33af9920042185l
1: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 02:04:32.25 ID:QCUtvOzU
書かせてほしい


2: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 02:08:55.94 ID:GWWjrE3f
もう寝るけどどうぞ


3: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 02:10:38.19 ID:QCUtvOzU
俺(26)
地方住み
女と別れてから彼女なし

女(25)
都内住み
彼氏は今はいないらしい


俺と女は中学の先輩後輩。
俺の方から好きになってオッケーもらって俺が14の時から3年付き合った。
ありがちだけど女が高校入学して環境変わって振られた。



4: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 02:17:44.56 ID:QCUtvOzU
ありがとう書き溜めしてないからゆっくりになるけど

その後俺は東京の大学に進学。
女とは連絡取り合ってなかったんだけど女も関東に出てきていることを風の便りで聞いた。
いてもたってもいられなくて、昔やり取りしてたPCのアドレスにメールした。
返信は期待してなかったんだけど数日後に連絡が。すごい嬉しかったのは覚えてる。
色々やり取りするうちに一度会う流れになった。恋人がいるかどうかは怖くて聞けなかった。
向こうも何も聞いてこなかった。



5: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 02:25:21.39 ID:QCUtvOzU
毎日他愛もない話をしながら会う日取りを決めた。昔に戻った気分だった。
付き合っていたのは中学の頃で、その頃田舎の中学では誰も携帯なんて持ってなくて親のPCでメールのやり取りをしてて。
学校では照れくさくてなかなか話せないぶんメールが大事なコミュニケーションツールだったんだけど、親の目があるからPC使える時間は限られててそれがもどかしかった。

会う約束をした日の三日くらい前、いつもなら連絡が来ないはずの時間にメールが来た。

恋人がいるのでやっぱり会えません。メールももう迷惑なのでやめてください。

うろ覚えだけどこんな感じの内容。



6: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 02:26:10.80 ID:UhgU6dQV
みてる



7: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 02:33:53.75 ID:QCUtvOzU
悲しい反面、やっぱりか、と思った。

女は高校に入学してすぐ他に好きな人ができたと言って俺に別れを告げた。
その時も同じように悲しいけど、予想通りだと思った。自分にそう言い聞かせたかっただけなのかはわからないけど。

ほんのすこし期待してた分ちょっと泣きはした。でも女と昔みたいにメールできた日々は俺にとってすごく楽しいものだったから、ありがとうと最後に送ったんだけど既に受信拒否されてたみたいでそれが彼女に届くことはなかった。
これが五年前の話。



8: にゃんこ ◆gUCAdwv0U.HU @ 2017/05/08(月) 02:34:34.53 ID:0tvi3S87
おつかれぴ


9: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 02:43:45.36 ID:QCUtvOzU
長くなりそうだから女のことはれいって書くね。岡本玲に似てるから。

それからは徐々にれいのことを忘れるでもなく、ずっと引きずり続けるでもなく、たまに思い出してた。
れいと会う約束してた場所に行ってみたりもした。こう書くと未練たらたらみたいなんだけどそういう感情とも違うんだよな。
もう完全に諦めてはいて、手に入れたいわけじゃないんだけどどこかで繋がっていたいというか。余計キモいか。
れいと別れてから何度か他の女に惹かれたこともあった。でも付き合いたいとまでは思わなくてのらくらしてるうちにみんなどうでもよくなっていった。
れいのことを今でも好きなのかはわからないけど、あの頃のれい以上に好きになれる人はできないだろうなあとなんとなく思ったりもした。



10: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 02:50:24.91 ID:LeueDuYa
ひたすら気持ち悪い


11: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 02:57:01.01 ID:QCUtvOzU
大学を卒業した俺は就職で地元に帰ることになった。恋人はいない、友達も数人、東京に未練はなかった。れいのことを思い出したのかもしれないが正直覚えていない。

地元に帰ってからは平凡な日々だった。仕事をして週末は趣味に没頭して…そこそこ出会いはあったと思うが恋人は相変わらずできなかった。これといって辛いこともなければ楽しいこともなく、刺激のない毎日。
そんな生活を3年くらい。変化は突然やって来た。

LINEの友達かも?にれいの名前があった。
アイコンは大分印象が変わってたけどれい本人で、顔を見たのはそれが九年ぶりだった。
相変わらず可愛いなあ、彼氏に撮ってもらったのかなあ、元気そうでよかった、色んな気持ちでいっぱいだった。



12: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 03:05:35.56 ID:QCUtvOzU
正直またれいと連絡をとりたかった。でもきっぱり振られてる身だし、なんだかんだれいにとらわれてる自分が嫌だったから、見なかったことにして削除した。元気なのがわかっただけで十分だと思うようにした。

それからどれくらい後かは忘れてしまったけど、深夜に唐突にLINEの着信があった。
画面にはれいの名前が表示されていた。
もう訳がわからなくなってただ鳴り続けるスマホを見てた。そのあとメッセージが来るわけでもなく、れいからの連絡はそれだけだった。



13: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 03:06:05.27 ID:wV4u8bI8
ふむ


15: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 03:15:33.48 ID:QCUtvOzU
間違い電話だったのだろうか、はたまた酔った勢いか。
色んな想像をしたけどしっくり来なかった。
せっかく地元で平凡な生活に落ち着いて、穏やかな日々を送っていたのに、なぜそれを乱すようなことをするのか。れいに対して若干苛立ったりもした。

自分で考えても埒があかなかったから友人に相談したら笑い飛ばされた。
ただの女の気まぐれだ、暇なら付き合ってやればいいだけの話だと。
友人の言葉でなんだかふっ切れた気持ちになってれいにメッセージを送った。

久しぶり。電話どうしたの?

こんな感じだった気がする。



16: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 03:22:03.78 ID:QCUtvOzU
前メールしていたときとは違って、れいからはすぐに返信があった。
あなたの名前が出てきて懐かしい気持ちになって電話した、元気にしてますか、まだ東京にいますか、
そんな内容だった。

東京にはもういないこと、なんとか元気でやっていること、趣味も続けていること、色々報告した。

どうやられいはまだ東京にいるらしい。でも地元には頻繁に帰っているから、その時都合がつけば会えたらうれしい、そんなニュアンスのことを言われた。



17: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 03:42:02.91 ID:dPlig3dX
みてる


18: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 03:45:09.65 ID:QCUtvOzU
ちょっと堅い書き方疲れてきたから適当に書くすまん。

どうせ恋人がいるけどうまくいってなくて昔の男に連絡してきた、そんなとこだろうと思ったけどまあなんやかんやあってまた会う約束をした。

れいと連絡を取った二週間くらいあとにたまたま東京に行く用事があった。その事を伝えたられいから会いたいと言ってきた。また前みたいになったら、れいには今恋人がいるのか、何で俺と会いたがってるのか、色々考えたけどれいに会いたかったからもうどうでもよかった。
会ってあわよくば友達として付き合っていけたら、そう思ってた。



19: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 03:46:51.77 ID:o9DV0M+l
寝つけるまで見てやる


20: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 04:02:24.48 ID:QCUtvOzU
自分で書いたの見て思ったけどこれじゃ俺が何で中学のとき付きあってた女に未だに執着してるのかわかりづらいな…ちょっと過去の話も書かせてくれ。

俺小学生のときに父親亡くしてて。まあ親父が自殺したんだけど。
元々親父は不安定な人だったから家で暴れることも多くてずっと恐怖の対象だった。死んだ時は正直ほっとしたんだ。
でもそのホッとしてる自分に罪悪感感じたりして、中学上がった頃から軽く鬱みたいになってた。今思えばだけど。

そんなときにれいと出会った。れいは部活の後輩だった。
俺は部活ではいじられ役で先輩からも後輩からも茶化されることが多くてそういうときはずっとヘラヘラしてたんだけど、れいだけはなぜか俺に普通に接してくれた。
俺は部活終わりにいつも一人で部室でぼーっとしてたんだけどれいもよく部室に残って本とか読んでた。会話するわけじゃなかったけどたまに目が合うとにこっとわらってくれてなんかすごい癒されてた。



21: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 04:48:43.19 ID:fEMeKLqs
みてるよ


26: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 12:00:10.96 ID:QCUtvOzU
遅くなってごめん!ゆっくりだけど続き書いてく。

れいがモテる女だと気付いたのはれいが入学してから半年くらい経った頃だった。
部内にもれいのことが好きな男は何人かいたみたいだけど、れいは誰の告白にも応えなかった。

れいと部室に二人で残る日は週に二回くらいはあったんだけどある日を境にれいは部活が終わると急いで帰宅するようになった。
多少寂しかったけど深くは考えてなくて、またひょっこり部室に現れて中学生にしては小難しい本を真面目な顔で読み始めるだろうと呑気に思ってた。
ちなみにれいと俺が部室に二人で残ってても誰もとやかく言わなかったのは当事俺のことをめっちゃいじってくる女の先輩がいて、俺はその先輩のことが好きみたいな空気になってたから。れいとはほとんど話したことなかったし。



27: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 12:00:21.63 ID:P2Mmcqec

28: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 12:14:52.25 ID:QCUtvOzU
れいが部室に姿を見せなくなってから一ヶ月くらいあとかな、相変わらず俺は一人で部室にいた。部室から外を見てたられいが見たことない男といっしょに歩いてるのが見えた。
あー、そういうことかと。最近早く帰るのは他の部の男と待ち合わせて帰ってるからで、意識してたのは俺だけだったんだなあって。来るしかった。
このときはじめて俺はれいが好きだって気付いた。
思えば最初からずっと好きだったんだけど。俺自身好きってものがよくわからなくて、いじってくる先輩のことを好きなのかな~くらいに思ってたから自分でもびっくりだった。

俺はれいに手紙を書いた。手紙なんて書いたことなかったし、中学の俺にとっては女と付き合うとかよくわかんなかったからただれいのことが好きってことだけを綴った。



29: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 12:28:05.94 ID:QCUtvOzU
部活終わりにそそくさと帰ろうとするれいを追っかけて手紙を渡した。言葉が出てこなくて無言で突きつける感じになっちゃったかられいも戸惑ってたけど受け取ってくれた。
気持ちが伝えられただけで十分だった。欲を言うならまたれいと二人で部室で過ごしたいなあくらい。

手紙を渡した翌日、久々にれいが部室に残ってた。その日は本は持ってなかった。
頭ん中はれいのことでいっぱいなのに俺はずっと外見てた。れいはちょっと離れて俯いてた。
気まずかったけどなんか嬉しかったのを覚えてる。
沈黙を破ったのはれい。ぽつらぽつら話始めた。
先輩とこうして話すのはほとんどはじめてですね、手紙ありがとうございます、びっくりしたけど嬉しかった、字がきれいで羨ましい…

こんな内容だった気がする。ひとしきり喋ったあとに、私も好きです、とれいは言った。



30: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 12:46:47.99 ID:LeueDuYa
過去編なげえよ



32: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 13:18:17.65 ID:mrX8c1GF
青春の甘酸っぱさが良いぞ。
読んでるから自分のペースで続けてくれ。



34: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 14:51:31.28 ID:QCUtvOzU
ただいま!見てくれてる人ありがとう。

そのあとのことはよく覚えてないけど、れいがアドレスと電話番号を教えてくれて俺たちは事実上付き合うことになった。
あ、れいが早く帰るようになったのは習い事を増やしたからそのためだったみたい。いっしょに帰ってた男はただのクラスメイトだと。

付き合いはじめてからも今まで通り学校ではほとんど話さなかった。
毎日八時頃から10時頃まで、PCでのメールのやり取りすることと、部室のロッカーに手紙を入れておくことが唯一のコミュニケーションだった。
デートも一応したけどなんせ田舎だから遊ぶ場所なんてなくて川沿いを散歩したり公園でぼーっとしたり。

付き合って3ヶ月くらいのときに奥手な俺に業を煮やしたれいから手を繋いでくれたことは今でも覚えてる。



35: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 15:03:58.62 ID:QCUtvOzU
こうやって書くと穏やかな交際期間だったみたいに聞こえるけど実際はそうでもない。

前述したように鬱っぽくなってたかつ思春期の俺はれいに対しての態度に一貫性がとれなかった。
特に理由なく優しくなったり冷たくなったりする俺にれいはよく戸惑ってた。
成績優秀で性格も穏やか、おまけに可愛い、そんな子が自分といっしょにいるのが不安だったんだと思う。別れたいなんてまったく思ってないのに別れようと言ってれいの反応を見たりもした。
俺がどんな態度をとってもれいは俺さんが好きです、いっしょにいたい、を繰り返した。
本当に勝手なのはわかってるけどそんなれいに腹が立ったこともあったよ。
どんな状況でもいつもいい子の枠から逸脱しないれいがムカついた。



36: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 15:13:35.87 ID:QCUtvOzU
俺が高校に入ってからもなんだかんだ交際は続いた。高校はれいが目指してる高校よりひとつ下のランクのとこを選んだ。
れいの性格上志望校のレベルを下げることはないのは分かってたし、れいのいない環境に身を置きたかった。少し離れたられいにもっと優しくできる気がしたから。

高校でも俺の鬱っぽさは消えることはなくて死ねないから生きてるって感じだった。
れいはそんな俺にいつも、れいが俺さんの人生楽しくするから、れいはずっとそばにいるから、そんな感じのことを言ってくれたんだけど正直それも辛かった。
れいの偽善的な感じが鬱陶しいってのもあったし、自分自身の程度の低さを突きつけられる感じがした。れいにはもっといい男と付き合ってほしいと思うようになっていった。
それが本心なのかそれも俺の偽善なのかは今でもわからない。



37: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 15:23:56.14 ID:QCUtvOzU
そしてれいが高校に入学して状況は変わった。
れいは新しい部活に入り塾にも通い始めて本当に忙しそうだった。なんとなく関係が終わりそうな気配は感じてた。

れいが高校一年の夏頃、遂に言われた。
他に好きな人が出来たから別れてほしいって。
この頃には毎日のメールのやり取りもほとんどなくなってた。
いつかこうなるのは分かってたからショックはなかった。わかった、今までありがとうとだけ返信したような気がする。
不思議と悲しくもなかったけど、ふられてから3ヶ月くらいはれいのことばかり考えてた。
急に思い立って神社に行って、れいの幸せを願ったりした。



38: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 15:39:41.42 ID:QCUtvOzU
その後は恋人もできないままぼーっとしていたら俺の高校生活は終わってて、東京に出ることを決めた。れいの住む町から離れたかった。それくらいにはまだ引きずってたんだと思う。

過去の話はこれで終わりかな。本当はれいとの思い出たくさんあるから、書きたくなったらまた書きます。


れいのことは3、4年は引きずった。でもさすがに別れて10年近く経った今は違う。会ってないから昔のれいにとらわれてただけで、会ってしまえばなんてことないものだ、これで本当にれいとはさよならできる、れいと会う約束を取り付けた時はそう思ってた。

俺は昼間東京での用事があったからそれを済ませてから会う予定で、6時頃に待合せをしたんだけど思ったより先の用事が長引いてしまってれいを待たせる形になった。
ごめん、遅くなる、何時になるかはわからない、帰ってもいいよ。そんな感じの連絡をしたんだけどれいの返信は、分かりました。適当に時間潰してるから大丈夫です、気にしないで!だった。
正直直前になってれいに会うのが怖くなって、帰ってくれないかとも思ったんだけど甘かった。

結局約束の時間の二時間後くらいに待ち合わせ場所のカフェに行った。



39: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 15:42:11.82 ID:mrX8c1GF
ドキドキ支援


41: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 16:00:59.96 ID:QCUtvOzU
店内を見渡してもれいらしき人物は見当たらなくて、帰ったかなと思ったんだけど喫煙席で煙草を燻らす綺麗な女性に目が行った。れいだった。

ちょっと遠目に見てたら目があってれいはにこっと笑ってくれた。部室で目が合ったときの笑顔だった。
なんとなく動けなかった俺にれいは手招きしてくれて10年越しに俺たちは再会した。

俺の姿を近くで見るなり変わらなさすぎー笑、と笑い始めた。
俺は緊張でなにも言えなかったけどれいが笑ってくれるだけで少し嬉しかった。

れいから見た俺は変わってないらしいが俺から見たれいも変わってなかった。
確かにぐんと大人っぽくなってきれいになってたし、煙草を吸う姿は以前の優等生のれいらしくはなかったけど。それでもれいはれいのままだった。
元気だった?今なにしてるの?仕事は順調?そんな再会らしい会話を一通りはした。
れいは今都内の学校で教師をしているらしい。



42: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 16:18:52.74 ID:QCUtvOzU
ひとしきり喋って、というかれいが喋るのを聞いてたんだけどれいが唐突に私ビール飲みたい!行こう!って言い出した。
俺は普段酒はほとんど飲まないんだけど昔は俺に遠慮してばっかだったれいが自分から何かしたい!って言ってくれたのが嬉しかったから賛同した。

そっから居酒屋に場所を移してまた色々話した。れいの大学時代のこと、最近の仕事のこと、地元の友達の話、やっぱり俺は聞いてばっかだったけど楽しかった。れいには申し訳ないけど、俺は話の内容より目の前でしゃべってるれいに意識が集中してた。

酔いが回るにつれてれいは饒舌になって、俺さんいい加減いい人できたでしょ~?と聞いてきた。
いい人も何も俺はれいと別れてから彼女なんていない。でもそんなことを言ったられいに申し訳なさを感じさせてしまいそうで口ごもった。とりあえず今は彼女はいないとだけ伝えた。



43: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 16:27:30.57 ID:1YdsKpb4
見てるよー


44: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 16:29:39.54 ID:QCUtvOzU
それを受けてれいは、お互い上手く行かないね~と笑った。
お互い、ということはれいも今恋人がいない?いや、いて上手くいっていない?そのひとことだけで悶々と考えた。

れいに会うまでは会ってさっぱりしたい、あわよくば友達になりたい、そう思ってたはずだった。でもいざあってみたらそんな虫のいい話はないのだと知ったよ。やっぱり俺はれいがどうしようもなく好きだった。
会うまでは過去のれいにとらわれてたけど会ってまた好きになったというのが正しいのかな。思い出補正とは別の好意を感じた。
いっそ久々の連絡が結婚報告であったらよかったのになあ。今はこうしていっしょに笑ってても明日には俺は地元へ帰る。次にれいに会えるのはいつかわからない。また十年後だろうか、もう次はないのだろうか、ほろ酔いの意識でそんなことを考えてた。



45: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 16:38:51.95 ID:QCUtvOzU
時計を見ると時刻は確か10時を回ったくらいだった。
俺さん、今日はホテルだよね?そろそろ行こうか、送ってく。そんな感じのことをれいに言われて財布を出したんだけど、会計はれいが済ませてあった。
出すって言ったんだけど時間作ってくれたお礼、こう見えて稼いでるから笑、の一点張り。
昔から俺はいつもれいには敵わない、改めてそう思った。

ホテルに向かう途中は居酒屋でのれいとはうってかわって静かだった。
眠いのかと思って無理して送ってくれなくていいから帰りなとも言ったんだけどにこにこして大丈夫と言うだけだった。
まだ寒い時期で、れいは手袋をしてたんだけどその道すがらは外してたのが気がかりだった。
手を握ってもいいのか、逡巡したけど結局ヘタレな俺は握れないままホテルについた。



46: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 16:39:27.38 ID:BCSI9Kj+
~ここまで読んだ


47: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 16:49:15.23 ID:QCUtvOzU
名残惜しいね~と言いながら笑うれいは可愛かった。言いたいこととか聞きたいことがたくさんあったはずなのになにひとつ聞けてなかった。
もう少しれいと居たかった。れいの本心はわからないけど、どうしてももう少しだけと思った俺はれいを駅まで送ると言った。
れいは驚いた顔してたよ、当たり前だ。駅からホテルまで送ってもらったのに駅まで送るっていってんだから。バカだろ。
れいも最初は驚いてたけどすぐまたいつもの笑顔になって二人で駅まで歩いた。

また東京くる?
うん、いつになるかは分かんないけどたまに来てるよ。
来るとき連絡してね。
着信拒否した人間がそれ言うか?笑
…あの時はごめんね。
いいよもう気にしてない。
また仲良くできるかな。
れい次第なんじゃないの?
じゃあ頑張る。
何をだよ~

こんな感じの会話だったかな。はっきりは覚えてないけど。
そしてれいが見えなくなるまで見送った。



48: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 17:03:14.59 ID:ewSbP22r
続きあるのか? ドキドキしながらよんでる


49: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 17:08:23.24 ID:QCUtvOzU
れいとの再会の話はこれでおしまい。

と言いたいんだけどまだ続く。ホテルに帰るとれいからLINEが来てた。

今日はありがとう、楽しかった、俺さん変わってなくて嬉しかった
最初はそんな当たり障りの無い内容。驚いたのは次のメッセージだった。

来月地元に行く用事があるんだけど実家が居心地悪いから泊まりたくない。もし良ければ宿代出すから泊めてほしい。

確かに俺は地元の繁華街の近くで一人暮らしをしている話はした。でも再会したばかりの元恋人の家の方がよほど実家より気まずくないか?
れいが何を考えているのかわからなかった。
そもそも俺はれいに恋人がいるのかすらちゃんと聞いていない。軽くパニックだった。



50: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 17:17:06.66 ID:QCUtvOzU
恋人がいるのかの確認もかねて、そんなことしたら彼氏に怒られるからやめときなって送った。
れいからの返信はいつも早い。彼氏がいたらそもそも俺さんに会ってないでしょ笑
れいがそういう子なのは分かってたからなんとなく居ない気はしてたけどやっぱりれいの口から聞けたのは嬉しかった。

男の一人暮らしだから汚いし、二部屋あるっていっても狭いけどそれでもいいなら
全然いいです!ありがとう!
来る時間分かったら近くまで車で迎え行くよ
お手数おかけします、お土産買っていくね

こうしてれいが家に泊まりにくる急展開が決まった。



51: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 17:18:02.63 ID:bs813A+O
パソコンのメールから、LINEにかわってってのが、時代を感じさせて、小説ならよいかんじだがな。

小説と違って、キチンとした結末もなく相談とか安価行動になるんだろうなぁ。



52: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 17:18:37.66 ID:QCUtvOzU
ちょっと離脱します~、また夜には続き書きます


58: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 18:42:20.01 ID:mrX8c1GF
>>52
楽しみに待ってるよ~



59: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 18:51:02.86 ID:QCUtvOzU
読んでくれてるみなさんありがとう。まだ結構続く。

東京から地元へ帰る新幹線のなかで俺は久しぶりに泣いた。
悲しかったわけでも嬉しかったわけでもない。あえて言うなら怖かったんだと思う。

れいと別れてから俺は人と向き合うことを避けてきた。れいとも向き合えてたのかはわからないけど。
前述した通り気になる女はできたし付き合う流れになったこともあったけど、結局はだめだった。
そんな俺が運良くれいと再会して、また関係を築けるなんて話虫が良すぎる。からかわれてるだけかもしれない。
れいは昔から周りと調和を保つためなら平気で嘘をつける子だったから、恋人がいないというのも嘘かもしれない。
色んなことがぐるぐる回っていっぱいいっぱいだった。

何を思ったのか俺はれいにそのことをそのままLINEで伝えた。

からかってるつもりならやめてほしい、人と深く関わるのが怖い、一体どういうつもりなのか俺には理解できない、
そんな感じの内容だったと思う。



60: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 18:58:05.03 ID:QCUtvOzU
れいからの返信はとてもシンプルだった。

俺さんは昔からそうだよね。傷付くのが怖い気持ちは分かるけど自分を守ることで無意識に相手を傷付けてしまうこともあるんだよ。それは分かってて。

多分ほとんどれいから来たまんま。これだけはよく覚えてる。

なんて返すのが正解なのか、謝るべきなのか、考えても分からなかった。
頭が真っ白だから時間をおいて連絡します、ごめん。とだけ返信した。



61: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 19:14:46.69 ID:QCUtvOzU
そしてちゃんと連絡ができないまま、れいが地元にくる日が来てしまった。
今日の夕方6時頃に~駅まで迎えに来てもらえますか
それだけメッセージが来ていたので了解ですとだけ返信した。

正直十年ぶりに会ったときより会うのが怖かった。れいは怒っているかもしれない、どんな顔して会えばいいんだ…
自分でも書いててムカつくくらいうじうじと悩んでばかりだった。

俺は多分れいを傷つけた、そのせめてものお詫びとしてれいが吸ってた煙草を買って待ち合わせの駅に向かった。

れいは早めについて待っててくれたみたいで俺の姿を見つけるとまたいつもみたいに笑ってくれた。すっごいほっとしたのを覚えてる。



62: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 19:17:51.28 ID:1YdsKpb4
いいぞ


63: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 19:35:11.32 ID:QCUtvOzU
煙草を渡したられいは大袈裟なくらい喜んでくれて俺も嬉しかった。

れいがラーメン食べたい!って言うから二人でラーメン食べて俺の家に向かった。
実際れいと二人で食事するのは前回会ったときが初めてでこれが二度目でまだ照れ臭かった。昔はデートっていっても学校帰りばっかだったからね。

女の子を家に入れること自体初めてで物凄く緊張したけど、初めてがれいでよかったと思った。
こっちの部屋使っていいよ~と案内したられいは私の家より綺麗なんだけど~笑、って笑ってた。

れいが荷物をほどいてるあいだも俺は全然落ち着かなくて自分ちなのにずっと立ち尽くしてた。
そしたられいがひょっこり顔を出してお酒買ってきたからいっしょに飲もう~そっちいっていい?
って言ってきたもんだからもうね、童●にはきつい。



64: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 19:58:01.36 ID:bs813A+O
映画化かもな。


66: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 20:21:21.26 ID:ZUeIj6Ml
>>65
いーなー
俺も初恋の人に会いたーい



67: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 20:36:36.34 ID:QCUtvOzU
一通りれいは話終えたのか、俺さんは?と聞いてきた。

嘘をついても仕方ないし、ついたところでれいにはバレる気がしたから正直にれいと別れてから誰とも付き合っていないことを話した。
それはれいのせいというわけではなくただ付き合おうと思う人がいなかったから、人と関わるのが疲れるから、そういう理由であることも。
本当はれいにとらわれていたのもあるけど、言えなかった。

れいはずっと俺の方を見て黙って話を聞いてくれてたんだけど、急に遮るようにごめんね、と一言だけ言った。



68: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 21:00:36.12 ID:QCUtvOzU
れいは自分でも何にたいして謝ってるのかはよくわかってなさそうだった。ただ俺が寂しそうに話すから咄嗟に謝っただけかもしれない。

そこからはまたれいが話し始めた。
昔の話だ。俺のどんなとこが好きだったか、あのときのデート覚えてる?、そんな話から始まってなんで俺と別れたかを話し始めた。

俺たちは性格が真逆といってもいい。れいは人が好きで、周りと和を保つことが第一。お人好しで自分より他人を優先するタイプ。
対して俺は人嫌いでなるべく人とは関わりたくない。自分の感覚が最優先。
俺はれいが羨ましかったけどれいも同じだったみたいで。お互いにコンプレックスを刺激する存在だったんだと思う。
俺さんといるとはっきりしない自分が嫌になったし、私といて自分に自信を持たなくなる俺さんを見てるのも嫌だった、れいはそう言った。



71: 名も無き被検体774号+@ 2017/05/08(月) 23:10:26.94 ID:k9j5DHMt
続きが凄く気になります!



ワイ「初恋の子の名前ぐぐったろw」

幼馴染♀(27)「へーまだ独身なんだぁw 奇遇だね! 私も私もっ!」

どうしようも無いクズだった俺を今の嫁が変えてくれた

【一生に一度のプロポーズ】え?婚約指輪?!前代未聞の斬新すぎるプロポーズにネット民「ロマンチックが止まらない♡」(※動画あり)

【唖然】私達夫婦と「同じ式場・同じ衣装・同じコンセプト」で弟夫婦が挙式。親戚「同じようだけど前と違って雰囲気が良い」全員憎い

【面白ワンコ】色々な物に怖がる臆病な犬の画像15枚!

【閲覧注意】車を窃盗しようとした少年→その車のドアで指を挟まれるという復讐を受ける(※動画あり)

初めて街コンに行ったけど、他人の拒絶されるのって辛いな

いじめの事を考えると学校は社交性や協調性や社会の理不尽さを教える所だよな

【悲報】堀江貴文さん、うっかりソースコード丸パクリでHPを作ってしまう(※画像あり)

娘の名前案が「蓮華、きよら、摩耶」です。お釈迦様の誕生日に娘が産まれ寺家の夫達が大フィーバー「仏教関連の名前にしたい」

【斬新なセンス】サマーカットを施した愛猫の姿は猫だけど猫じゃなったwww(※画像あり)


引用元: 初恋の女と再会した ©2ch.sc


オススメサイトの更新情報

ひじきそくほうのその他の記事

ひじきそくほうに関連するツイート


コメントとツイートが多い記事