管理人オススメ

ハプバーでやらかして、木馬に乗せられたいつも強気な妻

0


私は今年で40歳になる普通の会社員で、妻は今年で42歳になる共働きでOLをしている兼業主婦です。子供は今年から小5になる長女と、1年になる次女が居ます。

妻は勤めに出ているせいか年の割には若く見えますし、元々は小柄で華奢な体型ではありましたが次女を出産した後くらいからヒップや太ももを中心にお肉が付いてきて、上半身は昔のまま細身ですが下半身はそれなりにムチムチ感が出てきてきました。

私は良いと思っていますが妻はかなり気にしていて、仕事に着て行っているスーツなども膝上のものが多く

「次にスーツ作る時は丈長くしよ」

とか独り言を言っていますが私は内心

「同僚の人はその長さで喜んでるよ」

口に出したら怖いので心の中で呟いておりました。



と言うのも、ウチの妻は気が強く、はっきり物を言うタイプなので私や長女まで最近ではその気の強い毒舌の餌食になり家庭内では完全に女王です。

昔からそんな性格なので私も独身時代から、妻の機嫌の取り方が身に付き、妻の好きなスイーツを週に2度ほど買って帰ったり、

妻が会社の飲み会がある時は時間を気にせず楽しめるように

娘達を連れ私の実家に行き、祖母に夕飯を食べさせてもらい元々寝取られ願望があり妻には怖くて打ち明けてはいませんが冗談で

「朝まで楽しんできても大丈夫だから」

と言ったりしておりました。

すると妻も機嫌の良い時などは

「ありがとう」

と素直に喜んでいましたが、私の言った本当の意味は全く理解していないようでした。

そんな中夫婦仲も結婚12年目にはなりますが良好で、夫婦生活も家では無いですが月に1度か二か月に1度くらいの割合で機嫌の良い時に

ホテルに誘い少ないですが無くなったわけではなかったのです。

私は、結婚当初から実は寝取られ者のAVや皆様の体験談、寝取られ小説を見るのが好きで最初はそれを見て興奮しているだけでしたが、

ここ数年あの気の強く芯のしっかりした、

外では理路整然としている妻が、凄いテクニックの持ち主や凄い巨根の男性にやられたらどうなってしまうのかとそればかり考える日々が増えて来ていました。

しかし、現実問題そんな事がかなうはずもないと思い諦めていました。

それでも妄想は膨らむばかり、何とかならないものかと考えホテルに行った時などにそれとなく、言ってみましたが話にもならず、機嫌を損ねるだけでした。

妻は男性経験もそれなりにあり、SEXでは逝った事もあると言っていますが、私とした時もした後に私が

「逝った?」

と聞いても

「逝ったよ」

と応えますが殆ど声も出さないのでいつ逝ったかもわからないし気持ち良いのかもわからない感じで、こんな妻でも大声であえぐことがあるのかと日々妄想は膨らみます。

しかしながら浮気した事ある?とか過去の男性経験の詳しい人数や過去のSEXで1番良かった時はどんな感じだった・・・などの知りたい質問はいつもかなりドキドキしながら

思い切ってホテルに行った時などは聞いてみることもあるのですが、ほぼ相手にされずに上手くかわされます。

そんな中1度だけ妻が次女を出産するまで勤務していた会社の花見の後の飲み会が居酒屋でありその時に会社の常務の息子さん(社員でいる)に冗談で

「松本さん(妻)ホテル行こうか?」

って誘われたから

「ゲートタワーの最上階でしたら良いですよ」

て応えておいた。

って話を聞けたときは本当に興奮してしまいその日は2回SEXしてしまいました。

前置きが長くなりすみません。こんな日々寝取られ願望だけが勝手に膨張して行く中、真面目で堅い妻がそれに応じる事も無くそんな願望を伝えれない日々が続いていました。

そして私は、ハプニングバーと言う所がある事を4年程前に知り、どうにかして妻を連れて行きたいと思い

まずは単独で何度か行きそこのお店のマスターやオーナーとも面識ができ、常連さんたちとも仲良くなり私の悩みを相談しました。




妻が息子の学費のために働きに言っているかと思いきや、元ヤクザに寝取られていたwww

0


完全なヤクザとは言い難いんだが、妻が一年近く前から同じ町の飲食店のオヤジにヤリまくられている。妻は37歳でオヤジは55くらいかな。

どうも元関係者のようだ。

間違いの始まりは妻が宙学生の息子の学費稼ぎにその飲食店にパートに行きはじめたことからだった。

私と妻は結婚して15年。

一人息子も一昨年の春宙学生になり、塾の費用やら何やらで家計も大変なので妻がパートに行き始めました。

妻は私と同じ年齢で当時37歳、身長160センチ、B88W63H86となかなかのグラマーで、

ルックスも目鼻立ちがはっきりしてチョット東南アジア系が入ったような、まあ近所でも美人で評判の私の自慢の女房でした。

妻のパート先は私の家から3キロほど離れた繁華街の外れにある、昼間は定食を出し、夕刻からは一杯飲み屋という飲食店でした。

年の頃50近い店主と少し年上の奥さんの二人でやっている店で、妻は最初は昼どきの繁忙時の店員として働き、洗い物をして帰るという勤務でした。

妻が働き始めて二カ月ほど経った一昨年の6月、店主の奥さんが病気で入院になり、奥さんの頼みもあって、妻が前日の洗い物をしに朝の間も店に行くようになりました。

妻は殆ど毎日、自転車に乗って朝から店に行き、午後4時頃買い物をして帰宅するという生活でした。

ところが直ぐに奥さんが亡くなり、店は暫く休みになりました。

妻も別の働き口を探そうとしていたんですが、店主から店を手伝ってほしいと連絡があり、一昨年の盆あけからまた店に行き始めました。

夜は別の若い子を雇っていたようで、妻は以前のとおり朝と昼の仕事に行っていました。

ところが一昨年の10月頃から、夜の方も店を手伝い始めました。

息子の高校進学費用も貯めておかなければいけないことを理由に、夕方は一旦帰ってきて食事の支度をするというので私も了承しました。

私は妻が身体を壊さないようにと心配していたんですが、どうもそのときにはもっと大変な問題が起こっていたようです。

その頃から、私とのセックスを妻が求めなくなりました。

まあ朝から夜遅くまで働いて・・妻は最初10時頃には帰ってきてましたが、だんだん帰りが遅くなり、いつの間にか零時過ぎが普通になっていました・・・

妻も疲れているのだろうと私は妻を気遣い遠慮して何ヶ月も疎遠になってしまいました。

昨年の6月のある日曜日。その日も妻は朝から店に出掛けました。

夕刻には食事の支度をしに戻る筈でした。

その日は朝の間は晴れていた天気も予報が外れ、午後からは雷混じりの激しい雨になりました。

私は傘を持たずいつものように自転車で出掛けた妻の身を案じ、車で迎えに行くことにしました。

妻が勤めている店は町の反対側になりますが、車だと10分程度で着いてしまう距離です。

自転車は置いてくればいいからと軽い気持ちで出掛けました。



店の場所は大体聞いて知っていましたので、ちょっと離れたところにある無料駐車場に車を止め、

傘を差し、激しい雨の中を妻の傘を持って店まで歩きました。

5分ちょっと歩いて店の前に着きました。向かって左側の店の軒下に、妻の自転車が停めてありました。

まだ居たんだと思い、迎えに来て良かったとホッとしました。

ところが店の前には「本日休業」の札が。

店に入ろうとしても鍵が掛かって入れません。

私は訝しく思いながら、傘を差して店の右側に行きました。

こちらは隣家との間が車が通れるほどの通路になっています。

私は奥に進みました。

店の裏手は空き地で、車が2台ほど停められるようになっていました。



死んだ親友の代わりに兄を演じると決めた男の末路

0

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:43:31.67 ID:xt8eLDEu0
男「ええと……」

男性「こんなことになって、君には申し訳ないと思っている」

男「ちょっと待ってください。そ、それじゃ……」

男性「…………」

男「あいつがいなくなって、あの子は……」

男性「他に頼める人間がいないんだ、君以外には」

男「…………」

男性「やってくれるか?」

男「……分かりました」

男「僕が、彼女の兄になります」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:48:21.95 ID:xt8eLDEu0
──自宅

男「……もしもし、母さん?」

男「うん、うん」

男「そうなんだ。仕事がやっと決まった」

男「はは、やっぱり、母さんの言った通りだったね」

男「うん……あ、でも、それは……」

男「ごめんね、こっちが落ち着くまでは戻れそうもないんだ……」

男「……うん」

男「分かったよ、頑張る」

男「母さんも元気でね? また時間できたら、すぐに向かうから」

男「うん、じゃあ、バイバイ」

男「…………」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:51:41.55 ID:xt8eLDEu0
コンコン。

男「失礼しまーす」

ガラガラガラ……。

妹「……え?」

男「よっ! どう、元気にしてたか?」

妹「……す、すみません……ええと」

男「ん? どうかしたか?」

妹「その……わたし」

男「?」

妹「…………」

男「もしかして、俺のこと、覚えてない?」

妹「……すみません」




妹と一線を超えた結果、とんでもない痴女になってしまったwww

0


現在,妹と同棲しています。

 自分が高校二年,妹が高校一年の時のことです。ちなみに妹とは同じ高校です。

 妹がある日突然相談があると自分の部屋に来たのです。どうやら,妹は告白されたらしく,自分に相談に来たらしいのです。ちなみにそのとき,妹に対しては妹としてしか見ていませんでした。だから自分としては「別にその人が好きじゃないなら断れば良いんじゃないか?」としか言えませんでした。

そのとき妹は,

『うんそうだよね……。』

 と言ったきりでした。

 その後妹は断ったらしく,その話は終わったと思っていたのですが再び妹が相談に来ました。

『断ったんだけどしつこいの。どうすれば良いんだろう?』

「断ったのにか……,まいったなそりゃ。」

 と自分にしてもとても気になりました。

「そいつに会わせてくれ。俺が何とかしよう。」

『……どうするの?』

「話をつけてやるよ。」

『だめだって,また喧嘩になるじゃない。』

 以前喧嘩で大変なことになったので妹も止めてきました。

 確かに自分としてもそういう経験があるのでそれはやめることにしました。その後,相手は諦めたらしく妹も相談には来なくなりました。

 自分もほっとしていたのですが,なんだかもやもやしたものが自分の中にあるような気がしていました。

 それが何なのかその時はわからなかったのですが,何日か後に嫉妬だとわかりました。それと同時に戦慄しました。

(え?つまりどういう事?)

(妹のことが好きだって事?)

(そんなバカな……)

 と必死に自分を落ち着かせていたのですが,その後妹のことを変に意識するようになりました。



 その後再び,妹が相談に来ました。

『……またあの人なの……』

 と聞いて,ぷつんときました。

「……わかった。そいつ,明日の放課後屋上に呼び出しな。」

『……どうするの?』

「きっちり話をつけるから。」

『け,喧嘩はダメだよ!』

「それはそいつの態度次第。人様の妹にしつこく言い寄るのがどういうことか,教えてやるだけだ。」

 と言うと妹は黙ってしまいました。

 次の日の放課後,屋上にいました。どうやって,相手を納得させるか,じゃなければぼこぼこかと考えていると妹が来ました。

「相手は?」

『……来ないよ。』

「は?どうして?逃げたのか?」

 と聞くと妹は黙ってしまいました。

 ここまで来てなんだかおかしいと感じました。何がおかしいのかはわかりませんでしたが,漠然としないものを感じていました。

『……嘘なの。』

「……え?」

『だから,告白されたって言うのは嘘なの!』

「ど,どういうことだよ,それって?嘘っていったい?」

『兄さんを試していたの。こういう相談をすればどうするのかと思って。』

「な……」

 びっくりしました。なぜそんなことをしたのか。

「何でそんなことを?俺は本気で心配したんだぞ?」

『・・・・・・・・・・・・』

 妹は黙っていましたが,ゆっくり言いました。

『……兄さんのことが好きだから……。』

「え?い,今なんて?」

『だから兄さんのことが好きなの!』

 と言うが早いか,妹は校舎のほうに逃げていきました。

 かくいう自分はさっきの『だから兄さんのことが好きなの。』と言う言葉が頭に響いた状態でしばらくボ〜としてました。




高校で知り合って仲良くなった親友がレズだったと発覚した

0


私は真衣と言います。現在は大学3年生です。

私には高校で知り合った由美という友達がいました。

知り合った頃から意気投合して友達になり、毎日のように一緒に遊んだり、勉強したりする仲になりました。お互い対等の立場で言いたい事が何でも言える仲になり、彼氏についての相談や性の悩みまで何でも話せる唯一の友達でした。

長期に渡ってこのような関係を維持できたのは対等であるということが大きな要因だと

思います。

由美とは大学は別になりましたが、週末になると毎週のように一緒に遊んだり、

飲みに行ったりしていました。

大学生になってから由美は一人暮らしをするようになったので、由美の家に泊まりに

行く事もしばしばありました。




美少年が選んだ童貞卒業の相手、37歳人妻wwww

0


ホテルに連れ込んだ少年の姿を里子は見つめていた。

(可愛いわね…) 華奢な体つき、細い手足、そして一見少女と見まごうほどの中性的な顔立ちと白く若い肌。いますぐ抱きしめてしまいたくなるほどだ。里子はうっとりとした表情で少年を凝視していた。少年のほうは前屈みのままうつ向き、顔を真っ赤にして固まったままだ。前屈みといういう事は早くも勃起しているということなのだろう。

(こんなおばさんの体でも、こ、興奮しちゃうの?)

里子は戸惑いと恥じらい、そしてほんのわずかだが女としての悦びを感じていた。初々しい少年が37才の人妻の自分に欲情しているのを感じると、女としてのプライドを充分刺激された。

里子にとって目の前の少年が性的なものにいかにも不慣れな立ち振舞いは充分に微笑ましく、里子が笑みを浮かべさせるに充分であった。

少年はいまだに固まったままうつむいている。今は少年を落ち着かせ、そしてコミュニケーションをとることが先決であった。里子は少し考え、話し始めた。




同窓会で元カノと再会した結果W不倫になったwww

0


同窓会開催の案内が届き懐かしい顔ぶれに会って来た。

元カノの充子を見つけ「元気?」と声をかけた。アルコ-ルも入り口も軽くなった充子が一度旦那の子を堕胎し腐れ縁で結婚したと少々不満気味な様子であった。

連絡先を交換し、再会を約して会場を後にしたが、1ヶ月ほどして携帯に無言電話が掛かってきた。

出張中だったので無言電話に向かって勝手に話し切った後、充子に電話した。

ビンゴであった。

「ちょっとイヤなことがあり、声を聞きたかったの」と言うので週末に食事の約束をした。

旦那に上手にウソをついて出てきた充子との同窓会以来の逢瀬であった。



嫁が不倫してるのを知ってしまったんだが…しかも高校の同級生との会話で

0
1 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:31:07 ID:A01RzOvB3

どうしよう……

嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだがwwwww


2 :名無しさん:2014/04/02(水)06:31:42 ID:G4NjlUsxD

よっしゃホモスレやんけ



4 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:32:10 ID:s1PUz20Zj

どうしようと言われても…

5 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:34:32 ID:iqVuxOdn6

どうせこっちが偽装家庭でしたくらいだろ

6 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:34:38 ID:A01RzOvB3

昨日の夜にカミングアウトされて、今ネカフェにいる

嫁から鬼コール来てるし、ラインはずっとピコンピコン鳴ってる

でも帰るのが辛い……(´;ω;`)


9 :ぺぷ氏◆.EZKtIGDiQ : 2014/04/02(水)06:35:28 ID:kdQMIOHrX

実は性転換した元男とか

10 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:35:33 ID:AyVOtTZpV

いいからはよ

11 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:35:37 ID:IJemYiclP

イライラするから早く内容書けよ

12 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:40:38 ID:A01RzOvB3

うん、ちょっと書いてみる

スマホからだからちょっとおそい
嫁とは高校の時からの付き合いで、卒業後就職して、23で結婚したんだ

幸せだったよ

嫁さんは色々尽くしてくれたし、俺も嫁さんのために仕事頑張って、二人で旅行もよく行ったよ


13 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:41:16 ID:ZS12avD5c

自分語りキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!



俺を童貞だとバカにする妹に、なんとかして童貞じゃないことを証明したくてつい妹の挑発に乗ってしまい・・・

0

母「今日から夏休みの間アメリカの女の子が来るんだけど」

男「ふーん」

母「あんた遊び相手になってあげてよ」

男「はぁ?俺英語無理パス」

母「大丈夫よ、日本語上手だから」

男「上手いって言っても「コンニチハ」みたいなカタコトだろ?」

母「いやいや、本当に日本人かと思うよ」

男「皆そう言うんだよ」

母「いや、ほら、ウェ○ツとか」

男「逆に英語喋れないじゃん」

母「はぁ、男の癖にゴチャゴチャうるさいわねぇ、晩飯ぬき朝飯もぬきずっと抜き」

男「」

母「それでも良いの?」

男「いや駄目っしょ」

母「じゃあ頼んだ」

男「なんで引き受けたんだよ」

母「アメリカの友達の子だからよ、その友達は仕事で忙しいから来れないんだって」

男「そうかよ、飯抜きにされても困るから引き受けるよ」

母「じゃあ母さん出掛けるね」

男「はいよ」

男「ったくダリーなー…… そういや、いつ来るんだ?」

男「いや昼間から来るわけ無いよな、来るなら夜だろ根拠はないけど、うん、ゲームやろ」

ピンポーン

男「!!!」ビクッ

男「おいおいおい、何だよ宅配便か?宅配便だなキットそうだ、そうに決まってる」

男「は、ハーイ」ガチャ

米女「どうも、暫くの間お世話になるメアリーです。」

男(終わったあああああああああ!!!何だよ美少女じゃねーか、こんなんと一緒にいたら固まっちまう)色々と

メアリー「あのー、私の事聞いてませんかで」

男「き、聞いてるよ、耳にタコが出来るほどに」

メアリー「耳にタコ?なんですか?」

男「なんでもない、取り合えず上がって下さい」

メアリー「お邪魔します、日本は靴を脱ぐんですよね?勉強してきました」

男(イカンな、普通に接しないと、俺も相手も同じ人間だ)

男「日本は初めて?」

メアリー「はい」

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:37:28.89 ID:3kSfYnwG0

男「日本語上手だね」

メアリー「そうですか?ありがとうございます」

男「取り合えずそこ座ってて、お茶淹れるから」

メアリー「日本のお茶ですか?緑色ですか?」

男「あー、紅茶の方が良い?」

メアリー「いえ、日本のお茶を飲んでみたいです」

男「そう、緑茶だけどちょっと苦いよ?」

メアリー「大丈夫です」

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/27(土) 00:49:37.17 ID:3kSfYnwG0

太朗「太朗 竹永、たろうで良いよ」

メアリー「太朗、日本人て感じがしますね」

太朗「そう? はいお茶」

メアリー「おー緑色のお茶、いただきます」ズー

メアリー「苦いっ、すごい苦いビックリ」

太朗「だから言ったのに、紅茶にする?」

メアリー「いえ、これが良いですクセになる苦味ハマりました」


次のページで↓↓


「幼馴染とはずっと一緒だよ!」という軽い気持ちで小さい時にした約束、地獄への切符になってしまう

0
jk92_udekumu20150208091355_tp_v
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:05:45.78 ID:B4SpZfY/0
~~~~~~~~~~~~~~
幼馴染「男!朝だよ!起きて!」

幼馴染「男!学校いこ!」

幼馴染「男!はいお弁当!」

幼馴染「男!一緒にご飯食べよ!」

幼馴染「男!かえろ!」

幼馴染「男!買い物付き合って!」

幼馴染「男!」

幼馴染「男!男!男ぉ~」
~~~~~~~~~~~~~~

男「……いい加減お前も俺離れしろよ」

幼馴染「…………ぇ」ジワッ

男「あっ!嘘!うそうそ!嘘だからな!」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:18:12.77 ID:B4SpZfY/0
幼馴染「男!一緒にお風呂入ろ!」ガラッ

男「わっ!ば、ばか!前くらい隠せよ!」

幼馴染「え?なんで?」タユンタユン

男「わわわわわわかるだろ!お互いもういい歳なんだから少しくらい弁えろよ!」

幼馴染「はぁぁ?何を今更ぁ」プルプル

男「あばばばばばば」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/19(月) 22:25:57.92 ID:66XlqpNU0
幼馴染「というわけで詰めろ!」

男「湯船に入ってこようとすんな!」

幼馴染「冷たいなー昔は一緒に入った仲じゃん」

男「あの頃は出るところも出てなかったから!」

幼馴染「あぁ…確かに今は随分…」

男「背は伸びなかったくせに!」

幼馴染「な、なにおう!」




いくら妹でもクリスマスにデートすればそらこうなるわな・・・

0
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:36:21.23 ID:t20QoTCH0

妹「もしもし」

兄「おう」

妹「おれおれ。おれだよ妹だよ」

兄「わかった。今すぐ振り込むから待ってろ。で?」

妹「ねえお兄ちゃん、今いいかな?」

兄「いいよ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:37:29.44 ID:t20QoTCH0

妹「年末年始はこっち帰ってくるんでしょ?」

兄「うん。正月だからな」

妹「クリスマスは?」

兄「クリスマス? なにそれ?」

妹「え、相変わらず研究室が忙しいの?」

兄「まあな。教授の奴隷みたいなもんだよ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/18(金) 22:39:57.58 ID:t20QoTCH0

妹「年内はいつまで?」

兄「あー。まだ決まってないけど、ギリギリまでかな」

妹「それじゃ休んでるヒマないじゃない」

兄「休みの日は休んでるよ」

妹「休みっていつ?」

兄「日曜とかかな」




事故で妻を失った男は「パパ大好き」という幼い娘と・・・

0

わたしの生きる道

Side-A

つまが死んだ

交通事故だった

保育園に娘を迎えに行った先での出来事

その日、雨だった

その日、妻は少し迎えが遅くなっていた

その日、娘はまちわびて門の前にいた

その日、路面は滑りやすかった

電話を受けてからの記憶はほとんどない

ただ、断片的な事だけ

布が被せられた妻、妻の前で動かない娘、

泣きながら謝る男…

ほかに医師やら警察やらがいたような気もするが

どう応対していたのかわからない

雨音だけが耳に残っていた



続きは次のページで→


家にくる女営業がどんなサービスでもすると言うので・・・

0


女「お願いします!」

男「新聞ですか…」

女「読んでいれば共通の話題がたくさん増えますし」

女「自分の関心がいろんな方向に広げられます!」

男「なるほど…」

女「今なら一ヵ月1000円です!」

男「……それは安いですね」

女「そう思いますよね!」

女「月1000円なのは三ヵ月限定なんです。それからは定価の販売になります!」

男「(1000円なら安いような…)」

男「(でもネットで見て済むような内容だろうし…)」

男「すみません。今回は遠慮しておきます」

女「……」

女「そ、そうですか…」グスッ

   男「すみません」

女「いえいえ。お忙しい中ありがとうございました」ペコ

バタン

男「(泣いてたな……)」

男「…………」

翌日

ピンポーン

女「すいませーん」

男「!」

女「すいませーん」

男「(……もしかして昨日の人?)」

女「すいませーん!」

男「(断った翌日に来るのかよ…)」

   ガチャ

女「こんにちは。新聞一ヵ月の間でもどうですか?サービスしますよ!」

男「……」

男「昨日断りましたよね?」

女「今回は遠慮すると言われましたので!」

男「何を言ってるんですか」

女「そろそろ気持ちが変わったんじゃないかと思いまして」

男「……変わりませんよ」

女「そうとは限りません!」

女「是非この新聞の良さを分かっていただきたいんです!」

男「…………」

男「だから結構です」

バタン

女「……」

翌日

ピンポーン

女「すいませーん!!」

男「……」

男「いやいや…」

男「迷惑すぎるだろ……」

ガチャ

女「おはようございます!」

男「……もう3日連続じゃないですか。いい加減にしてください」

女「新聞取りませんか?他にはない情報がたくさん掲載されていますよ」

男「(通じてないのか……)」

女「一ヵ月でもいいんです!」

男「だから大丈夫です」

バタン

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 13:13:49.12 ID:VpMxzJl/0

   翌日

ピンポーン

女「すいませーん」

女「すいませーん」

女「……?」

女「うーん」

女「留守なのかな」

女「すいませーん」

スタスタ

男「……」

女「!」

女「お出かけだったんですね!」

男「…………まぁそうですけど」

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 13:16:59.53 ID:VpMxzJl/0

   女「どこに行ってたんですか?」

男「……古書店です」

男「というかあなたに関係ないですよね」

ガチャ

女「私も中に入っていいんですかね?」

男「何言ってるんですか。取る気ないんで他の人のところ行ってください」

女「まぁまぁそう言わずに」

男「犯罪です」

バタン

男「いつまで来るつもりなんだ」

男「……もうネタにできるくらいだな」


次のページで↓↓


俺の上で腰を振る妹「どう?きもちいい?こうかな?」 誰の命令でこんなことを・・・?

0
32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/18(金) 22:19:28.19 ID:QoWpxA4j0
妹「んー、こうでいいのかな」 ギシッギシッ

兄「……何やってんだ?」

妹「お兄ちゃんにまたがって腰を振ってるの」 ギシッギシッ

兄「……ベッドが変な音立ててるからやめろ」

妹「えー、やだー」 ギシッギシッ

兄「っていうか、前後に腰を振ることに何の意味があるんだ?」

妹「んー?知らなーい」 ギシッギシッ

兄「……(擦れる……)」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/18(金) 22:24:59.00 ID:QoWpxA4j0
兄「なんでこんなことするんだ?」

妹「ヒミツー」 ギシッギシッ

兄「……せめてもうちょっと腰を浮かしてくれないか?」

妹「だめー、ちゃんと腰をお兄ちゃんにくっつけなきゃ駄目って言われてるもん」

兄「……誰に言われたんだ?」

妹「ヒミツー」

兄「何だってんだ……」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/18(金) 22:32:12.34 ID:QoWpxA4j0
妹「ふぅ、ふぅ……意外と疲れるなぁ……」 ギシッギシッ

兄「んくっ……」

妹「んー?お兄ちゃんどうしたの?そんな辛そうな声出して」

兄「……ヒミツ」

妹「えー?」

兄(擦れてるんだよ……!)

妹「んしょ……ふぅ……あっ、もう12時だ!」 ガバッ

兄「んっ?」

妹「お仕事終わりー!お兄ちゃんおやすみー!つっかれたー」 ダッ

兄「あっ?あ、ああ、おやすみ……何だったんだ?お仕事?」




彼女の淫乱っぷりに大興奮www淫語いいながらア●ル舐めてくれるんだけどwww

0
私は30代の既婚のサラリーマンで、春樹という者です。

今までの会社生活では苦も楽もありましたが、概ね順調です。

自分で言うのも何ですが、結構人当たりが良い方だと思います。

見た目は十人並み(男にもこの表現使うのでしょうか?)で、人畜無害な印象を与えるようです。会社の上司やおばさんの受けもよく、同僚は私のことをいわゆる「いい人」と見ていると自分では思っています。



妻も同様で、私のことを優しくて誠実な夫だと信用してくれています。

そんな私ですが、変わった性癖を持っています。淫語プレイとアナル舐めが大好きなのです。

淫語プレイでは、特に女の子が"チ〇ポ"と口に出して言うことに非常に興奮してしまいます。

やはり恥ずかしいと思う女性が大半のようでなかなか言ってくれませんが、言わせるまでの過程も楽しいものです。



また数年前にネットで"Ass Eater"という、女優が男優の肛門をひたすら舐めまくるというアメリカポルノを偶然見つけました。

しかし当時の彼女にお願いしたところ、「馬鹿じゃないの?!」と軽く一蹴されてしまいました…



今でも忘れられず、そのプレイが私の願望として心の奥にずっとあります。

妻にはどうしても頼むことが出来ず、そういう衝動に駆られた時はもっぱら池袋の某風俗にお世話になっています。



前置きが長くなりましたが、こういう具合に私の心の奥にはセ〇クスに対する物凄くドロドロとした願望があります。

何故でしょう。もしかしたら少しSなのかもしれません。SMには全く興味ありませんが。

妻には申し訳無いのですが、性欲を解消してくれる理想のSFが現れないかとずっと妄想していました。



ある時大学のサークルの後輩の3年生一同からOB訪問の申し込みを受けました。

OB会の幹事とかもやったことありましたので、学生からも顔を覚えられていたようです。

全員で10人くらいいましたが、私も全員のことを知っていました。

酒を飲みながらざっくばらんに話した方が私も気が楽ですし、彼らも私の本音を聞きたかったそうなので、居酒屋で全員まとめて話をすることにしました。



乾杯の途端に早速「給料はいくらだ」とか、「残業はどれくらいか」「酒の付き合いは多いのか」とかいう質問が始まりました。

もともと話好きでしたので、面白おかしく話をしていると、そのうちに学生も酔いが回ってきて調子に乗り出し、

「可愛い女の子は多いか」とか、「社内の不倫は多いのか」とかソッチ系の話に話が逸れて行きました。

こういう話も大好きなのでちょっと話に乗りかかると、テーブルの隅の方で、学生の1人の仁美がつまらなさそうな顔をしています。



年に2度のOB会でしか顔を会わせない学生たちでしたが、中でも仁美は私の好みのタイプでしたので、良く覚えていました。

少しぽっちゃりしていますが気になるほどでもなく、やせている子が好みの私でも食指が動く感じのスタイルです。



Eカップくらいはありそうな大きい胸が印象的で、顔と胸を合わせて、芸能人で言えばMEGUMIみたいな感じでしょうか。

滅茶苦茶可愛いというわけでは無いのでサークル内でもそんなに人気のある子では無かったようですが、私の好きなタイプだったので良く記憶に残っていました。



そういえば下ネタとか駄目な子だったっけなあ…と思いつつ、その学生との話を打ち切り、さりげなく仁美の横に移りました。

「よっ、仁美ちゃん。久しぶりだね~今年は会うの2回目かな」とフォローのための当たり障りの無い話を始めました。

すると、

「はあ、そうですね~」

と素っ気ない返事。

やっぱり下ネタ(というほどでもなかったのですが)で気を害したのかなあと思い、更にフォローを続けました。

妻が浮気していたら、罰として、目の前で友達とやってもらうことにしたwww

0
私は42歳、妻は41歳です。

まさか・・・私のその気持ちは1本の友人の電話からでした。

1ヶ月ほど前でした。私は会社でお昼の休憩を終えようとしていた時でした。

その時、携帯に友人からの着信がありました。

「俺だよ! どこで打ってるの? 駐車場だけどお前の車の横が空いてたからさ!」

私は友人の言ってる意味がよく理解できないまま

「お前こそなんか間違ってね??」と言い返しました。



その状況はこうでした。

友人は空調関係の仕事をしてますが、お昼から仕事が入っておらず、パチンコに行こうと思い立体駐車場に入り空きスペースに停めたら偶然我が家の所有の車の横だったらしく、友人はてっきり私がパチンコをしてると思い、電話してきたのです。



最初は友人の勘違いかと思い、ナンバーを言わせると、間違いなく我が家の車・・・

私意外に運転するのは妻しかおらず、妻が通勤に使ってます。私は電車通勤・・・

妻がパチンコ?タバコの煙が大嫌いで家でも私は吸えない状況なのにあんな煙だらけのパチンコ店に妻が?それに今日も仕事なはず・・・



私は頭の中が少しパニックになりかけてましたが、とにかく友人にパチンコ店を聞き、そして店内に妻が居るかどうか探して欲しい事をお願いしました。

私は、外回りに出かけると言って、会社を出て、すぐにそのパチンコ店に向かいました。



到着して、立体駐車場を回ると、確かに我が家の車が間違いなく停まっており、横には友人の業務用のワゴン車が停まっていました。



その場から友人に連絡をすると、店内には妻らしき女性は居ないとの返事・・・

私はすぐに店内に入り、隅から隅まで探しましたが妻の姿はありませんでした。



どうなってるのか?どういう事なのか?私は益々頭の中がわからなくなってしまいました。

ようやく友人と会え、私は状況を話しました。

友人から

「まさかと思うけど・・・沙織ちゃん(妻の名前)・・・」

友人は言いにくそうに言いましたが、友人が言いたい事は私にはわかりました。

「どうする?」

友人から聞かれましたが私はすぐに何をすればいいのかわからず、とりあえず駐車場に戻る事にしました。



駐車場に戻り、とにかく、店内に居ないのであれば、必ず妻は戻ってくる・・・

私は友人と共に友人の車を我が家の車の横から移動させ、少し離れた場所に停めなおしました。



店内に居たのに探しきれなかったのだろうか?・・・

丁度、トイレにでも行ってて探せなかっただけかも・・・



私はそんな思いを頭に浮かべながら、ひたすら妻が車に戻るのを友人の車の中で待ちました。

友人も私に気を使ってくれたのか、黙って私と一緒に待ってくれました。



私は友人の車の後部座席に座って、友人は運転席に座ってました。



それから1時間程経った時でした。



それまで私達の車の前を何台も行き来する車はありましたが、1台の車が私達の前を通ると、その先でUターンし、妻の車の前で停まりました。



その車からは紛れもなく妻が降りました。運転席には間違いなく男性が運転してました。車を降りた妻はいつも仕事に出かける時の服装で、降りると、中の男性に軽く手を振りました。



なんで・・・誰なんだ・・・



私は目の前の光景がこれまでの妻との生活から想像できない状況にただその姿を見つめる事しかできませんでした。



すると友人は急にエンジンをかけ、車を動かし始めました。



えっ??と思った瞬間、車は妻の車の前を通り過ぎました。窓から見た妻は車に乗り込もうとしてるところでした。



「どうした?」

ようやく私は友人に声をかけました。

「見た通りだろ?とにかく相手の奴が誰なのかをわかるのが先だろ!」



友人は妻が降りた車を追い出し始めました。



それはライトバンでやはり何か会社の営業車のような感じでした。



それからひたすらその車の後ろに付け、ひたすら後を追いました。



ようやくある会社の駐車場に車は入りました。

私自身は全く縁も何もない会社でした。



車を降りた男性は年齢的には明らかに私達より若く見え、私自身、会った事もない男性でした。



「知ってる奴か?」

友人に聞かれ私は知らないと答えました。

JKにいじめられていた俺が童貞を捨てることになったwww

0
3: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:41:03.793 ID:+mjYUeAu0

あれは高校一年生の頃の話。
俺は勉強が嫌いだったため、行った高校は正直頭のいい方ではなかった。

その高校は元は女子高だったんだが数年前から共学に変わってたため、俺の代でも男女比率が女7:男3くらいで圧倒的に女の方が多かった。

女が多いと女の奥ゆかしさってものが無くなるようで一部の男(イケメンやら不良やら)以外の軟弱な男達は今でいうカーストの下の方に位置されてた。

俺はというと勿論カースト下位層だ。チビガリで運動できないゲーム漫画好きという下位層にぴったり野朗だった。


5: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:41:58.536 ID:+mjYUeAu0

一応それでも小中学生の頃は友達はけっこうというか多い方だったし、普通に女子とも喋りもした。

だけどその友達と高校が別ということで離れ離れになってしまって唯一の強みの友達が多いというアイデンティティを失った俺は脆かった。

頭悪めの高校ということもあってただでさえ少ない男も不良っぽいのが多くて仲良くなれず、女子ともほとんど喋ることもなく、唯一出来た友達は俺と同じくヲタでカースト下位層だった。

でもカースト下位だからといって別にイジメられてたとかそういうのはなかった。
たまにやや悪意のあるいじり方されて愛想笑いで返すみたいなことはあったけど。

と言いつつもある時期からパシリをやらされるようになった。


7: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:43:37.410 ID:+mjYUeAu0

俺にパシリをやらせるやつはどんなやつかというと情けないことに女だ。

女の名前は相川梨奈(仮名)。
・真偽は定かではないけどヤクザ的なのと交友がある3年の先輩と付き合ってる(今思えばたぶん違うと思うけど)
・悔しいけど可愛い
・カースト最上層

それと取り巻き2人。片方はまあ可愛い。もう片方は顔は可愛いけどややピザ。

でパシリにされるようになったキッカケはというとある昼のことだ。
昼飯は弁当持ってくるか購買で買うかの二択なんだけど俺の家は両親が共働きということもあって購買一択だった。

ある時、毎日のように購買に行く俺を梨奈が呼び止めた。


9: 以下、\(^o^)/からVIPがお送りします 2018/05/26(土) 17:44:37.030 ID:+mjYUeAu0

梨奈「ねぇあんた今から購買行くんでしょ?ついでにパン2つと飲み物買ってきてくんない?」

まさか話しかけられると思ってなかったのでちょいビビる俺。それでもパシリのお願いとはいえ可愛い子に話しかけられたってだけでなんか嬉しかった。ちなみに梨奈と会話するのはこの時が初めて。

俺「え?あ、うん。いいけど…なんのパンがいいとか希望ある?」

梨奈「ん、じゃあオカズ系と甘い系。後グレープジュースお願い」

正直なところ、具体的に商品名で答えてほしかったけどそれ以上追求するとウザがられるかと思ってやめた。

選んだのはホットドッグとクリームパンという当たり障りのないもの。渡す時はめちゃめちゃドキドキしたけど普通にお礼言われてちゃんと金もくれた。




寝取られ願望がある男、自慢の美人奥さんを賭けに出すwww

0
私達は結婚して23年、私51歳、妻は今年47歳になりますがいまはまだ46です。

「妻を他の男性に」の思いは30代後半くらいからありました。

俗に言うマンネリ解消とか刺激が欲しいといった感じでしたが結局実現せず、この年になってしまいました。

同時期くらいに私が女性用下着を着ける事に目覚めてしまい、同姓とも肉体関係を持てる身体になりました。

勿論、妻は知らないと自分では思っていますが、何となく感ずいているような気はします。

私の性癖はさておき、妻の事を書きますね。

知り合ったのは妻が18歳のときです。

今でも一回り若い井川遥さんにとても似ています。

色気と美しさ、魅力的な体型とがほどよく調和しており、これでごく普通の性格ならば、浮気をすごく心配したことでしょう。

若く見え、実年齢を知らない人からは、よく奥さんは若いんでしょう? と言われ、子供が成人していることを言うと、すごく驚かれます。

元CAという噂も男女を問わず、私ども夫婦の友人から立てられますが、後で触れるように、まったくそんなことはありません。

つまるところ、その容姿で仕事をしていく女性ということが十分に可能なくらいの美貌です。これは熟年に足を踏み入れる今になっても衰えていないので、私としてはかなり自慢です。

さて、昔のことですが、実際付き合いだすと、派手な見た目とは異なって真面目で几帳面な女性で、私28歳、妻が24歳で結婚し、子供2人を無事に成人させ現在に至ります。

妻は良妻賢母であり、さらに貞淑でお堅い性格なので、寝取らせるのは無理だろうと思っていました。

しかし「自分もいつかは」との思いで…その中でよくここで目にしたのが、ある日偶然とか、突然に、とかって言うお話が結構多かったなと記憶してます。

私達もまったく予期せぬ事と相手で、妻なんて本当に

「大嫌い」「生理的に受け付けない」って言ってたくらいの男性でした。

それが………ほんとわからないもんですね。もう年も年だし、お堅いしで・・・あきらめてましたからw

結婚前の私は定職が決まらず運送屋でバイトしたり、いろいろな事をしてました。

こんな状態を見兼ねた妻の父が自分の義弟が経営する土木、建築に関わる会社で働いてみないかと持ちかけてきました。

そろそろかなと思いちょっと遠かったですが就職しました。

田舎で社員十人足らずの小さな会社でしたが、仕事内容が自分にピッタリとはまり半年で引越し、一年後に結婚、その一年後第一子、二年後二人目w

その一年後に妻が事務員になりました。

入社後十年は現場に出てみっちりと先輩に鍛えてもらい、その後事務職半分、現場半分にとなっていき、今年度から現場には一切出ないで内をしっかり固めて、向こう十年で「次の世代に渡せるよに」と申し付けが社長よりありましたので、妻と頑張ってた矢先の出来事でした。

相手の男性と初めてお会いしたのは、二十数年前で憶えていません。

と言うのも、彼は某大手事務機器の営業マンで、私達夫婦の勤め先に営業で来ていました。

二年契約のリースでしたので、契約が済んでしまえば営業マンなんてせいぜい一ヶ月に一回顔を出すぐらいでした。

その頃から妻は「あの営業嫌い」とか言って、来てもお茶も出さずに奥に引っ込んじゃってたそうです。

営業マンも辛い仕事で馴れて来た頃転勤、また戻って来てまた転勤てな感じです

「今度の営業は若いわよ」とか「今度の子は可愛いわよ」とか

「またあいつ戻ってきたわよ」とかよく言ってたのを思い出しますw

めぐり巡って今年度四月に若い子を引き連れて彼が会社に来ました。

これからは彼のことを「松田」と本名で書きます。

松田「こんにちは、ご無沙汰しております。」

とニヤニヤしながら入ってきました。

年は五十三歳、いつも床屋に行きたてかという

オールバック、精悍な顔立ちで、営業独特のスキのない着こなし。

イケメンと聞かれれば、悔しいかな、そうだと言わざるをえません。

私自身も嫌いなタイプでしたが、今回ちょっと違う雰囲気で来たんです。

今までは、上目線と言うか人を小馬鹿にしたような態度と話かたで、こんなのがよく営業務まるなと思ってました。

妻も多分そんなとこも嫌だったんだと思います。

あとプレイボーイ風のところとかw

妻「今日はどうしたんですか? 更新は来年じゃ なかった?」

嫌そうにお茶を出しながら言いました。

引越して同じアパートの巨乳人妻と仲良くなり、童貞を捧げることになったwww

0
学校を卒業して、とあるゼネコンに入社した。今から約20年ほど前のことだ。

具体的に言うと、500円硬貨が出回った年だ。

最初本社で3ヶ月の業務研修があり、その後同期入社約80名は全国7ヶ所の各支店に配属となった。俺は大阪支店勤務を仰せつかり、ご他聞にもれず、現場配属となったわけだが、最初の物件は神戸の山奥の町にあった。

その現場は始まったばかりで現場事務所もなく、向かいのアパートの一室を借りて仮事務所としていた。



俺は吹田市にある会社の独身寮に腰を落ち着けて、月曜の朝に現場まで行き、



平日は仮事務所のアパートに泊まり、土曜日の夜に寮に戻るという生活サイクルだった。



そのうちプレハブの現場事務所がアパート隣の空き地に建てられ、



それまで仮事務所としていたアパートは社員用宿泊所兼宴会場となった。



現実には、所長は週に2日ほどしか顔を出さず(泊まるときはみんなで飲みに行く)、



工事主任は神戸近郊に住んでいたので毎朝通勤(たまに泊まる)、



事務主任は週一日の出勤(他にも現場を掛け持ちしていた)であり、実際に住んでいたのは俺だけ。



とはいっても荷物はすべて吹田の寮にあるので、週末は寮に帰っていた。



そのうち工事が忙しくなると週末もアパートに詰めるようになり、



寮にはなかなか帰れない日々が続いた。(片道2時間はかかる)



そこで、それまで雑魚寝状態だったアパートの2階の6畳間を、俺専用にあてがってもらい、



荷物を運び込み、本格的に住む準備を整えた。



ベッド、机、椅子、テレビ、洗濯機、冷蔵庫等備品は会社のものか、会社でレンタル。



光熱水費はすべて会社持ちなので個人の出費は衣食費と遊興費のみ。



新入社員で貧乏な俺は調理器具一式を支店の倉庫から持ってきてもらい自炊していた。



学生時代、寮にいた俺は半分自炊していたようなものだったので、料理はなんとかやれた。



昼は仕出しの弁当なので問題はなく、朝夜と休日の食料を近所のスーパーで仕入れていた。



宿舎となったアパートは、2階建てで4戸入り。



2階建ての一戸建て住宅が4軒繋がっているような形状。



1階に台所と居間、風呂とトイレ。



2階に8畳と6畳の和室が二つ。



一番東の空き室だった4号室を借りて宿舎にしており、残りの3件はごく普通の家族が住んでいた。



うちの隣は3号室。



30代の夫婦、子供2人。



その西側は2号室。



30歳くらいの奥さんで子供なし、旦那の顔は見たことない。



昼は留守がち。



いちばん奥は1号室。



40代の夫婦、子供3人。



近々新居を建てて引っ越す予定だとか。



さて、発端は7月の週末前日、炎天下の中、アパートの物置の片づけを始めたときだ。



中身を全部出して分別し整理していたとき、突然背後から声がかかった。



「こんにちわ、暑いですね。」



振り返るとすぐ後ろに普段あまり見かけない2号室の奥さんが立っていた。



間近で見ると見事にスマート。



髪はショートカットで、白いノースリーブのワンピースを着ている。



歳の割にかわいい感じ。



突き出た胸とくびれた腰が目を引く。



一目見て好感を持った。



こちらも汗をぬぐいながら答える。



「こんにちわ、お出かけですか?」



「いいえ、今帰ってきたんです。夜勤明けで。」



「看護婦さんですか?」



「ええ、駅前の○○病院にいるんですよ。それ大工道具ですかあ?」



俺が並べていた工具類を見て奥さんは尋ねた。



「私が実際に大工仕事する訳ではないんですが、



細かな補修や手直しなんかはどうしてもやらなきゃなんないもんで。」



「実はね、こないだ買った書棚があるんだけど、まだ組み立ててないんだよね。



うちの主人は単身赴任だし、週末に帰ってきても、その手のことがまるっきりだめで。」



旦那が単身赴任で奥さんが看護婦、そりゃあ滅多に出くわさないわけだ。



ここはひとつ近隣サービスに努めなければなるまい。



あえて言うが、このとき下心が全くなかったと言えば嘘になる。



だが、20歳の俺にとって30歳は「おばさん」であった。

気づいたらベッドの上、縛られて、逝かされまくった。犯人はなんと女友達・・・

0
5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 00:53:08.71 ID:b795MGbI0
女「あれ…?ここどこ…?」

女友「あっ気がついた?」

女「というか、何で私ベットの上に寝てるわけ…?」

女友「大丈夫。それ、私のベットだから。」

女「そういう問題じゃなくって…! っ…! なんで私縛られてるの!?」

女友「だってそうしないと女ちゃんを思う存分堪能できないないじゃん♪」

女「えっ…ちょっと?何言って…!?」

女友「大丈夫。女ちゃんの心も体も、全部私の物になっちゃったらちゃんと解放してあげるから、ね?」

女「…!!」

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 01:03:52.94 ID:b795MGbI0
女友「じゃあ、さっそく両手と両足をあお向けに縛られて、抵抗できなくなっちゃってる女ちゃんを堪能しようかな♪」

女「ちょっと…!やめてよ…!」

女友「ふふっ」さわさわ

女「いやっ…ちょっとこれほどいてよ…」

女友「女ちゃんって、とっても柔らかいんだね…///」さわさわさわさわ

女「ちょっと!変な所に手入れないでよ!」

女友「えーっいいじゃん♪」

女「やめて!!」

女友「女ちゃんの手触り凄くいいのに、もったいないよ」

女「いやっ…!」

女友「あっわかった、服の上から触られるのが好きなんだ♪そっちの方が、恥ずかしくないもんね♪」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 01:10:53.74 ID:b795MGbI0
女友「うれしい…女ちゃんが着てる服をこんなに触ったのって初めてかも…///」さわさわ

女「だからやめてって…!!」

女友「ふふっ…女ちゃんが必死にもがいてる…いくらもがいても逃げられるわけないのに…///」さわさわ

女「はなし…てっ…!」

女友「すごい…服の上からでも女ちゃんの手触りとあったかさがすごく伝わってくるよ?」さわさわ

女「いやっ…だれかっっ…!!!」

女友「可愛い声♪」さわさわ

女友「だけどいくら可愛い声出したって、誰も来ないよ?だから安心して、もっと可愛い声聞かせて?」さわさわさわさわ…


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 01:19:02.02 ID:b795MGbI0
女「っ…!」

女友「あれ?今ちょっとだけぴくっってなったでしょ?」

女「なっ何言ってるの…!?」

女友「もうっ素直じゃないんだからぁ♪こんなに可愛いんだから素直になっちゃえばいいのに…♪」

女「…。」

女友「そうすればもっと気持ち良くしてあげるのに…
   あっ、女ちゃんの胸ってすごく柔らかいんだね。」

女「なっ何やってるの…!?」

女友「胸を触ってるの♪ ふふっ…見れば分かるのに…そんなに言ってほしかったの?」

女「そんなわけないでしょ…!」

女友「もうっあんまり抵抗してると、私に抵抗できない体にしちゃうよ?」

女「っ…!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 01:25:19.87 ID:b795MGbI0
女友「私としては、私にあんあん言わされてる女ちゃんが見られればどっちでもいいんだけど…」

女「なっ何言って…!?」

女友「だって、体だけ抵抗できなくなっちゃって、『もういやぁ』って言いながら
   私に無理矢理逝かされまくってる女ちゃんもすごく可愛いし…」

女友「心も体も抵抗できなくなっちゃって、『もっとシてぇ』って言いながら
   私に幸せそうに逝かされまくってる女ちゃんもすごく可愛いと思うから…///」

女友「ねぇ?女ちゃん的にはどっちのシチュがいいの?」

女「どっちも絶対イヤっ!!」

女友「くすっ 女ちゃん、可愛いっ♪」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 01:35:37.50 ID:b795MGbI0
女友「じゃぁ…女ちゃんは必死に抵抗しながら少しずつ堕とされちゃうってシチュが好きみたいだから…
   とりあえずいっぱい触ってあげる♪」

女「なんでそうなるの!?」

女友「だって…今必死に抵抗してるのは、私にすこしづつ、時間をかけて堕としてほしいって事なんだよねっ」

女「意味が分からないんだけど!」

女友「もうっ必死で抵抗しちゃって本当に可愛いんだから…///
   抵抗できなくなっちゃった時が本当に楽しみ…。」

女「…。」

女友「じゃぁまたあちこち触ってあげるね?時間はいくらでもあるんだし…。」

女「!」

女友「だって女ちゃん、私に監禁されちゃってるんだから♪
  私が縄をほどいてあげるまで、ずっとこのままなんだよ?」

女「…。」

女友「ふふっ…女ちゃんが観念しちゃったところで…また体を触りまくってあげたらどうなるのかしら♪」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 01:43:24.71 ID:b795MGbI0
女友「女ちゃんって本当に柔らかい…」さわさわ

女「……。」

女友「あれ?ちょっとおとなしくなっちゃった?」

女「そんな事…!」

女友「もしかして、『あれ…だけどちょっと気持ちがいいかもー』とか考えちゃってるのかな?」さわさわ

女「そんなこと…ないからっ…!!」

女友「声がちょっとだけ震えてる…?必死に抵抗してるんだね♪
   いいよ?もっと頑張って抵抗して?だって、必死に抵抗してる女ちゃん、すごく可愛いんだもん♪」

女友「…女ちゃんの足ってすごくすべすべしてて奇麗だね…」さわさわさわさわ

女「っ…!やめて!!」

女友「あれ?いままでずっと大人しくしてたのに…」

女「…。」

女友「」さわさわさわさわ

女友「…っ!!」

女「あれ?どうしたの?」

女友「…。」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 01:50:23.28 ID:b795MGbI0
女友「…太もも、弱いんだ。」

女「…ちがぅっ!!」

女友「あせってるあせってる♪」

女「…。」

女友「もう…本当に可愛いんだから…///」すりすり

女「…っ!!」

女友「もうっ女ちゃんって本当に可愛い…!
   必死に我慢してるのにたまにぴくってなっちゃうところとか…」

女「……。」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 01:58:28.76 ID:b795MGbI0
女友「じゃあ次は…どこ触ってあげようかなぁ♪」

女「…。」

女友「そうだ、ここにしよっと♪」さわさわ

女「ちょっと…何考えてるの…!?」

女友「何って…?足の間触ってるだけだけど…?」さわさわ

女「やめなさいっ…! っ…!」

女友「ふふっ女ちゃんのここ、あったかいんだね♪ズボンの上からでもあったかさが伝わってくる…。」さわさわ

女「いやっ…やめて…!」

女友「あれ?いまちょっと体が反応しちゃった?」

女「しっしてないよ!!」

女友「そっかぁ残念だなぁ…
   女ちゃんが切ない気分になってるなら、もっと気持ちよくしてあげられたのになぁ」(上目遣い


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 01:59:50.38 ID:b795MGbI0
女「なってないよっ…!」

女友「ほんとにー?」さわさわ

女「ほんと…よ!」

女友「そっかぁ…残念♪」

女「…。」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 02:06:17.74 ID:b795MGbI0
女友「じゃあそろそろ夕ご飯作ってくるね。」

女「…。」

女友「大丈夫。女ちゃんに食べてもらおうと思っていっぱい練習したから♪
   あ、女ちゃんは縛られちゃってて手が使えないから…私が食べさせてあげるね♪」

女友「だけど…本当にそのまえに逝かせてあげなくって大丈夫?体、ちょっと熱くなってきてるよ?」

女「だ、大丈夫よ!」

女友「そっか♪じゃあしょうがないね。
  あ、台所すぐそこだから、トイレとか行きたくなったら呼んでね?連れて行ってあげる。
  もちろん暴れられないようにその前に体に力が入らなくなる薬を飲んでもらうけど。」

女「…。」

女友「もちろん、口移しで飲ませてあげるから期待しててね♪」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 02:08:36.39 ID:b795MGbI0
女友「だけどその前に…」

女友「せっかく女友ちゃんがいい感じになったのに、このまま何もしないのはもったいないわよね…。」

女「なっ何もしなくていいわよ!」

女友「だーめ♪せっかく捕まえたんだから、思う存分女ちゃんを堪能しなきゃ損でしょ?」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 02:13:19.08 ID:b795MGbI0
女友「女ちゃんごめんっ!ちょっとだけ服の中に手、入れさせてね?」

女「…!」

女友「大丈夫。すぐに終わるし絶対に触ったりしないから。だから、ね、いいでしょ?」

女「本当に…!?」

女友「うんっ可愛い女ちゃんを騙したりなんかしない。
   …あっでも…騙されてそのままあんあん言わされちゃう女ちゃんも可愛いか…」

女友「ごめんっ今のなし!!」

女友「だけど今回は本当!ちょっとだけ服に手を入れるだけ!それならいいでしょ?」

女「うっうん…」

女友「ふふっやったぁ!」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 02:18:31.92 ID:b795MGbI0
女友「じゃあ…いくよ?」ずいっ

女「ちょっどこに手入れてるの…!?いやっパンツの中に手、入れないで…!!!」

女友「はいっおしまい♪ね?ちょっとだけだったでしょ?」くすくす

女「ちょっと…これ…まだ何か入って…!?」

女友「じゃっスイッチオンっと…

ブブブブブ……

女「…!!!」

女友「じゃっ美味しい手料理作ってきてあげるから楽しみにしててね?」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 02:22:01.49 ID:b795MGbI0
女(んん…足の間がすごくむずむずする…)

女(だけどここで声を出したら……!!!)

女「…っ!……んっ……」

女(そんなに強く震えてないから逆にすごくもどかしい……!)

女「ああぁ……ん………。」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/12(日) 02:28:09.49 ID:b795MGbI0
女友「あれ?女ちゃん切なそうだけど…どうかしたの?」

女「女友ちゃん…?これ…取ってよ……!!」

女友「あれ?もしかして取ってもらえないと気持ちよくなっちゃって困るの…?」

女「…!」

女「…そんなこと…ないよ…!! ぁぁっ…!!」

女友「そっか♪残念♪」

女「それより……夕ご飯…できたの……?」

女友「ううん、まだ。ちょっと忘れ物しちゃって戻って来たの。」

女「…?」

女友「はいっこれっ。

女(目隠し…!?)

女友「さっきなんとなく思いついたの♪これつけたあげた方が女ちゃん喜んでくれるんじゃないかなって♪」

女「やっやめて…!! ぁぁぁ……。」

女友「いま、付けてあげるね♪」




管理人からのお知らせ

ワードプレスに移行中です。

まとめサイト連合に加入させて頂きました。



SEO対策、デザイン等、収益化のためのツール等が無料で配布されているものになります。



収益、PV両方上がると思いますのでご興味がアレば連絡お待ちしております



hijiki.blog@gmail.com



月別アーカイブ
アクセスランキング
歴代はてブランキング
管理人へメッセージ
Facebook
最新コメント
アクセスランキング
アクセスランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ
記事検索
スポンサードリンク
ゆるりとひじきのQRコード
QRコード
最新記事
スポンサードリンク