【胸糞】妹「ママじゃダメだって言ったから、私が仲良くしてあげたの。」母親が連れ込んだ男に小6の妹が・・・

0
1:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:41:41.10 ID:34FsfU7H0
ちょっと胸糞悪い自分+妹語りスレ
書き溜めてないから遅くなる


2:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:44:59.24 ID:0M4OyjSbO
どう変わったの?


7:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:55:29.14 ID:34FsfU7H0
>>2
それはまあのちのち


3:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:45:28.26 ID:GaGFouAQ0
胸糞悪いのかぁ…


4:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水) 20:45:37.95 ID:34FsfU7H0
事の発端は両親の離婚だった。
離婚原因は母親の浮気。
度重なるホスト通いが貢ぎ行為に発展、
自分の金がなくなり、マイホーム予算に手を出す、
父にバレる、離婚…という流れ。
当時私が中1で妹は小5。

姉妹揃って父親側に付きたいと言ったが、
裁判所は私たちの親権を母親に渡した。




「昨日あんなこと言われたから意識しちゃって・・・」同じゼミの女の子がなんだかソワソワしている

0
膝の裏と太ももの幅は同じくらい



やや筋肉の筋が盛り上がり、青紫色の血管の筋が通ってそれを生々しく見せる。



「じゃあ.....」





遠慮がちにそう言って、文乃の後ろにしゃがみ込んだ。



そしてべたっと地にお尻をつけた状態で、彼女のスカートをそっとめくる。



(空気が違う...)





彼女のスカートの中から流れ出してきた空気に少しの違和感を感じながら、俺は人生初となる、女の太ももを舐めるという行為に及んだ。





ーーーーー



「え....?」



「今、なんて?」



文乃はきょとんとした顔で、俺が何を言ったのか全く理解出来ていない風でそう訊ね返した。



「もう一度...言って?」





不思議そうな顔にやや怪訝な表情を加えたような感じで彼女は質問を重ねた。





文乃、21歳。

大学の同じゼミの友人。



学籍番号が隣だったんで入学した時から仲が良い。

たまには一緒に出掛けて映画を見たり、飯を一緒に食ったり。



だが、不思議と互いに恋愛関係になるような兆しは無い。

そう言う話をすることを避けているのか、興味が無い(向こうも無かったのか)かで、とにかくそんな感じにはなっていなかった。



だけど、先日、前期の授業が今日でおしまい、と言う日に昼飯を食おう、という事んなった。





待ち合わせは学生会館の脇にある購買部。



ドウ貞装ってバイト先の先輩喰ったったwwwwww

0

偽りの童貞 バイトの先輩編





俺がーーーー



自分が童貞だと偽って女性達と性交を繰り返すようになったきっかけ。



それは19歳の頃のバイト先の女性との出会いに始まる。





その先輩は1つ上の20歳。

名前は藤枝貴子と言い、俺と同じように地方から出て来て一人暮らし。



入学してすぐにそのバイトを始めた俺にとって、同じ境遇の彼女とは気があった。



彼女と同じシフトに入る事はそれほどなかったが、シフトが合うと、暇を見つけては一人暮らしの苦労などを話すような仲になった。





ある日、バイト先で飲み会があった。



参加したのは20名くらい。



それでも居酒屋での1次会が終わると、2次会のカラオケに行ったのは俺とその先輩を含めての8人くらい。



大体が一人暮らしで、帰宅の時間を気にしないで良いやつらで、近くの店に雪崩れ込む。





当時、俺は19歳だったが、カラオケでも幾らかは飲まされた。



それでも、何かと厳しいのは皆承知しているので、あまり勧められる事はない。



その点、1つ上の先輩、藤枝さんは当然のように勧められ、そして飲んだ。



仲良しな女の同期が給湯室で上司のモノを咥えていたので、観察し続けた

0


同期の絵里が、給湯室で上司にフ●ラしてた。



私は絵里とは社内でも有数の仲良しだったから、ショックで思わずその場に立ち尽くし、向こうからは見えない位置でしばらくの間、観察するような状態に。





絵里は膝をついてちょうど口の辺りが上司の股間の部分に来るような位置。



くっちゅっくっちゅ...くっちゅ..くっちゅ..





いやらしくリズミカルな音が聞こえて来ました。





上司は



「あーー..絵里....絵里..!」



と普段なら絶対に聞かないような高揚した声で呻いていて、しばらくすると腰を前後に振り始める。



手で絵里の頭を抑えて、彼女髪の毛が乱れることも気にしない感じで乱暴に。



「あ..いく...いくっ....いくぞ...」



「ああ....」





最後は大きく呻き、そのまま彼女の口の中へ。



「ん....っぐ......んっ.....んっ..」





絵里はいつもと表情が違っていて、真剣な顔でその上司のことを見ていた。

彼女は頬っぺたへこまして、吸い、口の中を動かしているのが見えた。



「ほら...」



「どうするんだ...」





上司は腰を動かしながら、彼女の口を突いていく。



彼の太くて染みがついたペ●スが絵里の口から出たり入ったりを繰り返していた。







俺、外商。人妻に「次来るときは面白いもの持ってきて?」って言われたので電マを持っていくことにwwwww

0


おばさんが出てくるので興味ある方のみ。





俺は首都圏のある百貨店の外商をしていて、御用聞きみたいな事を入社以来数年やっている。







普段は、呉服の展覧会とか、イベントとかを案内したり、同行したり。



大抵は大企業の社長やその奥さんを相手にしていて、一度気に入られたら付き合いは長く、深い。





そんな仕事にあって、昨年の年末、恒例の荒巻鮭を持っていった際にそこの奥さんから宿題を出された。





「丹羽くん(仮名)。次来るときね、面白いの持ってきて」





「へ??」





面白いものと言われて気が抜けた返事をした俺。





「面白いものよ?きっとね?」









目隠しマッサージサービス。担当の子は爽やかなイケメンで、触れられるたびにおかしな気持ちに・・・

0


イケメンからの目隠しマッサージサービスって言うものを利用してみた



某レディースコミックの広告で載っていた店。



「イケメンがあなたを快楽に導きます」





私は普段は仕事人間で、それでいて無趣味。

お金は結構余裕があった。



思わずネットで検索し、怪しい噂が無いことを確認し、思い切って電話した。





電話に出たのは爽やかな青年風の男性。



彼は電話をしてきたことを感謝し、店の紹介をし、そして私とアポを取り付けた。



「では..」



私は、通話を終えるとなんだかデートをする前みたいな気持ちになってソワソワし、そして1時間後にはもう家を出ていた。



待ち合わせたのは巣鴨の駅前。



ロータリーの手前に向かい、電話で話した通り彼からの声がけを待つ。







「こんにちわ」







声を掛けて来たのは、顔の小さい、爽やかなスポーツマンタイプの男性。



ドキっとし、声が詰まる。



「は..はいっ..」





一目惚れに近かった。



「あ..あのっ..」





ぼおっとしている私尻目に彼は優しく、丁寧に私を導いていく。



そして見知らぬ通りを歩いて連れていかれたのは彼の店では無くてラブホテル。



「ここでしますからね?」







専任の講師の指導法。本当にあれはピアノに関係あるのだろうか?触れられた感触を思い出しながら浴槽で一人...

0


彼は千紗の胸元にするするっと、何気ない、慣れた夫婦の夫が妻の身体に触れるかのようにして手を滑らせた。

彼は彼女の胸元を掴み、指先に乳首を押し当てる。

やがて2本の指でそれをつまんで、少し持ち上げてようにして、咄嗟の事に身を硬くしていた千紗の反応を待った。


ーーー

水曜日の最終ターム、16:30からの回は塚崎の回と決まっていた。

彼は千紗の専任講師で、期末の試験まではこの時間を彼女の為に割り当てている。

千紗としては水曜日、大学の講義としては午前中だけの予定しかないため、水曜日の最終時間まで拘束されることは本意では無かった。

ただ、塚崎の指導力は校内でも評判であった。
だから、その彼の時間を確保できたことは試験突破への大きな手助けになると自分自身を納得させていた。


「あのー...」


千紗は前回の指導と同様に課題曲の譜面を開き、彼の指示を待った。

右斜め後ろに首を曲げ、視線に捉える。
前回は「初めから〜」とだけ指示され、後は何点かのコメントが出ただけ。

2回目の今日は、より詳細な、的確な指示を貰えるものと想像をしていた。

「前と同じようにーー」


塚崎がつっけんとした口調で言葉を発した。
そして、譜面に指先を当てて、

「ここを気をつけて...」


と加える。
千紗は言われた通り、目の前の譜面に向き直り、息を吸って居住まいを正し、鍵盤に手を当てて弾き始めた。




「興奮した?」酔っている女友達が俺の股間に手を伸ばしてきて・・・

0


酔っていたとは言え、やり過ぎたかな、と今になってそう思う。


明日ゼミ合宿で会うんだけど、どんな顔で会えばいいか分からない...


事の次第は昨日、飲み会の帰り道で..


栞(しおり、同い年の21歳。髪の毛長くスレンダー、美人系)と帰り道が一緒だった。


この栞とは入学以来の中で、互いに恋人はいたから恋愛関係になった事は無い。

ただ、栞は美人だし、スタイルも良いからいつも性的な目で見ていたことは確か。


それでも、性格が良い奴だったから、変なことはしないって言うか、関係を悪くさせるようなことは今までしていない。

今まで=昨日までは...だったが。


とにかく、俺は栞と歩いていた。
彼女とは最寄駅が同じだったから、それは珍しいことじゃない。

そして、相変わらず、夜遅くになっても蒸し暑くって、「コンビニでアイスでも」ってなった。


栞は「じゃあ、私待ってる。ノリ、買ってきてよ」と赤い顔で俺にそう言う。

彼女はいつもは控えめな方だが、酔うと少し大胆になる。それはそれでいつもの事で、俺はそんな彼女の依頼に「はいはい、チョコ系ね」といつもの如く従った。


そして俺はコンビニ、栞はコンビニの店内のイートインスペースで待っている事になった。


数分後


「お待た...あ?」


アイスを買ってきた俺を待っているはずの栞はテーブルに突っ伏して寝ていた。


「おいおい..」


俺は栞の肩をゆさゆさと揺する。

「ん.....」

「んん...」

起きない。

「おい...アイス、溶けちゃうよ?」


俺は何度か挑戦し、そして諦めた。
アイスが溶けるのは気になったが、まあしようがない。

突っ伏している栞の寝姿を見ながら、アイスの封を切り、食べ始めた。

「栞...」

彼女のことを見下ろすと、細くて白い二の腕が目に入った。

そして胴体の方に視線を移すと、少しウェーブのかかった髪の毛の隙間に脇。


その下には薄ピンク色のブラの端が見えた。




「俺たちのS●Xを見てくれ」友達から信じられない誘いを受けた。友達の彼女とはよく大学で会う仲だった

0


大学の友人に、「俺たちのS●xを見てくれ」と言われた事があった。

その時は、とんでもない、と断ったがしばらくしてその友人と飲んでいると再び誘われた。


「アツシ、だめかな。この前の」

焼酎を飲みながらその友人、堀川サトシが言った。

「この前のって...?」


思い当たるものが無く尋ねる。

「あの、俺と真理のするの見て欲しいって...やつ。」

「あーー....」

断った事を思い出す。
あの時もこんな感じで飲んでいた。

人の、ましてや親友のS●xを見るなんて。
とその時はそう思った。

だが、その日は少し違って感じた。

「なんで?」

素直に理由を聞いてみる。前はろくに理由すらも聞かなかったように思う。

「マンネリ....つーか、好奇心。かな。」

「人の前でするって...どうなんだろうって。」

サトシは少し考えて言った。

「真理ちゃんは.....どうなんだ?」

サトシの彼女、真理の事はよく知っている。
大学でもよく合うし、第一俺の彼女と友人だ。

「真理は...承知したよ。いいって」

「本当?」

聞き返した。

「うん。 アツシなら、良いって」


少し考える。
サトシの裸...決して見たくは無いが、真理の裸なら...見たい。

密かにいいなって思った事もある。
身長160センチくらい。

茶色がかった長い髪にくっきりとした顔立ち。
女としての魅力は、はっきり言って、俺の彼女より上。

「......よし、いいよ。」


俺は意を決してサトシに言った。

美人な同僚の胸元を覗いてしまった・・・→気づかれたけれど、満更でもない様子?

0


前にあった話。ほぼ実話です。





会社で席変えがあって、別の部署の女の子と隣同士になった。

その子は2つくらい歳下の25歳。

うちの会社にいるのが信じられないくらいの美人。



仮名をナオとする。



最初の方は緊張していたが、毎日話をしているうちに少しずつ親しくなり、1ヶ月目には友人と言ってもいいような状態。





その時点で分かっていたこと。



・彼氏がいる

・あまりうまくいっていない

・最近ヒマ





これらを考えたら、普通の男ならアタックする。

俺も例に漏れず、探りを入れていく。



「ナオちゃん、最近面白い映画とかある?」



とか



「休みの日、何すんの?」





とか。



彼女の予定を確認し、彼氏との間に入り込む隙が無いかを確認する。



そんな時たまたま話題の店の話になり、会社帰りに寄ってみようか、という事に。

表参道にあるその店の閉店に間に合うよう、早く仕事を終わらせよう、というところまで話がついた。





俺はもう、うきうき。

こんな美女、街を歩いてたってなかなかお目にかかれない。

それを、彼女と2人で表参道を歩く...



周りの人間にはカップルにしか見えないだろう。

そして、チャンスがあればそれ以上...





仕事をしながら、そんなことばかりを考えていた。







夕方頃、彼女から話掛けられた。



「すみません。。ちょっと、見てもらっていいですか?」





エクセルの操作方法についての質問だった。



「あ。いいよ。」





管理人からのお知らせ

ワードプレスに移行中です。

まとめサイト連合に加入させて頂きました。



SEO対策、デザイン等、収益化のためのツール等が無料で配布されているものになります。



収益、PV両方上がると思いますのでご興味がアレば連絡お待ちしております



hijiki.blog@gmail.com



月別アーカイブ
アクセスランキング
歴代はてブランキング
管理人へメッセージ
Facebook
RSS
最新コメント
アクセスランキング
アクセスランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
記事検索
スポンサードリンク
ゆるりとひじきのQRコード
QRコード
最新記事
スポンサードリンク