美人な同僚の胸元を覗いてしまった・・・→気づかれたけれど、満更でもない様子?

0


前にあった話。ほぼ実話です。





会社で席変えがあって、別の部署の女の子と隣同士になった。

その子は2つくらい歳下の25歳。

うちの会社にいるのが信じられないくらいの美人。



仮名をナオとする。



最初の方は緊張していたが、毎日話をしているうちに少しずつ親しくなり、1ヶ月目には友人と言ってもいいような状態。





その時点で分かっていたこと。



・彼氏がいる

・あまりうまくいっていない

・最近ヒマ





これらを考えたら、普通の男ならアタックする。

俺も例に漏れず、探りを入れていく。



「ナオちゃん、最近面白い映画とかある?」



とか



「休みの日、何すんの?」





とか。



彼女の予定を確認し、彼氏との間に入り込む隙が無いかを確認する。



そんな時たまたま話題の店の話になり、会社帰りに寄ってみようか、という事に。

表参道にあるその店の閉店に間に合うよう、早く仕事を終わらせよう、というところまで話がついた。





俺はもう、うきうき。

こんな美女、街を歩いてたってなかなかお目にかかれない。

それを、彼女と2人で表参道を歩く...



周りの人間にはカップルにしか見えないだろう。

そして、チャンスがあればそれ以上...





仕事をしながら、そんなことばかりを考えていた。







夕方頃、彼女から話掛けられた。



「すみません。。ちょっと、見てもらっていいですか?」





エクセルの操作方法についての質問だった。



「あ。いいよ。」





「透けてきた!」幼馴染の胸を揉んでいたらローションを発見→制服の上から垂らして...

0


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 01:47:13.74 ID:ZCS0VROTO
幼馴染「生理前になると張って硬くなるんだよね。触ってみる?」

男「硬くなる前も触らないと、違いが分からないだろ」モミモミ

幼馴染「それでも触るんだ」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 01:54:37.64 ID:ZCS0VROTO
幼馴染「あんまり刺激すると乳腺肥大しちゃうから止めてよね」

男「じゃあ弾力を楽しむ」ポヨンポヨン

幼馴染「人の話聞いてる?」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:01:08.56 ID:ZCS0VROTO
男「乳腺肥大するとどうなるの?」ポヨンポヨン

幼馴染「胸が張って大きくなる」

男「それは良い事を聞いた」ポヨポヨポヨポヨポヨ

幼馴染「でも一時的なもので、張った時に細胞伸びる危険性があるんだよね」

男「伸びる?」ポヨポヨポヨポヨポヨ

幼馴染「最悪垂れるの」

男「……」ピタッ

男「ごめん……ごめんよぉ……」ナデナデ

幼馴染「胸を撫でながら謝るな、ばか」






先輩の目について、全裸でトランポリンに縛り付けられ、弄ばれた思い出→今じゃ快楽の虜...

0


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 01:47:13.74 ID:ZCS0VROTO
幼馴染「生理前になると張って硬くなるんだよね。触ってみる?」

男「硬くなる前も触らないと、違いが分からないだろ」モミモミ

幼馴染「それでも触るんだ」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 01:54:37.64 ID:ZCS0VROTO
幼馴染「あんまり刺激すると乳腺肥大しちゃうから止めてよね」

男「じゃあ弾力を楽しむ」ポヨンポヨン

幼馴染「人の話聞いてる?」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:01:08.56 ID:ZCS0VROTO
男「乳腺肥大するとどうなるの?」ポヨンポヨン

幼馴染「胸が張って大きくなる」

男「それは良い事を聞いた」ポヨポヨポヨポヨポヨ

幼馴染「でも一時的なもので、張った時に細胞伸びる危険性があるんだよね」

男「伸びる?」ポヨポヨポヨポヨポヨ

幼馴染「最悪垂れるの」

男「……」ピタッ

男「ごめん……ごめんよぉ……」ナデナデ

幼馴染「胸を撫でながら謝るな、ばか」






「今度こそいっしょにイこうねっ」男の部屋に監視カメラ設置して一緒にオ●ニーする変態幼馴染wwww

0


1:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/07(月) 21:27:11 ID:oN/ftEnQ
幼「えいっ」カチッ

ジジ……

男『……』

幼「みえたぁ……」

幼「男……えへへ」

男『……』ボリボリ

幼「自然体の男……私だけが知ってる姿」

幼「もう夜十一時……」チラッ

幼「そろそろかな」

男『……』カタカタ

幼「うん……男はいつもそのサイトだよね」

幼「男……今度こそいっしょにイこうねっ」ヌギヌギ

男『……』シコシコ

2:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/07(月) 21:27:32 ID:oN/ftEnQ
男「じゃあなー」

友「また学校でなー」

男「うんー」

すたすた

幼「……」コソッ

幼「ああ……男」

幼「今日もすてきだよ」

幼「とどけっ……大好きびーむ」ググッ

男「……」キョロッ

幼「!?」ビクッ

幼「っ……」バッ

男(気のせいか……)

幼(男こっち向いた……と、とどいた?)

幼(えへへ……おとこ)




3:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/07(月) 21:28:00 ID:oN/ftEnQ
幼「男みてたらあっという間に家ついちゃった」

幼「あ……」

幼(男の家……べらんだ)

幼(ぱ、ぱんつほしてある)

幼(……)

すたたっ

がちゃっ

とてとて

幼(そう……そうだよね)

幼(いい天気だからおせんたくよく乾くもん)

幼(家となりだから……私の家のベランダから、男の家の洗濯物までてがとどく)

幼(男の家はお父さんがいない……これは男の)

幼(ちょっと……ちょっとかりるだけ)パシッ




4:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/07(月) 21:28:39 ID:oN/ftEnQ
男「母さん俺のパンツへってる」

母「なにそれ?」

男「知らないけどへってる」

母「うーん。そこのタンスに混じってないかしら」

男「ないない」

母「風でとばされたのかもね。まあパンツくらい買ってあげるわよ」

男「もう五着ぐらいなくなってんだけどなあ」

母「あんたの下着盗むような物好きもいないでしょ」

男「まあいいや」

母「そうだ。先にお風呂はいってきなさい」

男「わかったー」






女「目、覚めたみたいだね」目が覚めると手を縛られた状態で見知らぬ場所にいた俺、そこに現れたクラスメイトが突然服を脱ぎだし・・・

0
2: ◆4dEEs59OFQ:2011/12/14(水) 22:47:09.55 ID:E98teO+t0
男「……目が覚めたらベッドに縛られてた。何を言ってるのか分からねーと思うが俺も何を言ってるのか分からねぇ」


女「……おはよう。男くん」


男「おぉ、お前はクラスメイトでクラス委員長の女じゃん」


女「な、なんか棒読みで説明口調な気がするけど……まぁいっか」


男「?」

3: ◆4dEEs59OFQ:2011/12/14(水) 22:53:10.85 ID:E98teO+t0
女「目、覚めたみたいだね」

男「あぁ」

女「……」

男「……」

女「……」

男「……」





女「……え? この状況について何も聞かないの?」


4: ◆4dEEs59OFQ:2011/12/14(水) 22:54:51.38 ID:E98teO+t0
男「それもそうだな。じゃあなんで俺は縛られてんの?」

女「……」

男「……」

女「……男くんが悪いんだよ……」

男「えっ、マジで? ごめんな」

女「……」

男「……」


5: ◆4dEEs59OFQ:2011/12/14(水) 22:58:42.04 ID:E98teO+t0
男「……」

女「……」

男「……」

女「……」

男「?」





女「……いやいや。だからさぁ、もっと掘り下げてよ!詳しく説明求めてよ!」


6: ◆4dEEs59OFQ:2011/12/14(水) 23:04:05.15 ID:E98teO+t0
男「了解。じゃあなんで俺が悪いの?」

女「私がいるのに他の女と仲良くしてるからいけないんだよ……」

男「友達と仲良くしちゃいけないのか?」

女「だめ。ダメ。駄目。男くんは私だけ見てればいいの。他の雌共なんて眼中になくて当然なの」

男「なんでそんなに拘るんだ?」

女「あなたが好きだから。大好き。ずっとずっとずっとずっとずっと大好きだった。好き好き好き好き好k」

男「おう……つーかしつこい。一回言えば分かるって」

女「えっ……あ、その…………ごめんなさい」シュン

男「いいよ。許す」




女「はい、あーんして?」学校の女の子に付きっ切りで看病された俺、二人きりの部屋で流石に我慢の限界・・・

0


1:名も無き被検体774号+:2012/03/20(火) 01:54:35.04 ID:ue92MCTjO
男「…あ゙ー、熱っぽい」ズズッ

男「鼻も詰まってるし、鼻水も凄いな」ズズッ

男「…風邪かな、とりあえず熱計ろう…」ズズッ

ピピピッ

男「…37.6゚か…学校は休まなきゃな…」ズズッ

~♪
着信 女

男「…あ゙い、もしもし」ズズッ

女『おっはよー。今日もいつもの場所で待ち合わせねっ!』

男「…風邪ひいたから今日は学校休みたいんだけど…」

女「ええっ! 大丈夫!?」


8:名も無き被検体774号+:2012/03/20(火) 02:12:07.94 ID:ue92MCTjO
男「えっなにこれこわい」

女「ちょっと! 大丈夫なの!?」

男「今電話した所なのになんで女が俺の部屋にいるの」ズズッ

女「そんなのどうでもいいじゃない! 熱は!? 鼻は詰まってるのね?」

男「熱はあるけど寒気がやばい」

女「寒気も風邪のせいね…」

男「いやこの寒気は違う理由だと思う」

男「とにかく、今日は学校を休むよ」ズズッ

女「じゃああたしも休むよ!」

男「」


10:名も無き被検体774号+:2012/03/20(火) 02:18:01.81 ID:ue92MCTjO
女「あんた、独り暮らしなんだから、こういう時くらい人に甘えるべきよ!」

男「本心は?」

女「体調の優れない男君に母性本能をくすぐられたい」

男「正直でよろしい」

女「今日は男君の看病をするのだー!」

男ピピッ

男「…あ、おはようございます。びっぷら高校2年の男と申しますが、担任の先生はいらっしゃいますか?」

……


< 11:名も無き被検体774号+:2012/03/20(火) 02:24:29.24 ID:ue92MCTjO
……

男「…はい、よろしくお願いします。失礼します」ピッ

男「女の分のお休みも言っておいたからなー」ズズッ

女「うんーっ、ありがとう…ってこれじゃあ男にリードされてるみたいじゃんあたし!」

男「あー、別にそういうつもりじゃ…」

女「むー…あ、そうだよ! 男、さっき起きたばっかりでしょ! 朝ごはん作ってあげるー!」

男「おっ、ありがとう。女の手料理食べるの初めてかもな」

女「そういえばそうだね! この女さんに任せなさい!」




俺「課題とかダルいわー。絶対やらないわーwww」美人教師と二人になるために、全力で不良を演じた結果…

0


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/30(火) 11:10:58.73 ID:Z58gpo+x0
―――高校 教室

不良「夏休みはずっと遊んでたんだよバーカ!!」

女教師「あの、じゃあ、明日までに……」

不良「ああ?やるわけねーだろ!!」

女教師「それは困ります……」

不良「やんねーよ!!」

女教師「……わ、わかりました」

不良「お?なんだよ?呼び出しか?」

女教師「そ、そうです!放課後、教室に残っていてください!」

不良「けっ!」

生徒「また不良君が呼びだしくらってる……」

生徒「先生も大変だね……今年、赴任してきたばかりで……」

生徒「不良君、四月からもう何度も呼び出されてるよね……仕方ないけど」

女教師「はぁ……」

不良(しゃっ!!また呼び出されたぜ!!―――また二人っきりになれる……へへ)


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/30(火) 11:14:14.84 ID:Z58gpo+x0
―――昼休み 職員室

女教師「ふぅ……」

教頭「どうかされました?」

女教師「あ、教頭先生……ちょっと……」

教頭「またあの子、ですか?」

女教師「はい……」

教頭「いつも課題をやってこないらしいですね」

女教師「そうなんです……」

教頭「困りましたねぇ」

女教師「でも……いい子だとは思うんです」

教頭「そうなんですか?」

女教師「遅刻もゼロで欠席もないですし……それに授業中だって真剣に聞いてくれてる……ような気がします」

教頭「ほう……」

女教師「どうして課題だけやってきてくれないんでしょうか……はぁ」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/30(火) 11:17:34.83 ID:Z58gpo+x0
―――教室

不良「さてと……今日は何を話そうか……」

委員長「ちょっと……」

不良「あん?」

委員長「なんで先生を困らせるようなことばっかりするの?」

不良「はぁ?どっかいけ、ブス」

委員長「ちょっと……!!」

生徒「やめとけって」

生徒「だめだよ」

委員長「でも……」

不良「んだよ?」

委員長「……」

不良「……」

委員長「もういい!」




死んだ親友に代わって少女の兄になるため、自分を捨てて新たな人格になった男の末路

0

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:43:31.67 ID:xt8eLDEu0
男「ええと……」

男性「こんなことになって、君には申し訳ないと思っている」

男「ちょっと待ってください。そ、それじゃ……」

男性「…………」

男「あいつがいなくなって、あの子は……」

男性「他に頼める人間がいないんだ、君以外には」

男「…………」

男性「やってくれるか?」

男「……分かりました」

男「僕が、彼女の兄になります」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:48:21.95 ID:xt8eLDEu0
──自宅

男「……もしもし、母さん?」

男「うん、うん」

男「そうなんだ。仕事がやっと決まった」

男「はは、やっぱり、母さんの言った通りだったね」

男「うん……あ、でも、それは……」

男「ごめんね、こっちが落ち着くまでは戻れそうもないんだ……」

男「……うん」

男「分かったよ、頑張る」

男「母さんも元気でね? また時間できたら、すぐに向かうから」

男「うん、じゃあ、バイバイ」

男「…………」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:51:41.55 ID:xt8eLDEu0
コンコン。

男「失礼しまーす」

ガラガラガラ……。

妹「……え?」

男「よっ! どう、元気にしてたか?」

妹「……す、すみません……ええと」

男「ん? どうかしたか?」

妹「その……わたし」

男「?」

妹「…………」

男「もしかして、俺のこと、覚えてない?」

妹「……すみません」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:55:29.78 ID:xt8eLDEu0
男「そうか……そうだなぁ」

妹「…………」

男「こういう場合、どう言っていいのか、分かんないな」

妹「はぁ……」

男「この際、しょうがない。単刀直入に言うね」

男「実は俺、君の兄なんだ」

妹「……え?」

男「覚えてない? 顔とか、声とか」

妹「……え、す、すみません」

男「……そうか、覚えてないかぁ」

妹「…………」

男「あっ、そんなに落ち込まないで」




JK「おい、脱いでここでシゴけ!」JK集団のパシリにされていた俺、彼氏ができたJKのために性知識を教えることになったのだが・・・

0
3: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:41:03.793 ID:+mjYUeAu0

あれは高校一年生の頃の話。
俺は勉強が嫌いだったため、行った高校は正直頭のいい方ではなかった。

その高校は元は女子高だったんだが数年前から共学に変わってたため、俺の代でも男女比率が女7:男3くらいで圧倒的に女の方が多かった。

女が多いと女の奥ゆかしさってものが無くなるようで一部の男(イケメンやら不良やら)以外の軟弱な男達は今でいうカーストの下の方に位置されてた。

俺はというと勿論カースト下位層だ。チビガリで運動できないゲーム漫画好きという下位層にぴったり野朗だった。


5: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:41:58.536 ID:+mjYUeAu0

一応それでも小中学生の頃は友達はけっこうというか多い方だったし、普通に女子とも喋りもした。

だけどその友達と高校が別ということで離れ離れになってしまって唯一の強みの友達が多いというアイデンティティを失った俺は脆かった。

頭悪めの高校ということもあってただでさえ少ない男も不良っぽいのが多くて仲良くなれず、女子ともほとんど喋ることもなく、唯一出来た友達は俺と同じくヲタでカースト下位層だった。

でもカースト下位だからといって別にイジメられてたとかそういうのはなかった。
たまにやや悪意のあるいじり方されて愛想笑いで返すみたいなことはあったけど。

と言いつつもある時期からパシリをやらされるようになった。


7: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:43:37.410 ID:+mjYUeAu0

俺にパシリをやらせるやつはどんなやつかというと情けないことに女だ。

女の名前は相川梨奈(仮名)。
・真偽は定かではないけどヤクザ的なのと交友がある3年の先輩と付き合ってる(今思えばたぶん違うと思うけど)
・悔しいけど可愛い
・カースト最上層

それと取り巻き2人。片方はまあ可愛い。もう片方は顔は可愛いけどややピザ。

でパシリにされるようになったキッカケはというとある昼のことだ。
昼飯は弁当持ってくるか購買で買うかの二択なんだけど俺の家は両親が共働きということもあって購買一択だった。

ある時、毎日のように購買に行く俺を梨奈が呼び止めた。


9: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:44:37.030 ID:+mjYUeAu0

梨奈「ねぇあんた今から購買行くんでしょ?ついでにパン2つと飲み物買ってきてくんない?」

まさか話しかけられると思ってなかったのでちょいビビる俺。それでもパシリのお願いとはいえ可愛い子に話しかけられたってだけでなんか嬉しかった。ちなみに梨奈と会話するのはこの時が初めて。

俺「え?あ、うん。いいけど…なんのパンがいいとか希望ある?」

梨奈「ん、じゃあオカズ系と甘い系。後グレープジュースお願い」

正直なところ、具体的に商品名で答えてほしかったけどそれ以上追求するとウザがられるかと思ってやめた。

選んだのはホットドッグとクリームパンという当たり障りのないもの。渡す時はめちゃめちゃドキドキしたけど普通にお礼言われてちゃんと金もくれた。




同窓会で元カノと再会したら、我慢できなくなってW不倫に発展したwww

0


同窓会開催の案内が届き懐かしい顔ぶれに会って来た。

元カノの充子を見つけ「元気?」と声をかけた。アルコ-ルも入り口も軽くなった充子が一度旦那の子を堕胎し腐れ縁で結婚したと少々不満気味な様子であった。

連絡先を交換し、再会を約して会場を後にしたが、1ヶ月ほどして携帯に無言電話が掛かってきた。

出張中だったので無言電話に向かって勝手に話し切った後、充子に電話した。

ビンゴであった。

「ちょっとイヤなことがあり、声を聞きたかったの」と言うので週末に食事の約束をした。

旦那に上手にウソをついて出てきた充子との同窓会以来の逢瀬であった。

食事をして楽しい会話の中にも旦那への不満が滲み出ていた。

食事を終えドライブしながら

「最近セッ●スしてるの?」と聞くと「年上だから元気がないわ」とあっけらかんと答えた。

「付き合っていた頃はセックスまでいかなかったね。少しホテルで休もうか」

と思い切って誘うと「ダメッ 人妻よ」と口では抵抗していたがホテルの駐車場に入ると素直についてきた。

部屋に入り「ダメよ ダメッ」とつぶやいている充子にシャワ-をすすめた。

先にシャワ-を使い、ベッドで待っているとバスタオルをつけた充子が隣に滑り込んできた。

抱き寄せると少し震えているようなので「初めて?」と聞くと「旦那以外は初めて」と顔を埋めてきた。

バスタオルを剥ぎ取り程よい大きさの乳房を揉み舌を絡ませたキスを楽しんだ。

充子の体を撫で回し足を少し開かせ中心部の生膣に指を這わせるといままで我慢していた充子が

「ウッ・・ウウッ アッア~ アッそこっ」と艶声でしがみついてきた。

体をずらし充子の生膣に顔を近づけ足を大きくM字開脚した。

「イヤァ~ 恥ずかしい・・・」と言う艶声を聞きながら一気に生膣とクリト●スを舐め回した。

「アアッ イッイイッ~ アッ アッ すっすごい~」と大きな艶声を出し続ける充子の淫靡な生膣をたっぷり味わった。

「硬くして」と陰茎を充子の顔に近づけると気だるそうにフ●ラを始めた。

人妻充子のフェラを鑑賞しながら味わい少し意地悪く

「硬い?・・・旦那より大きい?」と聞くとフェラしながら頷くので充子のM字開脚した両足を持ち上げ

生膣にフェラでカチカチになった陰茎をあてがい腰を落としながら充子の生膣を生で味わった。



「えっえっ・・ゴムっ~」と言いかけた充子は程なく

「アアッ アッアッ イイッ~ アウッ アアッ~」と充子の生膣深く陰茎を挿入すると大きく淫靡な艶声を部屋に響かせ始めた。

「こっこんなの初めてェ~」と口走る充子の生膣を正常位、側位や屈曲位でたっぷりと堪能し充子に覆い被さりながら

子宮に届けとばかり生膣深く挿入し

「いきそうだ いっしょにいこう」と告げると

「アアッ ダメッ 中は~ アッイイッ イクッイクッ」としがみついてきた。

「中に・・・イクッ」と告げ充子の生膣深くたっぷりとドクッドクッドクッと子宮にザー●ンを浴びせかけた。

「アアッ~ アッ アアッ~ イクッ~」と眉間に皺を寄せ大きな艶声を出しながら充子も同時に達した。

管理人からのお知らせ

ワードプレスに移行中です。

まとめサイト連合に加入させて頂きました。



SEO対策、デザイン等、収益化のためのツール等が無料で配布されているものになります。



収益、PV両方上がると思いますのでご興味がアレば連絡お待ちしております



hijiki.blog@gmail.com



月別アーカイブ
アクセスランキング
歴代はてブランキング
管理人へメッセージ
Facebook
RSS
最新コメント
アクセスランキング
アクセスランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
記事検索
スポンサードリンク
ゆるりとひじきのQRコード
QRコード
最新記事
スポンサードリンク