磨かれた車体サイズは日本では

まずお目にかかれない。殆どが陽気なおっちゃん達で

カントリーとか聞きながら走ってる。

中にはショットガンを助手席に置いてあるところが

いかにもアメリカらしい。

モハーヴェ砂漠横断は暑さとの戦い。

夜は寝台に寝かせてもらうか安いモーテルへ入る。

モーターホテルでモーテルだと思うんだが

日本のラブホテルと違い一人でも皆堂々と入ってる。

宿の前には殆どと言っていいほどファミレスみたいな

店があって、お決まりのハンバーガーとかポテト、それに

トースト、クソまずいコーヒーを扱っている。

宿はお世辞にも綺麗とは言えない。

何回も塗りなおして元の色がなんだったんだ?と

思えるほどの内装、ベッドは何万人が寝起きしたか判らない様な

汚いベッド。シミなんていたるところについてて

何回かはソファを繋げて寝たことがあった。

夜は夜で怖い連中(俺からはそう見えてしまう)が

外で騒いでる。

ジュースを買いに外へ出ると

「へいへい!兄弟!何処行くんだい?」みたいにからかわれる。

店の裏は暗がりで、何してるんだ?と覗くと凄い怒られる。

フェラチオ専門の女が店の裏には常駐?していて

トラックドライバーの股間から精液を抜き出す作業をしてる。

時々パトカーも来るけれど、別に何もしないで帰ってゆく。

朝になると道端に平気に注射器とか転がってるところが怖い。

またそこでトラックを捕まえて国境へ向う。

だけど中には悪い奴がいて、俺がトイレに行っている間に

バッグごと車が発進してしまった。

幸いパスポートと小額のドルは持ってたので助かったが

洋服から何から全て持ってかれた。警察に言っても

まず取り合わないね、と売店の女に言われて途方に暮れた。

とりあえずはトイレをした街、街と言ってもゴーストタウンみたいに

寂れて新築の家なんて一軒も無い。

そこのモーテルに入る。

夜寒くて目が覚めて、目の前のコーヒーショップへ出かけようと

外へ出ると、白人の若い奴ら3人が馬鹿にしたように声を掛けてくる。

「おぃ!イエローがいるぜ!」みたいな会話。

「お前何処から来たんだ?」

「なんなら俺のマラでも咥えてるか?」みたいな卑猥な言葉の後

笑い声がこだまする。この時点で俺は凄い頭に来てた。

荷物はなくなるし、寒いし、それにちょっかい出されてむかついてた。

「おぉ?怒ったのか?やんのか?」

「チャイニーズ?コリアン?」

俺は

「ジャパニーズ」と言うと彼ら三人は

「ぎゃはははwwwジャップかよ!帰れよクソ!」みたいな感じ。

1人がつかつかと近寄ってきて

プロレスの戦う前みたいに顔面を近づけて威嚇する。

いきなりボディにパンチを食らう。

「ははははwwwよえぇwwwやっちまえよマイク!」

彼らは酒に酔ってて上機嫌だ。

俺は「やめてくれ、危害を加えないでくれ」と言っても

「次俺な!マイクそこどけよ!」

ベシッいきなりローキックを食らう。

「おぉ!ロブ!いい蹴りだな!」

1人は車のボンネットに座って居て茶化す役。

もう我慢出来なくて、ラグビーばりにロブにタックルしてねじ伏せる。

「ぐぅ!てめー!」

首に腕を入れて思いっきり地面に押し付ける。

後ろから来たマイクの腕を取って再びみぞおちにタックル。

二人が悶絶してる間に茶化してた名称不明にダイビングタックル。

フロントガラスが割れて二人とも車の中に転がり込んだ。






俺のエロ可愛い彼女がキモデブおやじに寝取られた・・

0


今思い出しても本当に鬱になります。

あれ以来、デブでメガネのキモオヤジを見るだけで殺意が沸いてきます。

聞いてください。あれは、僕がまだ大学生の頃の出来事です。

当時、僕は三年生。季節は夏くらいだったと思います。

その頃、僕には大学で知り合った彼女がいました。

その娘は、芸能人の川村ゆきえをちょとスリムにさせたような、かなり可愛い娘でした。

しかも胸はEカップで、かなりの美巨乳。脚も長細く真っ白で、もう体に関しては文句のつけどころがありませんでした。

服装も今流行りのエロカワで、露出度が高い服を着ていました。

彼女は誰にでも優しく、絶対に人を見下す性格ではなく、大学内でも人気があったほうだと思います。

大学内でも、彼女を狙っていた男はたくさんいると思います。

いまだに、何故僕のような男を好きになってくれたのか分かりません。 (ちなみに僕はいわゆるあまりモテないタイプです)

彼女にそれとなく聞いてみても「なんかねー、ヒロ君(俺)は私のストライクゾーンだったの♪」と言われました。




スワップで味をしめてしまったカップルwww

0


僕(ショウ)と彼女(レナ)は高3の頃から付き合ってかれこれ3年が経ち、お互いに会おうとすることも少なくなり、エッチもマンネリ気味。

そろそろ別れの時期がきてるかなと思ってました。

それを大学のサークルの先輩に飲みながら相談していると、

「じゃー俺のセックスフレンドと一回エッチしてみる?」と言われました。

「えっ?てか先輩セックスフレンドなんていたんですか…」。

先輩はサークル内にかわいい彼女がいて、もちろん僕もそれを知っていたのですが、どうやら話を聞くと28歳のOLやっている人でフェラが抜群に上手いとのことでした。

そして「マンネリ脱出の為に一日だけ交換しよう」と言われました。

僕は最初こそ驚いたものの、年上のお姉さんでフェラが上手いなんて言われたら興味を抱かずにはいられず、どうせ別れてしまうなら…と思い、その場で彼女にメールで聞いてみました。

むしろもう一生返信返ってこないかもと思って飲んでいると、「うん、いいよ」とだけ返ってきました。




万引きで捕まっている最中にがんがんにキマってしまっている女

0


ミナは、後悔していた。なぜ、あんなものを万引きしてしまったのかを…

ミナは、とあるスーパーの事務所にいた。

店員の渡辺が「店長!この女、ほかに何か万引きしているかもしれないすよ」

少し、興奮しているのだろうか? 鼻の頭に汗をかいている…汗かきの渡辺の特徴だ。

「まあ、まちたまえ渡辺君、まだ、彼女が盗んだとは断言出来ないぞ!しっかりとした、証拠を掴まないと…」店長の長谷川が渡辺に答えた。

長谷川は、椅子にうつむき加減に座っているミナを、下から上に舐めるように見た。

店長の長谷川の目の前には、今にも泣き出しそうなミナの顔と、Fカップはあろうか?豊満なバストがあった。

すると渡辺が「証拠なら、ありますよ! そのエコバックの中に…」ミナの持っていた、エコバックを指差した。

「ちょっと、失礼」そう声をかけ、長谷川がバックに、手を伸ばそうとした時

「あっ」ミナが、小さな声を上げてこちらを見た。

その目には、うっすらと涙が浮かんでいる。

長谷川は、ぞくぞくと背中に走る電流があった。

(この女、もしかしたら…)

長谷川は、試してみることにした。

彼女、ミナがM女であるのかを…

「すみませんが、ミナさんの疑いを晴らすことにも、成るんです」さっきよりも、強めの声でいいバックの中身を机の上に出した。

店で売られている、制汗スプレーがあった。

「この商品を買った時のレシートはありますか」長谷川がミナの顔を見て聞いた。

ミナがウルウルした目で、「違うんです!私じゃないんです、知らない間に」必死になっている

渡辺が「違うって じゃあ早くレシートを出せよ!」かなり強い口調で言った。

「あっ … 」まただミナは、肩を2、3回ぶるっと震わせた。

長谷川は、思った(この女間違いない! M女だ)そうと解ると、長谷川はミナが放つ、切なげな色香に、惑わされそうになる。

「違うんです。これは…あの…」ミナが腰をもじつかせて涙声で訴えた。

ミナが続けた「あとで、代金を払いにこようとしたんです」涙声だが、はっきりした声で答えた。

渡辺が思わず「そんなの解るもんか!口だけだ」目を見開いて怒鳴っている。

「まあ、渡辺君落ち着いて、だいたいの事は…把握できた、渡辺君は仕事に戻りなさい。」

渡辺はまだ、何かいいたげだか、しぶしぶ仕事に戻った。

ミナはその間も、腰をもじつかせている。

「お身体の具合でも、悪いのですか」長谷川は聞いた。

「いえ…あの…怒られてしまう」

「えっ 怒られる?」長谷川は思わず聞き返した。

「あの人に…ぁあ 」彼女は、甘い吐息を漏らしたまるで、オーガズムにたっしたように…ミナは椅子から倒れそうになった

長谷川は慌てて、「大丈夫ですか?」と駆け寄りミナの肩を起こした。

すると、ミナの身体 具体的には、腰からグゥググゥと鈍いモーター音が、聞こえた。

ミナの顔が、紅潮し憂い放った涙顔になった。

長谷川はすべてを悟った(可哀想に…彼女は無理やり彼氏にこんな事を)

長谷川は彼女、ミナを助けてあげたいと思った。

普段ならば、そんなことは気にならない、さっさと警察官を呼んだだろうしかし、ミナから放つ色香は長谷川の脳内をかき乱した。

ミナは、長谷川に身体を預けたままだ。

「ゥウ~ン ハァ~ん」ミナのけだるい、甘い喘ぎ声が、長谷川の耳元を刺激する。

(あぁ!今すぐ、彼女を抱きたい、濡れそぼった陰部に肉棒を刺し込みたい!)

その時ミナが「あの…お手洗いにい・いかせ…て…ください。」まるで、オーガズムにたっしたいように…長谷川にお願いしてきた。

(いや!きっと、彼女はいきたいのだ!ぐちょぐちょになっている陰部をまさぐりたいのだ!)

長谷川の頭にある考えが浮かんだ、紙とペンを手に取るとミナに「お手洗いに行ってそんなの取り外してきたらいい」とミナに言った。

ミナが首を2,3回横に振った。

「出来ないのかい!?なぜ…」長谷川が聞いた。

ミナが涙声で「ごめんなさい 許して下さい」と訴えた。




退職の思い出に女性社員を端から声かけて見た結果www

0


もう何年も前のこと。転職することにして2年ほど勤めた中小企業をやめた。

給料安いし先行き不安だったんで、取り立てて未練はない。

…はずだったが、退職を前に一つだけ心残りが生まれた。

その職場、パートや派遣を入れたら3分の1くらいは女だったんだ。

もちろん、美人とブサとその中間の混成部隊だけどな。

手をつけないまま職場を離れるのはもったいねえ…。

そこで思いついた。女子社員に片っ端から「エチーさせて」とお願いしたら、

どれだけ応じてくれるか?調べてみることにしたわけ。

若気の至りっつうか、我ながらアホなこと考えたと思う。

まあ、転職したら離れた土地に引っ越すし、

元の職場と接触することはないって気楽さもあった。

俺の再就職先、会社にも知らせなかったし。




サッカー部員の餌食になっていたのは地元有名企業の社長令嬢だった・・・

0


僕の大学時代からの回想録です。

かな~り強烈に長いですが、長編小説という事でお許し下さい。

高校時代からやっていたサッカー、大学へ入学してからもすぐサッカー部に入部したが、体育会という軍隊のような厳しさを実感しながらの練習の日々だった。

5月のある日、いつものように講義を終えてから僕ともう1人の1年の2人で部室に行くと、ドアの前に2年の先輩が2人立っていた。

サッカー部は人数的に部室が2つあり、「お前ら今日はあっちを使え」と僕のロッカーがある部室ではない方へと指示された。

理由は分からなかったが先輩の指示は絶対なので従った。

僕のロッカーに入れてある練習で使う物は全てその先輩たちが代わりに取ってきてくれ、僕たちはその部室へは入れてもらえなかった。

翌日もまた違う先輩が立っていて、同じようにその部室は使わせてもらえなかった。

僕は以前からロッカーに色んな雑誌や講義で使うテキスト類を数十冊も入れていて、あるテキストを取りたい旨を伝えると先輩が取ってきてくれた。

しかし僕が望んでいたものではなく明日どうしても必要だと告げると、その先輩は面倒くさそうに「全部は重いし・・・30秒で取って来い」と僕が取りに行く事を許可してくれた。

部室に入り急いで自分のロッカーへ向かうと、ロッカールームの奥にもう一つ、広さ的には4畳半ほどの小さな部屋があるのだが、そこのドアが少し開いていて中に4年の先輩たちが居る姿がチラッと見えた。

僕は気にせずに自分のロッカーへと直行し「5、6、7・・・」と、秒を数えながら目当てのテキストを探していると、「嫌っ」というような声が一瞬だけ聞こえた。

「今のって・・・女の声?」と思ったものの、空耳かとも思いながら耳を澄まして聞き入っていると、「やめてっ」とまた聞こえた。

「これは、もしかして×××?」と思った。

僕は驚くと同時に動きが止まり、ロッカー越しに少し開いたドアの中の様子を見てみた。

でも、先輩が何かをしている姿くらいしか見えないので静かにドアに近寄り、その部屋を覗いてみた。

やはり、4年の先輩たちが4人で女の子を×××していた。

床に全裸で仰向けに寝転がされ、頭は奥側で顔は僕の反対側を向けられていて見えなかったが、色の白い女の子だった。

1人の先輩はオマンコにチンコを入れて腰を振り、1人は乳首に電マやローターを当て、2人は代わる代わるチンコを咥えさせているのが見えた。

咥えさせた口から「う~っ う~っ う~っ」と女の子のうめき声が出続けていた。

「こっちも咥えろ」と先輩が言いながら交互に咥え換えさせる度に開いた口から、「やめて・・・」「嫌・・・」「許して・・・」と泣いているような、か細い声が何回も聞こえていた。

無理矢理

に奥まで咥えさせながら髪の毛を掴んで強引に頭を動かしていたので、その女の子はゲボゲボと何度もむせていた。

次の瞬間、僕は外に居た先輩に腕を掴まれ「早く来い」と小さな声で言われて部室の外へと連れ出された。

僕が30秒以上経っても出て来ないので連れ戻しに入ってきたのだ。

「お前、この事をもし誰かや何処かに言ったらどうなるか想像はつくな?」とその先輩に言われたが、いわゆる口止めだった。

誰にも言うつもりはなかったが「お前ら1年もそのうちやらせてくれるよ」と言われたので、「先輩もやったんですか?」と聞くと、「俺たち2年もまだ。明日まで4年で明後日は分からない。もしかしたら3年」と言われた。

ようするに、この2年の先輩たちは見張りのようで、入室禁止になった昨日から明日までが4年、その後は順番に後輩へと回ってくるのかと思った。

事件としてニュースなどでは話を聞くが、実際に自分の身の周りでこんな事が起こっているのが信じられず、当然その日は練習に身が入らなかった。




管理人からのお知らせ

ワードプレスに移行中です。

まとめサイト連合に加入させて頂きました。



SEO対策、デザイン等、収益化のためのツール等が無料で配布されているものになります。



収益、PV両方上がると思いますのでご興味がアレば連絡お待ちしております



hijiki.blog@gmail.com



月別アーカイブ
アクセスランキング
歴代はてブランキング
管理人へメッセージ
Facebook
最新コメント
アクセスランキング
アクセスランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
記事検索
スポンサードリンク
ゆるりとひじきのQRコード
QRコード
最新記事
スポンサードリンク