俺が女装趣味を持っていることを知った先輩にめちゃくちゃ弄ばれ、ついにお尻の穴まで・・・

0
涼太には人には言えない秘密があった。

それは女装趣味。中学生の頃から母親の化粧品に興味をひき、

不在中に化粧や衣服の着用に手を出すようになっていった。

高校1年生となったとき、バイトを始めた。もちろん目的は、女装道具を調達するための資金。化粧品、ウィッグ、そして洋服類は通販で購入した。インターネットを色々調べると、局留めが使える『そういう趣味』用の通販サイトがあったのだ。 そして一通り揃えると、完全に女装することが楽しみになった。

夜中家族が寝静まってから、こっそりと部屋で女装をする。

ポーズを決めてデジカメで写真を撮ったりして楽しんでいた。

流石に外出することは出来ないが、いつか外を歩きまわってみたいという願望は抱いていた。

火曜日、涼太はバイトの最中も終始ニヤニヤしていた。

今度の週末が待ちきれないからだ。

店長「どうした、気持ち悪いな?すっげぇご機嫌だな?」

涼太「あ、はい、実は、今度の週末、家族が用事で田舎へ帰るんです。」

店長「え、お前も?」

涼太「いや、もちろん日曜日はシフト入ってますから、家で留守番ですよぉ。」

店長「あ、そうか、家で一人になれるから、彼女でも連れ込む気なんだろ?」

涼太「いや、そんなんじゃないですけどぉ・・・。」

店長「いいなぁ、若いやつは。」

涼太「いやぁ、どこも出かけず、家で一人でゴロゴロしてるだけですよぉ?」

女から告白するのって正直どう?

0
ダウンロード (86)

1: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2017/11/12(日) 02:26:36.320 ID:rXQF83PY0
最近好きな人ができたので悩んでる


3: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2017/11/12(日) 02:26:58.842 ID:hpxgx2vR0
別にいんじゃない


4: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2017/11/12(日) 02:27:01.364 ID:nBQqEatV0
さっさと告白しろ


6: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2017/11/12(日) 02:27:18.373 ID:ZQ3VrCZH0
ブスは自分から行かないと無理


7: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2017/11/12(日) 02:27:20.764 ID:W8mNNHW10
男から告白なんて永遠に来ないぞ




自分に何度も言い寄ってきた男は、トイレの介助を担当していた患者だった

0


昔から、私は妹の加奈に対してコンプレックスを抱いていました。

真面目な性格の私と違って、要領がいいというか…。

何をやらせてもソツがなく、いつでも自由奔放に生きる子だったからです。

私は親に言われるままに女子高に入ったっていうのに妹は共学の高校へ。

男性と知り合う機会が少なくて、卒業してから初体験した私と違い、妹は高校で何人とも付き合ってました。 その奔放さは特に異性関係で際立っています。

同じ男性と半年以上付き合ったことはなく、きれいな外見を活かしとっかえひっかえの状態でした。

それに比べて私は親戚の勧めでお見合い結婚、十代で家庭に入ることになりました。

一人息子にも恵まれはしましたが、夫との関係は子育てと共に冷めていき…

いまではただのお父さんとお母さん以上の何者でもありません。

5年前に伊豆のサーファーと結婚して、妹は結婚生活も謳歌しています。




「最近忙しかったし、たまには内容が薄い小説で書いてみるか」天才の書く暇つぶし小説は、世界を揺るがす超大作になった。

0
1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/06/24(水) 23:02:33.474 ID:szUJlnV70.net
コナンドイル「苦労して書いた歴史小説がちっとも売れへん・・・」

ドイル「なんでや・・・壮大な世界観に重厚な人間描写、時代考証も完璧やのに・・・英国文学史に残る傑作やんけ・・・」

ドイル「あかん・・・金がない・・・どないしよ」

ドイル「しゃーない、とりあえず、もっと大衆的で金になるもん書くか・・・」

ドイル「売れる小説ゆーたら、そらキモオタ向けのラノベやろな。ほんまはそんなもん書くのはワイのプライドが許さんのやが・・・」

ドイル「クールイケメン天才の完璧超人を主人公にして俺TUEEEEやらしてっと・・・」

ドイル「主人公の引き立て役に間抜けな刑事と、お人よしの友人キャラを配置してマンセーマンセーっと・・・」

ドイル「・・・さすがにやりすぎやろか・・・書いてて死にたくなったで・・・」

ドイル「まあええか。アホな中学生くらいにはこんなもんでちょうどええやろ。」

ドイル「主人公の名前は・・・シャーロックホームズな。小遣い稼ぎになったら儲けもんや。」


読者「ホームズかっけー!すげー!超おもしれーーー!!!」

出版社「コナンドイル先生!もっと続き書いてください!」

ドイル「なんやと・・・」






5以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/06/24(水) 23:09:46.591 ID:QktcIg070.net
ホームズって当時から大人気だったん?






3以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/06/24(水) 23:06:40.038 ID:szUJlnV70.net
ドイル「中坊向けに書いたラノベでおっさんどもがよろこんどるで・・・ほんま大衆はアホやな・・・」

出版社「先生、うちの雑誌にホームズの小説書いてくれませんか?」

ドイル(マジか・・・いつもは出版社に土下座して原稿買ってもらっとるのに、向こうからお願いなんて初めてやで・・・)

出版社「うちのストランドマガジンで短編連載を6話くらいどうでしょうか。原稿料は35ポンドで。」
※35ポンドは現在の価値でおよそ80万円

ドイル「短編6話で35ポンドね・・・」

ドイル(足下見すぎちゃうか・・・相場なら100ポンドくらいやろ・・・けど所詮ラノベやしなあ)

出版社「いえ、1話につき35ポンドです。」

ドイル「ファッ!?」

出版社「ではそういうことで、傑作をお待ちしております!」

ドイル「ワイの傑作はもう何度も送っとるのに毎回没にしとったやんけ・・・せやのにあんな落書きが35ポンドか・・・」





互いに結婚してる身だけど、同窓会で元カノと再会してしまったら…ねえwww

0


同窓会開催の案内が届き懐かしい顔ぶれに会って来た。

元カノの充子を見つけ「元気?」と声をかけた。アルコ-ルも入り口も軽くなった充子が一度旦那の子を堕胎し腐れ縁で結婚したと少々不満気味な様子であった。

連絡先を交換し、再会を約して会場を後にしたが、1ヶ月ほどして携帯に無言電話が掛かってきた。

出張中だったので無言電話に向かって勝手に話し切った後、充子に電話した。

ビンゴであった。

「ちょっとイヤなことがあり、声を聞きたかったの」と言うので週末に食事の約束をした。

旦那に上手にウソをついて出てきた充子との同窓会以来の逢瀬であった。



グラドルさん、うっかりビキニを逆に着てしまうwwwwwwwww

0
1: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2017/11/11(土) 11:39:25.213 ID:PjZkbgKk01111
no title

no title


no title

no title

あり



2: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2017/11/11(土) 11:39:51.933 ID:a8uEzIHb01111
エロすぎ


3: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2017/11/11(土) 11:40:06.365 ID:g1G4vaA701111
後ろ前逆かと思ったわ


4: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2017/11/11(土) 11:40:29.496 ID:OaI2GOBC01111
いい発想だな




女「絶対○○してくれないと許さない!」俺が好きな女に告白した結果www

0
1:1 ◆I3cgeKYICg :2013/09/15(日) 03:46:24.72 ID:5lVg1oIy0

男「え?条件?」

女「・・・ええ。」

男「なに?」

女「私を笑わすことよ」

何だ、簡単じゃないか。自慢じゃないが俺は笑いの才能がある。

男「何だそんな事かよ!簡単だぜ!」

女「・・・そうかしら?じゃ笑わしてよ」

男「うん。」

女「・・・」

男「そんじゃ早速!記念すべき第一回目のギャグだ!存分に笑うが良い!」

爆笑が取れる鉄板中の鉄板。その名も

男「腹踊りー!」クネクネ

俺は上半身裸になり、腹踊りを始めた。これで笑わなかった奴は居ない。

女「・・・痩せた身体の腹踊りなんてどこに笑う要素があるの?」

男「ふぇ?」

女「はっきりいうわ。つまらない」

ガビーん





2:1 ◆I3cgeKYICg :2013/09/15(日) 03:48:27.48 ID:5lVg1oIy0

俺は彼女の冷たい視線と辛辣な言葉に赤面した。同時に奇妙な高揚感も覚えた。

男「っしゃ!次ぃ!こいつも鉄板!秘儀お尻ペンペン!」

俺は彼女に尻を向けるとズボン下ろし尻を丸出しにした。

ペンペンペンペン

これで笑わないほうが可笑しい!珍妙な仕草と、この音!スゲえ笑えるだろ!つか、自分でやってて笑えてきたわ!さあ、笑え!腹がネジきれるほどに!

女「・・・安易な下ネタほど嫌いな物はないわ。お願いだからその汚いお尻を直ぐにしまいなさい。」

男「は、はい!」

女さんは電信柱にションベンをする野良犬でも見る様な目で俺を見ている。まずいな、こうなったら





3:1 ◆I3cgeKYICg :2013/09/15(日) 03:56:27.73 ID:5lVg1oIy0

男「は、ははは。よーし身体があったまってきたぞぉ!」

こ、こうなったら!最後の手段!多少卑怯だが仕方が無い。有名なギャグで笑いを取りにいく

男「せーの!コマネチ!」

笑いの巨匠ビートたけしの一発芸。コマネチ。俺はこれを初めて見た時、一週間は頭から離れなかった。それほど面白い。

女「・・・」

あれ?反応がないな?きこえなかったかな?

男「せーの!コマネ

女「二度やる必要はないわ。よくもそんな古いネタを使う気になるわね。それと、せーのっていうのはやめなさい?掛け声ほど寒いものはないから」

動作の途中でストップがかかった。うわぁみろよ彼女のあの目!黒目がさっきより、小さくなってる気がする。どんだけ興味なくしてんだよ。







エロGIF集めする

0
1: 以下、\(^o^)/でVIPが送るぜ! 2017/08/29(火) 14:57:45.308 ID:H1FoIzmb0NIKU
no title


no title




no title


no title



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/29(火) 14:59:14.569 ID:DrWXRe/60NIKU
no title



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/29(火) 15:22:30.877 ID:McWJurQ/0NIKU
>>3
このおっぱいすき



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/29(火) 15:01:05.058 ID:H1FoIzmb0NIKU
no title



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/29(火) 15:02:27.499 ID:Gm18AXzxaNIKU
昼間からこんな神スレが




アラサー喪女だけどまじで彼氏欲しいわ・・・

1
images (60)

1: 名も無き被検体774号+ (ポキッー 5fe1-2HIz) 2017/11/11(土) 18:23:08.02 ID:Su2JXaoY01111
どうしたらいいの
ツイッターとかも全然仲良くなれないんだけど



4: 名も無き被検体774号+ (ポキッー Sd9f-gMZ8) 2017/11/11(土) 18:26:43.74 ID:XQbr3lQ+d1111
街コンでも行ったら?


5: 名も無き被検体774号+ (ポキッー 5fe1-2HIz) 2017/11/11(土) 18:27:41.68 ID:Su2JXaoY01111
>>4
今の街コンってオワコンじゃない?



6: 名も無き被検体774号+ (ポキッー Sa23-S8zH) 2017/11/11(土) 18:29:17.60 ID:2QBfhuUHa1111
なんでモテないの?


7: 名も無き被検体774号+ (ポキッー 5fe1-2HIz) 2017/11/11(土) 18:29:45.31 ID:Su2JXaoY01111
>>6
くっそ暗くて受け身





37歳の人妻と童貞の美少年、一緒にホテルへ【体験談】

0


同窓会開催の案内が届き懐かしい顔ぶれに会って来た。

元カノの充子を見つけ「元気?」と声をかけた。アルコ-ルも入り口も軽くなった充子が一度旦那の子を堕胎し腐れ縁で結婚したと少々不満気味な様子であった。

連絡先を交換し、再会を約して会場を後にしたが、1ヶ月ほどして携帯に無言電話が掛かってきた。

出張中だったので無言電話に向かって勝手に話し切った後、充子に電話した。

ビンゴであった。

「ちょっとイヤなことがあり、声を聞きたかったの」と言うので週末に食事の約束をした。

旦那に上手にウソをついて出てきた充子との同窓会以来の逢瀬であった。



管理人からのお知らせ

ワードプレスに移行中です。

まとめサイト連合に加入させて頂きました。



SEO対策、デザイン等、収益化のためのツール等が無料で配布されているものになります。



収益、PV両方上がると思いますのでご興味がアレば連絡お待ちしております



hijiki.blog@gmail.com



月別アーカイブ
アクセスランキング
歴代はてブランキング
管理人へメッセージ
Facebook
最新コメント
アクセスランキング
アクセスランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
記事検索
スポンサードリンク
ゆるりとひじきのQRコード
QRコード
最新記事
スポンサードリンク