数々のサークルの男子後輩をてなづけて来た伝説のお姐さん

0
大学に入学して最初に入部した文化会の部とは別に、2年生になった頃、もうひとつ別のサークルにも入部した。

部員数は50名くらいだったかな。活動内容は、とっても特徴的なので。もしかしたら、それが元であたしの大学がバレるかも。なので、ここでは発表しませんが^^

4年生の頃。あたしの彼氏さまは、卒業後に留学してしまって。。

留学後1年くらいは連絡を取り合っていたんだけど、なんとなく音信も途絶え気味になり。自然消滅?という流れに入っていました。
> そういう噂はどこから広まるのか。

リサとその彼氏は破局したという説が

サークル内の通説になっていました^^;



そのサークル内に、雅彦君という当時2年生の後輩がいました。

東北出身。ご当地では県下一番の進学校出身だそうで。。

入部当初は、俺が一番だ!と、とても威勢の良い子でしたが、

渡る世間は広いもの。。

周りにいるツワモノに早くも飲み込まれ。。意気消沈。

そのまま幽霊部員になるかと思いきや。。

見事な転身、筆頭宴会要員に路線変更。

まぁ。。とっても元気な子で。。実は性格も良いし。

あたしの中では高感度No.1の後輩でした。



あたしの容姿がそうさせるのか、性格がそうなのか。。

特に男子の後輩からは「姐さん」と呼ばれていた。

それに呼応するように、あたしもそんな男子の後輩に対しては、

名前を呼ぶときは呼び捨て^^;

雅彦君も例外ではない。。仮に「龍平」としておきましょう^^



ある日、学食で食事をしていた時のこと。。

龍平があたしの席の向かい側の空席にやってきた。。





「ちーっすっ!」



「姐さん!今度の土曜日ヒマっすか?

ケンの家で飲むんですけど。。メンバー、俺入れて5人。

みんな姐さんにも来て欲しいって言うんで」



『ん。。時間は。。あるけど』



「マジっすか!!やった!姐さん、なんも用意いりませんから。

手ぶらで来てください! 」



『そんなわけいくか!

後輩の飲みに誘われて、手ぶらで行けるわけないでしょ』



「申し訳ないっす!みんなすげー喜びますよ。

じゃぁ、ケンの家案内しますから。。

土曜日夕方6時に、渋谷ってことでいいっすか?」



『うん。。わかった^^ いいよ♪』



龍平は声が大きいんだよねぇ。

用件済ませて去っていった彼はいいわよ。。

その場に残されたあたしは。。「姐さん」なんて呼ばれて。。

しばらく周りからの好奇の目に晒された。。



当日。。土曜日6時、渋谷。。

タンカレーのジン1本、おつまみ数点を購入し待ち合わせ場所に。



人の目の識別能力というものは、本当にすごいものね。

目の前にいる数百、数千の顔の中から、

お目当ての顔を瞬時に見つけるんだもんね。

満面の笑みを蓄えた龍平の顔だけが目に映った。



「お待たせしましたぁ!さ、行きましょう!!」



『んと、どこなの?ケンのお家って』



「たまプラっす。田園都市線ですよ」



『ふーん。。そうなんだ。ここからどのくらいかかるの?』



「30分くらいじゃないかなぁ。

駅からは近いし、40分後くらいには到着っすよ^^」



電車の中。。

田園都市線なんて、しばらくぶり。。

用賀に住んでる友達んちに行った時以来かな。



「姐さん、知ってます?ケンと美里って付き合ってるんすよ!」



『ねぇ?龍平は声が大きいんだよぉ^^;

公衆の面前で、その姐さん呼ばわりはやめてよぉ^^;』



「あ、ごめんなさい^^; 俺、声大きいっすか? 」



『声も態度もね。。』



「態度もっすか!!」



『しっ!マジで、音量落として^^;』



『で?。。なになに、あの二人付き合ってるの?』



「そうなんすよ。。

2ヶ月前からなんだって。マジ知らなかったし」



『へぇ。。あたしも知らなかったなぁ。。』



「今日は美里も来るから、説明してもらいましょう!

ところで、姐、いや。。先輩はさ。。彼氏さんと別れたってマジですか?」



『どうもそういうことになってるみたいよねぇ。

お互いに、別れよう!って明言はしてないんだけどね。。

別れちゃったのかもねぇ。』



「なんか、ずいぶん他人事じゃないですか^^;

彼氏は新しく作るんすか?」



『うーん。。別に今は考えてないかなぁ』


出会い系でモンスターに軟禁されてしまった

0
1: 以下、ソニック速報からお送りします 2016/05/05(木) 21:34:35.28 ID:LmIrCJK3.net
出会い系に巣食う肉ダルマに遭遇した話
2: 以下、ソニック速報からお送りします 2016/05/05(木) 21:36:21.51 ID:LmIrCJK3.net
あれは20才の頃、おれは出会い系とやらを始めた、昔の規制は全くなしの掲示板的なやつ

とにかく性欲が湧き出て止まらないおれは、出会い系で解消しようと思ったんだ

しかし、なかなかメールが来ない

星の数程いる男の中で、向こうは選びたい放題なわけだ、女の圧倒的売り手市場‥
その中を射止めなければならない
しかしなにも武器、手持ちのカードがないおれにとってはそれがかなり難しいことに気付く

そんな中で、ようやくメールが来た
3: 以下、ソニック速報からお送りします 2016/05/05(木) 21:36:33.90 ID:9OVokkYR.net
これからボストロール系肉便器と一戦交える予定の俺としては興味深いスレ
4: 以下、ソニック速報からお送りします 2016/05/05(木) 21:37:12.27 ID:LmIrCJK3.net
四苦八苦の中でようやく差した光明…っ!

とりあえずメールをする

おれより2つ上、写メを見たが…う~んまぁまぁ?な感じだった

以下そいつの名前をジャバにする

まぁ写メなんてわかりずらいしそこそこだったらいいや、という安易な気持ちでジャバとメールを何通か交わした

思えばここから重大な間違いを犯してることにはこの頃まだ気づかなかった
5: 以下、ソニック速報からお送りします 2016/05/05(木) 21:37:57.42 ID:MsE+NXjA.net
卵子も射止めたわけだ
6: 以下、ソニック速報からお送りします 2016/05/05(木) 21:38:13.56 ID:7r9vOMvB.net
軟禁にたどり着くビジョンが見えない


あまりにも同僚の胸元が輝いていたので、目がいってしまい・・・

0


前にあった話。ほぼ実話です。





会社で席変えがあって、別の部署の女の子と隣同士になった。

その子は2つくらい歳下の25歳。

うちの会社にいるのが信じられないくらいの美人。



仮名をナオとする。



最初の方は緊張していたが、毎日話をしているうちに少しずつ親しくなり、1ヶ月目には友人と言ってもいいような状態。





その時点で分かっていたこと。



・彼氏がいる

・あまりうまくいっていない

・最近ヒマ





これらを考えたら、普通の男ならアタックする。

俺も例に漏れず、探りを入れていく。



「ナオちゃん、最近面白い映画とかある?」



とか



「休みの日、何すんの?」





とか。



彼女の予定を確認し、彼氏との間に入り込む隙が無いかを確認する。



そんな時たまたま話題の店の話になり、会社帰りに寄ってみようか、という事に。

表参道にあるその店の閉店に間に合うよう、早く仕事を終わらせよう、というところまで話がついた。





俺はもう、うきうき。

こんな美女、街を歩いてたってなかなかお目にかかれない。

それを、彼女と2人で表参道を歩く...



周りの人間にはカップルにしか見えないだろう。

そして、チャンスがあればそれ以上...





仕事をしながら、そんなことばかりを考えていた。







夕方頃、彼女から話掛けられた。



「すみません。。ちょっと、見てもらっていいですか?」





エクセルの操作方法についての質問だった。



「あ。いいよ。」



俺はノリノリで席を立つ。

中腰になって彼女の席の画面を見た。



不明点はすぐに解消した。

ピボットテーブルの設定方法を教える。

課題はすぐに解決しそうだった......





が、



「分かった?」



と彼女の方を見た瞬間。



(!)



胸元が甘い事に気づく。

ベージュ色の上着の胸元がぱっくり開いてこちらを誘う。



(見えそう....でも....ばれたら...)





究極の選択。



少し離れていたら、知り合いでなければ、それに夜のデートの予定が無ければ...

遠慮無くその谷間を覗いたに違いない。



だが、その時の条件は厳しい。

隣同士、至近距離、夜に約束している....



(どうしよう....)





とコンマ何秒かくらいの瞬間で悩む。

だが、男の本能は止められない。



(ああ.......)





と心の中で呻きながら視線を移す。





...白いブラの端。

そして、柔らかそうな膨らみが見えた..





(あああ...)



心の中で喘ぐ。

それ程大きくは無いが、美しい顔、スレンダーなモデルのようなスタイルには似合いのものだった。

じっくり、目に焼き付ける。



だが、幸せは長く続かなかった。



彼女が俺の視線に気づく。

そして、その意図を理解したのか、



ばっ...



と、姿勢を変えて胸を覆い隠す。





(ああっ....気づかれた)





と悲嘆するも、顔には出さない。笑顔で



「もう..いいね...」



と話かける。



ナオちゃんの顔は少し真面目な顔だった。



だが、彼女も大人。

あからさまには態度に出さない。



「はい。ありがとうございました」



とお礼をしてくれた。





その後、席に戻った俺は彼女がどう考えているかを思い、悩んでいた。



(絶対、絶対、変態だと...思われてる...どうしよう..)





夜のデートも、それから後の計画も全てが台無しになりそうな予感がした。



(夜の予定も何か理由つけて断られそう...はあ..)





自らの一時の欲望に負けたことを後悔した。

時折、ちらっ、ちらっと隣を確認するも、真剣に画面を見ている。



本当は



「今日、表参道行くの、大丈夫だよね...」



と聞きたかったが、俺のメンタルでは到底クリアできそうになかった。



だから、会議、と称して席を外す。

近くの喫茶店に行き、2時間くらい悶々と燻っていた。





19時前に席に戻る。

遠くから自席の方向、隣のナオちゃんの姿を探すもいない。



(ああっ...もしかして..)



あの事を気にして、怒って、黙って帰ったと思った。

ナオちゃんの事は隣で日常会話をするくらいの関係だが、感覚的にはすごく真面目な娘だ。

際立つ外見、明るい髪の毛の色から想像もつか無いほど、古風な感じ。



だから、胸元を覗かれた事へのショックは大きいのか…



オフィスの入り口で立ち尽くし、惘然とそんな事を考えていた。







だが、席に近づくと、彼女の座席のパソコンの画面はまだついていることに気づく。



(よかった....)





ほっ、と安堵して自席に座り、パソコンをいじる。

だが、黙って帰っていない、と言うだけで嫌われていないという保証は無い。

この後、帰り間際にだってキャンセルの申し出がある事も十分に考えられる。



「やっぱり…今日…やめときます。すみません!」



行こうか、と誘った瞬間に彼女がそう断りを申し出る光景が目に浮かぶ…

もう、気もそぞろで仕事の事など頭に無い。



(ナオちゃん…どこに… どうかな…どうかな…)





しばらくして、メール確認のログインをしている時に後ろの方から声を掛けられた。



「あー。」



「まだ仕事してる。早くいかないと、閉店しちゃいますよー」



(!!!!)





振り向くと、にこやかな彼女の笑顔があった。



(あああああ....)



救われた..と思った。

その時点では。



アパートに帰ってきたら、おかんが他の男と合体してるんだけど・・・

0
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 08:01:51.77 ID:vJkA2qzv0
俺の住んでるアパートで不倫しててワロタwwww
俺が大学に行ってるから分からないと思ったとか行っててワロタwwww
てめえ先月閉経したとかいっといてそれか死ねよクソアマ
3: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/12/16(月) 08:02:39.65 ID:nAiTatNY0
子は親の鑑
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 08:03:52.79 ID:ENhijP200
母ちゃん元気だな
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 08:02:56.68 ID:ZzWik8pD0
いや息子なら関係なくね
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 08:03:01.61 ID:dYhLNJGv0
ワロタ
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 08:03:57.15 ID:wfg2qFldP
ワロタ…
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 08:04:01.14 ID:lduFJF7KP
かあちゃん大事にしろとか言いに来たけどこれはさすがに擁護できない


あまりにも気持ちいいので、幼馴染の胸をずっと揉んでいたら・・・

0


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 01:47:13.74 ID:ZCS0VROTO
幼馴染「生理前になると張って硬くなるんだよね。触ってみる?」

男「硬くなる前も触らないと、違いが分からないだろ」モミモミ

幼馴染「それでも触るんだ」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 01:54:37.64 ID:ZCS0VROTO
幼馴染「あんまり刺激すると乳腺肥大しちゃうから止めてよね」

男「じゃあ弾力を楽しむ」ポヨンポヨン

幼馴染「人の話聞いてる?」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:01:08.56 ID:ZCS0VROTO
男「乳腺肥大するとどうなるの?」ポヨンポヨン

幼馴染「胸が張って大きくなる」

男「それは良い事を聞いた」ポヨポヨポヨポヨポヨ

幼馴染「でも一時的なもので、張った時に細胞伸びる危険性があるんだよね」

男「伸びる?」ポヨポヨポヨポヨポヨ

幼馴染「最悪垂れるの」

男「……」ピタッ

男「ごめん……ごめんよぉ……」ナデナデ

幼馴染「胸を撫でながら謝るな、ばか」




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:05:08.05 ID:ZCS0VROTO
男「しかしさぁ……」ナデナデ

幼馴染「なに?」

男「こんだけ触ってるのに反応無いのは悲しい。幼馴染ってフカンショー?」ナデナデ

幼馴染「フツーに気持ち良いよ?」

男「嘘だー」ナデナデ




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:07:48.35 ID:ZCS0VROTO
幼馴染「男、AV見過ぎなんじゃない?」

男「俺はエロマンガ派だよ」ナデナデ

幼馴染「うわぁ……」

男「まあ引くよね」ナデナデ




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:08:50.22 ID:mrRjW9kB0
このやりとりいいなwww




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:11:43.02 ID:ZCS0VROTO
男「気持ち良いなら、こう……、変な声とか出ないの?」ナデナデ

幼馴染「エロマンガの件流そうとしてる?」

男「まあまあ」ナデリナデリ

幼馴染「……いいや」

幼馴染「確かに気持ち良いけど、声なんて演技でもなけりゃ出ないよ」

男「マジでっ!?」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:14:15.47 ID:ZCS0VROTO
男「ショックだ……アヘ顔ダブルピースなんて無かったんや……」

幼馴染「アンタどんなの読んでるのよ……」

男「聞きたい?」

幼馴染「止めとく」

男「むむむ……」




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:14:49.54 ID:XsbbIfj50
なんだろこの抜けそうで抜いちゃいけないかん




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/09(月) 02:19:29.25 ID:ZCS0VROTO
男「エロマンガって言っても、俺は純愛派だから」

幼馴染「純愛? ジャンルとかあるんだ」

男「そりゃあ、ね。非リアルだから豊富だよ。純愛、近親、その他諸々」

男「ただ、純愛だと思って読んだらNTRだった時は……」

幼馴染「どしたの?」

男「今日もNTRで出来た傷をヤンデレで癒す仕事が始まるお……」






職場女子「喋ってくるな、目も合わせるな」イケメンでないととんでもない扱いを受ける・・・

0
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 11:59:58.35 ID:TSUsqZSc0
できればこっちを見ないでくださいって言われたんだけど

イケメンじゃなかったら女の子と話すことすら許されないの????

なんで?ねえなんで??
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 12:01:05.49 ID:U0idTL3v0
モラル・ハラスメント

・・・言動や態度で相手を精神的に傷つける嫌がらせ。
ハラスメントのほとんどがモラハラに含まれる。ちなみにモラルハザードは全然意味が違う。

例:「お前キモいから話しかけないでくれない?w」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 12:01:06.68 ID:NiiCldtG0
泣くなよ
お前は悪くない
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 12:09:52.30 ID:TSUsqZSc0
>>3
ありがと
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 12:01:23.23 ID:9vqP6S2b0
イケメンとかブサイクとかじゃなくて、表情が気持ち悪いとかだと思う

ニターとした薄気味悪い笑顔してない?
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 12:09:52.30 ID:TSUsqZSc0
>>4
笑顔には気をつけてる
さわやかな笑顔の練習とかしたよ
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 12:01:36.54 ID:oTiLcaQf0
答えは自分の胸に手を当てて考えればすぐ分かるさ


全裸トランポリンでがんがん弄られてしまった話

0



中2の時、目をつけられてた先輩に、全裸でトランポリンに縛りつけられて、男の先輩達も呼ばれていたずらされまくった。

女の先輩の方がひどくて、ぱしりに液体チョコを買ってこさせて私の胸とあそこに流して、男の先輩になめさせた。

処女の私でもさすがに執拗な攻めに濡れだして、変態呼ばわりされ、最後には女の先輩達が選んだ一番あそこの大きな先輩に、容赦なく貫かれた。

初めは痛かったけど、途中から気持ち良くなってきて、女の先輩達が「みんなでやっちゃいなよ!」って言い、5、6人に何回もされた。口にも入れられた。

写メを撮られて、その後も呼び出されたりしてた。

女の先輩達だけに家に呼ばれて、毛を剃られたり、おもちゃを使われたり、なめられたり、おもちゃにされた。何回イクかとかされた事もある。

 

今思えば主犯の先輩は、レズっ気だったんだと思う。

私が気持ち良くなればなる程、喜んでた気がする。

色んな男とやらされてる最中も、電マやらおもちゃで、私を攻める事を止めてくれなかった。

 

一度だけ、呼び出しに応じなかった時に激怒した先輩は、一晩中私を攻めまくった。おしりもされた。

何人いたか覚えてないけど、縛られ、前にも後ろにも入れられ、すごい体勢で胸にも挟まれ、先輩は、おもちゃや薬を塗りたくる。

二度くらい失神した。

 

セックスもだけど、あまりに快感を与えられすぎたので、すごく開発されてしまいました。

3穴同時~!とか、笑いながらされてましたもん。

あらゆる場所をイカされたり、「今日は10回イクまで帰さない」とか、とにかくおもちゃにされてました。

 

最初のきっかけは、恐い先輩の好きな男が私を好きだとか、思春期らしいねたみだったのですが、

その男に先輩が告った時に「○○っていう子が好きだし、非処女はちょっと…」とふられたらしく、たぶん腹いせですね。

「あんた処女?好きな男いる?」って呼び出されて聞かれた事がありました。

何度か呼び出され、正座させられて、あれこれ文句をつけられて、ただひたすら「すいません」って言っていよう。ってかんじでいて、

 

ある日、制服を脱がされて、下に着てた体育着だけにされた時、「処女のくせに発育良さすぎ!」等言われて胸を鷲掴みにされたり、定規でお尻を叩かれたりはしてたのですが。

その次には、まわされました。

初めて私を貫いた人には「おれの彼女」と言いふらされ、「否定したらバラす」と脅されてました。

 

変わった人も居て「おれの腕にこすりつけてくれー」と、おもちゃを挿れられ、濡れ続ける私を腕にまたがらせて何人もの手で前後に揺さ振られたり。

気持ちよがればよがる程、複数の男女の歓喜に包まれるのです。

時には「イクまで舐めろ」と、女にもなめさせられもしました。

男女複数居るのだから、それぞれですればいいのに、みんなが私だけに集中するのです。

 

私って、いじられ体質?

やせてるのにD。上から83・56・85色白、華原朋美似。身長155、髪サラサラ。あそこは黒い。

平凡に生きたいだけなのに。

彼氏が一人いればいいのに。

 

実は昨日、彼氏に合コンでの事が伝わり、「そんな女じゃないと思ってたのに」とふられました。

だから、カミングアウトしまくって消化するつもりでここにきてます。

なんでも答えちゃいます。

 

初めて貫かれてしまったその日は、いつもの部室と違って体育倉庫でした。

「脱ぎな!」って、いつもの顔触れ(女5人)に言われ、嫌がると蹴りを入れられ仕方なくセーラーを脱ぎ体育着になると、「全部だよ!」って怒鳴られる。

下着になった時点で「勘弁してください」と土下座をしても、「全部って言っただろ!」とサッカーボールを投げられた。

泣くのは悔しくて、がまんしながら全裸になると、「でかいじゃーん」って、胸をつねられた。

「やめてください」しか言えなくていると、「トランポリンの上に寝なよ」って言われ、座ると押し倒されて、3人に手足を押さえ付けられ、叫んだら口に私の靴下を詰められた。

1人に両乳首をいじられ、1人にクリトリスをつままれて、ビクッとなった時に涙が出てきた。

 

ひもで縛り付けられると、1人が出て行った。

クリトリスをいじられ「うっうっ」と声が漏れると「あんた感じてんの?オナったりしてんじゃないの?」と、嘲笑される。

しばらく乳首とクリトリスをいじられ、

A「おっ!濡れてきた。ほんとに処女かよ」

B「確かめちゃいなよ」と胸を鷲掴みにしながら言うと

A「初めてが女じゃかわいそうでしょ」と笑う。

 

その後もしばらくいじられ、私のあそこはすごく濡れた。

口の靴下を取られても、嫌がると言うより、恥ずかしいのと気持ちいいのとで、「うっうっ」と声を洩らした。

ジーンと痺れる感覚に教われかけた時、出てった女が「こんなに居たよ(笑)」と、何人かの男を連れて帰ってきた。

「いやー!見ないでー」と叫ぶ私の足を、開脚する様に縛り直し、

「処女のあそこ大公開!」

「しかもアイドリング済。濡れ濡れでーす!」と笑う。

 

男からは「おー!やべえ!」

「お前らひどいなー」

「俺が濡らしたかったー」

「濡れるとこ見たかったー」

「おっぱいでけー」と歓声があがる。

恥ずかしくて目をぎゅっとつむり続けた。

 

胸にむしゃぶりつかれ、ふとももを撫で回され、男の一人が「入れていい?俺、この子に目つけてたから、俺が処女奪いたい頼むよA」と聞こえた。

A「だめだめ。まだ処女なんだから。あたしは処女のくせに感じてるコイツが見たいの!」

A「あたしすっごい事思いついちゃった。ちょっと買い物してきて!」と誰かになんか頼む。

「すげえ!すぐ買ってくる」と一人が出てった。

 

その間も、今度は主に男に胸やクリトリスをいじられる。女とは違う。

思わず「あっあっ」と声が出てしまうと

A「声出てきた!もっとしなよ!」と煽る。

その頃には、恥ずかしいのに加えて気持ちいいという感覚も覚えてきてしまってた。

どうしよう。いやなのにどうなってるの?と思ってた。

 

がらっと扉が開き、「買ってきた!」と誰かが帰ってきた。

「エロ本でしか見たことねーよ!すげえ!」と歓喜があがると、私の胸とあそこに何か液体が垂らされた。

甘い匂いか漂って、すぐにチョコだときづいた。

こんなにまでいじられても、舐められはしなかった私のあそこ。

「俺が一番ね」と誰かがひと舐めしてきた。

生まれて初めての舌の感触はザワッとした。

それまで散々いじくり回されてしびれていて、「ヒァ」と声が出てしまった。

 

一度ひわいな声が出てしまうとそれからは声がとまらなかった。

「チョコ塗られて舐められて感じてるよコイツ!変態(笑)」と女達が嘲笑する。

「新チョコだ!ちょーえろい!」と胸とあそこを舐め回される。

 

「俺も俺も!」と代わる代わる舐め回され、チョコがほぼ舐めつくされると、

女の誰かが「誰かコイツ、イカしちゃってみせてよ」と言うと

「じゃぁ俺が!」とクリトリスをひと撫でして、「お前ら乳首を舌の先だけでチロチロ舐めろよ」と言うと、

ビクンッとなってしまうソフトタッチで両乳首をチロチロ舐められ、

クリトリスは、私から出続けるヌルヌルの液体をたくさん塗られ、ソフトタッチで擦るような感じで高速に指が動かされた。

 

あそこが熱くなってくるのを全身で感じ、ジワーンとしてきて、爪先に自然と力が入り、頭の中が真っ白になると同時に、ビクンッとして全身に動悸が走った。

「うわ!この子、2分もしないでイッちゃったよ。エロい体だなぁ!」と言い、歓声があがる。

波打つ快感に、恥ずかしくてぎゅっと目をつむって涙を流していると、誰かがクリトリスをつまんできた。

私が何か叫ぶと、「かぁわいぃー!たまんねー」と、更に激しくいじられて、またすぐにさっきの感覚が戻ってきて、昇りつめてしまった。

 

しばらく脱力していると「誰が一番でかいか」と、話しているのが聞こえた。

「あんたが一番でかいね」とみんなで笑いながら話している。

A「一気にいきなよ!」と聞こえると、膝を曲げてひきずられ足を大きく開かれると、ドンッと何か衝撃がきて、激痛が脳天まで走り「ギャーっ」と叫んだ。

しばらく何かが出入りする度に痛かった。

 

「すげぇ濡れてるから超きもちいー!もぅイキそう」と言うと、動きが早くなった。

すると、どこか、気持ちいい場所に当たってきて、悲痛の声は「あっ」と、いやらしい声に変わってしまった。

すごい早さで動かれたすぐ後に何かは引き抜かれ、お腹の上に液体が放出された。

 

「血が出てるよ。喪失おめでと!」とA先輩に言われ「死んじゃえ!ばか!」と叫ぶと頬を叩かれ「気持ちよがってたくせにむかつくんだよ!」と怒鳴られた。

別の女が「みんなでやっちゃいなよ!」と言うと、次の人がすぐに入ってきた。

さっきあんなに痛かったのに、ちょっと気持ちいい。いやらしい声が洩れる。

「実はコイツ好きモノなんじゃん?調教調教」と女が笑う。

動かれてる内にほんとに気持ち良くなってきて、次の人の頃には声が出っぱなしになっていた。

次の人が入れる前に拘束が解かれ、後ろから入れられた。

 

ひと通り終わると疲れからか、ぐったりとした。

女が「コイツ、まだイクのかな」と言い、クリトリスを女に攻められた。

さんざんの行為の後のそれは、気持ちいい事を抵抗する気にもならない程気持ちよくて、またイッてしまった。

その時、無意識に「だめ!またイッちゃうから!」と叫んだらしく、携帯のムービーに録画された。

「あー面白かった」と言い、「ムービー撮ったから。人に言ったら流すからね」と脅された。


縁故入社を希望して入ってきた新卒がそのまま採用されて、数々の伝説を残して半年で辞めていった話

0
1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)20:35:52 ID:S1q
新卒3年目
辞めた同期は半年でやめてった
色々おかしい奴だったから聞いて欲しい
2: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)20:36:16 ID:ctp
よいぞ
4: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)20:36:31 ID:S1q
>>2
ありがとう
3: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)20:36:25 ID:S1q
ぶっちゃけ言うと職場の愚痴とかじゃなくて単純に同期が今思えばおかしい奴だったから聞いて欲しい
7: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)20:39:32 ID:S1q
同期と初めて出会ったのは集団面接のときだった
1人づつ志望動機をあげていってたんだがそいつだけハッキリと
「縁故入社希望です!御社の創設のさいに私の曽祖父が~円出したと聞いております。今その借りを返して頂きたいと思います。」
とか言い出した。
ウチの会社は多分名前は聞いたことがある人は多いと思う。
歴史も長い。
俺はそのとき「ぜってえ嘘だろ」と思った。多分面接してた人事もそう思ったはず。
5: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)20:36:58 ID:23T
期待


ラジオにイラストを投稿して、毎週採用されるもんだから、調子乗って漫画家と嘘ついたら、公開収録に呼ばれたんだけどwww

0
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 02:30:25.44 ID:Fs193yXx0
エイプリルフールという事で
嘘をついた話を告白。

俺は当時17歳。
高校の漫画研究部ではまあまあ上手いほうで、ゲーム雑誌の常連はがき職人だった。
俺は調子に乗って「色んな編集部から仕事頼まれてる」「ジャンプから連載の話持ちかけられてる」
とかふかしまくってた。
ちなみに画力は今で言うとPIXIVでも「あー勘違いしちゃったんだね・・w」みたいな感じのレベル。
下手な上に寒い感じの絵柄。
(ちなみに今現在は絵は書かない。車の販売)

そんな俺には毎週楽しみにしているものがあった。
若手の声優がMCを務めるラジオ番組だ。
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 02:34:15.05 ID:8nwMBcSOO
これは期待


奨学金の返済を止めていて、現在の返済額を電話で聞いたらとんでもない額を払わないといけないことになっていた

0
1: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/09/05(水) 15:16:26.641 ID:q7oi2I2Sa
今日聞いたら残り66万ですって言われてクソワロタ
クソワロタクソワロタクソワロタ
2: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/09/05(水) 15:17:08.586 ID:q7oi2I2Sa
66万って…
3: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/09/05(水) 15:17:32.093 ID:b+XZTbTe0
ぶっちゃけただの借金だからね
7: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/09/05(水) 15:18:37.974 ID:q7oi2I2Sa
>>3
マジでそれ痛感した
倍以上に膨れ上がってて笑うしかない
16: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/09/05(水) 15:20:47.292 ID:41GNXBY20
>>7
今からでも返済延滞願い出せよ
4: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/09/05(水) 15:17:37.182 ID:q7oi2I2Sa
ストレスでハゲそう
6: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/09/05(水) 15:18:09.628 ID:NnzwovEBM
金返せないような大学行くからだぞ


管理人からのお知らせ

ワードプレスに移行中です。

まとめサイト連合に加入させて頂きました。



SEO対策、デザイン等、収益化のためのツール等が無料で配布されているものになります。



収益、PV両方上がると思いますのでご興味がアレば連絡お待ちしております



hijiki.blog@gmail.com



月別アーカイブ
アクセスランキング
歴代はてブランキング
管理人へメッセージ
Facebook
最新コメント
アクセスランキング
アクセスランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
記事検索
スポンサードリンク
ゆるりとひじきのQRコード
QRコード
最新記事
スポンサードリンク