【BTC】半年後の年末は今の3割の22万くらいになるよ

0
images-1-2
1: 以下、コイン速報からお送りします 2018/06/15(金) 12:30:34.10
ガチで下がるときはゆっくり下がるもの

最高値240万から半年経過して3割の72万
半年後の年末は今の3割の22万くらい
12: 以下、コイン速報からお送りします 2018/06/15(金) 17:48:38.51 ID:86H8ixaV
>>1
売りポシションの画像貼れ
下がるんだからもちろん売ってるよな?
口だけするなよ
18: 以下、コイン速報からお送りします 2018/06/15(金) 23:41:45.96 ID:zQbTyIa7
>>1全力でショートして毎日損益アップしてくれよ
ヨロシクな!!
2: 以下、コイン速報からお送りします 2018/06/15(金) 12:31:34.83
売ったもの勝ち。
このあとはあげても90万までだから
88万くらいでうれよ

なおショーター焼きながら下げるからゆっくりさがる
3: 以下、コイン速報からお送りします 2018/06/15(金) 12:32:27.07
ガチでさがるときにゆっくり下がる理由

それはショーターを焼き払う必要があり一旦上げるから。

空売りなければ今ごろもっと下がってる


お嬢様女子高生に「青春」を教えるというアルバイトが話題に! その衝撃的すぎるバイト内容とは!?

0


ぼっち「……俺ですか」

お嬢様「そうです。机に突っ伏して寝たふりしている貴方」

ぼっち「………はあ。何ですか」

お嬢様「貴方、青春という物ご存知かしら」

ぼっち「…俺と一番程遠い言葉だと思うんですけど」

お嬢様「だから貴方なのです。アルバイトに興味ありません?」

ぼっち「すいません、話ぶっ飛んでませんか」

お嬢様「私と一緒に青春を探す一週間の短期アルバイト。しませんこと?」

ぼっち「意味が分からない」

お嬢様「契約成立ですね。放課後から早速始めましょう!ではごきげんよう」

ぼっち「行っちゃった…マジで意味分からん…。ていうか誰だよあの人…」

4: 名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/11(月) 02:56:11.92 ID:5/ay4/rrO

放課後

お嬢様「お待たせ致しました。行きましょう」

ぼっち「あの」

お嬢様「はい。何でしょうか」

ぼっち「あの、俺別にアルバイトとか興味ないんで…」

お嬢様「…」

ぼっち「…他の人誘った方が良いと思うんですけど…」

お嬢様「…はあー…」

ぼっち「溜め息つきたいのはこっちですよ。いきなり何の説明もなしにバイトって…」

お嬢様「!…説明すればよろしかったのですね!」

ぼっち「え」

お嬢様「私、貴方と同じで青春って何なのか分かりませんの」

お嬢様「ですから、手伝って欲しいのです。私の青春探し」

6: 名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/11(月) 03:03:49.33 ID:5/ay4/rrO

ぼっち「だから、誰か他の人…」

お嬢様「いいえ。貴方でなければなりません」

ぼっち「…理由を聞いても良いですか」

お嬢様「……他の方は、皆さん青春という物を知っている様なのです」

ぼっち「じゃあその知ってる人から聞けばいいじゃないですか」

お嬢様「ダメです!それは私の青春ではありません!私が経験しなくてはならないのです!」

ぼっち「めんどくさい考え方するなあ…」


次のページで↓↓


【悲報】差引支給額マイナスの明細が発見されるww

0
1: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:46:22.18 ID:KjqrZI22M
no title



2: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:47:17.14 ID:hA/3MMdBa
給料低すぎやろ


3: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:47:51.72 ID:nlZxAiZ+0
ちゃんと出社しろ


4: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:48:22.58 ID:KjqrZI22M
出勤した分だけマイナスなんだよなぁ


5: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:49:19.88 ID:54oiirwx0
事故の賠償金従業員に払わせるってアウトやろこれ


6: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:49:24.03 ID:y/5QRDi/0
従業員に弁済させるの労基法違反じゃないのか?


7: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:49:27.33 ID:vqPv4C8md
引っ越し事故って・・・




男「いつも・・・こんなことやらされてるのか・・・・?」→保護した女の子が突然服を脱ぎ始めたと思ったら・・・

3

ひどい暴行を受けて雨の中放心状態になってる女の子
大学の帰り道

時間は22:30

男「うわ~・・・ゲリラ豪雨ってやつだな・・・」

土砂降りの雨の中コンビニで買ったビニール傘をさしながら帰路についていた

ブロロロロロ・・・

バシャッ!!

車が水たまりの水を俺に引っ掛けて去って行く

男「ちっ・・・!まぁ、この天候じゃしょうがないか・・・」

すれ違う通行人もみんな早足でお互い無関心だ

その中で水を盛大にかぶった俺だけ堂々と雨の中を歩いていた

男「もう雨なんざ関係ないな・・・」

ザー・・・

前から自分と同じように傘もささずに歩いている猛者がいた

男「やるなぁ・・・まだ小さい女の子なのに」

とぼとぼと今にも転びそうな足取りで雨の中を歩いている

ドンッ

バシャッ

すれ違ったサラリーマンに肩がぶつかって女の子が倒れた

サラリーマン「・・・・・」

サラリーマンは何事も無かったように歩き去った

男「ひっでぇ・・・」

なんだか同志がやられたような気がして俺は駆け寄った

男「大丈夫か?」

女の子「・・・・・」

ザー・・・・

何か言ったのか雨音で聞き取れない

ただ・・・女の子の顔はこの世の全てに絶望したようにやつれていた


次のページで↓↓


幸の薄そうな男に嘘の告白をして楽しむ女。いつもと変わらず非リアを弄んでたが、そいつがDQNであることを知った女は…

0

私立Vip高校 体育館裏

ビッチA「付き合ってぇ・・・欲しいんだけどぉ。」

非リア「ぼぼ、僕と?」オドオド

ビッチA「うん。」

非リア「えっ? ななな、なん、何で?」オドオド

ビッチA「え~・・・何つうかぁ、一目惚れぇ? みたいなぁ。運命じゃん? みたいなぁ。」

非リア「・・・・・・い、良いの? 僕で・・・」オドオド

ビッチA「良いよ、ってかぁ・・・アンタじゃなきゃぁ、嫌だぁ・・・みたいな。」

非リア「は、はぁ・・・」

ビッチA「・・・好きです。」ボソッ

非リア「!!」ドキッ

非リア「えっ・・・あっ、その・・・・・・よよよ、よろしくお願いしま、しま、します。」サッ

ビッチA「」

非リア「」

ビッチA「」

非リア「あ、あの・・・あ、握手・・・って、しないか。はははっ。しないよn」

ビッチA「プッ!」

非リア「?」

ビッチA「アッハッハッハッハッハッ!」

非リア「!?」

ビッチA「アハッ! ア~ッハッハッハッハッハッ! ちょ、待って、マジ腹痛いし!」

非リア「???」

ビッチA「あ~、ヤバい、涙出てきた。ちょ、監督ぅ! もう良いっスかぁ?」

4: ◆51UnYd7yHM:2012/06/12(火) 23:58:59.81 ID:Cawnoj9AO
?「はい、カットォ! 良い画撮れましたぁ!」

?「キャハハハハッ!」

ザッザッザッ

非リア「!?」

ビッチB「ちょ、もうA子サイコー!」

ビッチC「名演技じゃん! 『好きです』とか、マジ萌えるんですけどぉ!」

キャハハハハッ

非リア「えっ、あの・・・」オドオド

ビッチA「ん? なにぃ?」

非リア「何・・・なの? こここ、これ・・・」オドオド

ビッチA「えっ? わかんない? 罰ゲ。」

非リア「ば、罰ゲ?」オドオド

5: ◆51UnYd7yHM:2012/06/12(火) 23:59:30.65 ID:Cawnoj9AO
ビッチB「さっき三人でババ抜きやっててさぁ、A子三回連続で負けたんよぉ。だから罰ゲームでぇ、クラスで一番イケてない奴にコクるぅみたいな。」

非リア「!!」

ビッチC「あ~、思い出しただけでもウケるぅ! ってかムービー撮ったしぃ! スマホマジ高画質ぅ!」

ビッチA「マジぃ? 後で送ってぇ。」

非リア「」ウルッ

ビッチB「ちょ、非リアなに涙目とかなってんのぉ?」

ビッチC「キャハハハハッ! ウケるぅ!」

ビッチA「ヤッバ! あたしマジ名演技じゃん! 女優なれんじゃね?」

非リア「・・・」グスッ



続きは次のページで→


毎日のように親から暴行を受け続け、挙句には見捨てられた女の子を家に匿った結果・・・女の子との半同棲生活になったら最後はやっぱり?

1
1: ファニーちゃん


隣室(ガンッ!!! ガンガン!!!!!)

男「………」カタカタカタ

隣室(…クソ!!……ッシネ!!!…ォマエガッ…………)

男「……………」カタカタカタカタカ

隣室(…ゴメンナサイッ………アッ!……)

男「…………………………騒がしいな」

男「………」カタカタ

男「……………」

男「…………………もしもし? レジデンス×× 6B号室の者ですが」

男「隣の部屋がうるさいんで困ってるんです…………ええ…………ええそうです苦情を伝えてもらえませんか?」

男「6C号室の方です……………はいお願いします……それじゃ」ガチャ

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 12:32:55.62 ID:ZHB95xhe0

男「………ふぅ」

男「………………」カタカタカタ

男「………ここまでにして寝るか……っと電話だ」Prrr…

男「もしもし………え?10時からですか?でも授業があるんですが………2割増しですか…でも……」

男「3割?…………OK行きます」

男「はい…はい……それじゃ明日………」ガチャ

男「……寝るか」

隣室(………………ゥルセェッ!!………ガン!!!)

男「……近隣住民への迷惑を考えない不良市民」ボソ

男「…………寝よう」

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 12:37:24.63 ID:ZHB95xhe0

ーー翌朝

男(今日も今日とて勤労学生……)

男(ん……?)

少女「………」

男(………)チラ

男(……よくエレベーターで出くわす)

男(見るたびにやつれていってる気がするが)

少女「……?」チラ

男(面倒事には関わらないに限る)フイ

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 12:39:50.69 ID:ZHB95xhe0

ーーバイト先

女「悪いね大学あるのに」

男「目先のバイト代に釣られました」

女「また一人逃げられちゃったせいで大忙しなんだよ」

女「楽な仕事なのに毎度毎度なにが気に食わないのかねぇ?」

男「女さんのセクハラのせいだと思いますよ」

女「セクハラちがう!愛あるコミュニケーションでしょ!いわばラブハラ!」

男「ハラスメントであることは否定しないのかよ」


次のページで↓↓


門番「誰だ!」ちnぽ「うんちです」門番「よし通れ!」

9
1: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:29:23.96 ID:4cuxK09zp
no title

no title

no title

no title

no title



2: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:30:00.65 ID:wdFiP9e8M
なぜ絵にしたのか
こんなん笑うわ



3: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:30:11.56 ID:2BOyhbdTa



7: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:30:47.61 ID:BJxT/YXpa
ジブリでありそう


8: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:31:03.66 ID:7Mllw+hR0
狂気を感じる


10: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 08:31:15.32 ID:N6T3i5QTd
ピストンしてて草




学内最高の人気を誇った女性教師。長期休暇に入って心配になったので、みんなで家に凸してみると… 世間の闇を知る羽目になった。

0

ついに呼び鈴を鳴らしてしまった。  

 僕に与えられた後悔の時間は数秒ほどだったけど、先生がドアを開けて顔を覗かせるまでに、たっぷりと数分は過ぎたような気がした。

「…………どうして」

 目を瞠った先生の唇がぱくぱくと動く。

 久しぶりに見た先生の顔は記憶の中のそれよりもほっそりとしていた。少し痩せたかもしれない。

「あの、僕、心配で……その、ええと」

 長い時間をかけて考えてきた言い訳なんか、一瞬で吹っ飛んでいた。

 玄関先で顔を突き合わせたまま馬鹿みたいに目をそらし合う。

 先んじて冷静を取り戻したのは先生のほうだった。首を伸ばして廊下の左右を確認した後、ドアを押して大きく開く。

「とにかく上がって」

 その言葉に、僕がどれほど安堵したことだろうか。

2: 名も無き被検体774号+:2014/03/12(水) 06:54:49.05 ID:zSMs1Lti0.net

猫の額ほどの玄関は、六畳ほどのダイニングスペースと繋がっていた。

 奥にもう一つ部屋があるようだったが、さすがにそこまでは通されない。

 小ぶりな丸テーブルの一席を勧められたので、おとなしく僕はそこに座った。

「紅茶でいい?」

 電気ケトルに水を注ぎながら、こっちを振り返らずに先生が言う。

 カーディガンの背中に垂れた長い黒髪に見惚れてしまった。

 もともと魅力的な人ではあったが、さて、これほどまでだったろうか。

「おかまいなく」

「そういうわけにもいかないでしょ」

 そうか、と僕はあることに思い当たる。

 学校では先生はいつも、髪を結っていたのだ。

 アップにまとめていたり、肩ごしに前に垂らしていたりと髪型は様々だったが、こんな風に髪を降ろしているのは初めて見る。

 その様子は、こっちが恥ずかしくなるくらいに綺麗だった。


次のページで↓↓


目が不自由なクラスメイト。当然のようにいじめの対象になったんだが、その子のためにDQNがとった行動がイケメン過ぎるんだが…

1
zasss


男「くっそー、流石に仮病は通用しなかったか……体育は着替えるのが面倒なんだよなぁ」

ガラッ

男「ん?」

女「?」

男「おー、女か。何やってんだ? 女子はもうみんな体育館に行ってるぞー」

女「あ、そ、そーなんだ、あはは……え、と、その声は男くんかなー?」

男「ん、当たり。体育サボろうとしたら保健室追い出されちゃった」

女「ふふ、それで慌てて着替えに来たと」

女「男子のほうは先生怖いからねー。早く行かないと怒られちゃうよ?」

男「……お前こそ早く行かないと怒られるんじゃないか? 着替えも済んでるじゃん」

女「う、うん……今から行くところだよ」

女「……え、と、あれ……」うろ うろ

男「?」

女「えーと、どこだっけなー……」うろ うろ

男「……もしかして杖探してんのか?」

女「あ、う、うん……そーなんだけど……」

女「あれー、おかしいなー、机の横に置いてたはずなんだけど……あはは」

3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/05/31(木) 10:41:57.05 ID:/jBI1+iy0

男「杖ならそこの……」

男「……(ベランダに立て掛けてあるんだけど……)」

女「えーと、えーと……あー、もう、どこ行っちゃったんだろーね」

女「あは、あははは……」

男「……」

女「ま、まぁ杖なくても体育館くらい行けるんだけどね!」ニコ

男「……何やってんだよ。杖、お前の足元に転がってるぞ、ほれ」

女「え、あ……そ、そうなんだ……あ、ありがと」


次のページで↓↓


如何にもDQNなクラスの女子生徒。ある日突然俺たちの部室に現れた←恐怖のあまり怖気づいていたが、、、

3
30d8269e540e127f9d9bc624e5520af6
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 17:05:13.68 ID:BXGPStxZ0

男「あ、あのー……」

女「あん?」

男「な、何故この部室に……?」

女「……なんか文句あんのかよ」

男「い、いえ、滅相もございません」

女「……チッ」

男「……」



女「……」

男「……なにこれ」ボソッ

女「あぁん?」

男「い、いえ! なんでもございません!」





5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 17:09:27.45 ID:BXGPStxZ0

女「……お前、何部だよ」

男「え? え?」

女「何部かって聞いてんだよ!!」

男「や、やめてぇぇぇ! 殴らないでぇぇ!!」バッ

女「……」

男「……あ、あれ?」

女「……チッ」

男「……」

男(……怖いよう、怖いよう、ここ写真部だよぉ、なんなんだよぉ)

女「……」

男「……」

男(ホントに何しにきたんだよぉ、怖いよう)







管理人からのお知らせ

ワードプレスに移行中です。

まとめサイト連合に加入させて頂きました。



SEO対策、デザイン等、収益化のためのツール等が無料で配布されているものになります。



収益、PV両方上がると思いますのでご興味がアレば連絡お待ちしております



hijiki.blog@gmail.com



月別アーカイブ
アクセスランキング
歴代はてブランキング
管理人へメッセージ
Facebook
最新コメント
アクセスランキング
アクセスランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
記事検索
スポンサードリンク
ゆるりとひじきのQRコード
QRコード
最新記事
スポンサードリンク